« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-04-19 | トップページ | 映画 『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』(☆☆☆) »

「新・中央競馬予想戦記」 2014-04-20

中山08R 袖ヶ浦特別(4上1000万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑩トキノゲンジ
  ○ ③フリーアズバード
  ▲ ①ヒーラ
  △ ④ファントムロード

中山09R 鹿野山特別(4上1000万下 芝中 ①点)
  ◎ ④マイネルシュライ
  ○ ⑧リルバイリル
  ▲ ⑤オメガユニコーン
  △ ⑩ブランクヴァース

中山10R オルフェーヴルC(4上OP D短)
  ◎ ⑪アビリティラヴ 連勝の勢いで
  ○ ⑨シセイオウジ  1つ叩いて
  ▲ ⑤キクノストーム 斤量恵まれた

中山11R 皐月賞(3歳GⅠ 芝中)
  ◎ ②イスラボニータ
  ○ ⑰トゥザワールド
  ▲ ⑪ロサギガンティア
  △ ①ワンアンドオンリー
 各馬一長一短あり、混戦模様の今年の皐月賞
 また、過去の実績から言っても、
 桜花賞と違ってコレというレースが実は無いのもこの皐月賞
 その中で本命は、右回り未経験ながらOP3連勝中の②。
 その3連勝が全て東京芝1800mなのであるが、
 この距離が意外と皐月賞と相性が良いのである。
 確かに、初の右回り、しかも初の芝2000mという点に不安は残るが、
 負けた相手がハープスター1頭のみということを考えれば、
 能力は素直に認めてもいいのでは、とは思うのだが…。
 対抗は、未勝利から重賞まで段階を経て4連勝中の⑰。
 近年、スプリングSの方がトライアルとしては注目されているが、
 なんだかんだ言っても同じ中山芝2000mを勝っているアドヴァンテージは
 無視できない、というのがデータの真実である。
 当然、連勝の勢いも無視できまい。
 3番手には、そのスプリングSを勝った⑪.
 初の芝2000mというのが気になるところではあろうが、
 この馬も連勝中で勢いそのものは上記2頭とそう劣らないものであると見るのだが…。
 あとは、コレも相性の良い阪神芝2000mの重賞を勝っている①を、
 買い目として加えておく。

中山12R 春興S(4上1600万下 芝短 1点)
  ◎ ④ホーカーテンペスト
  ○ ②メイショウスザンナ
  ▲ ①シベリアンスパーブ

阪神09R 千種川特別(4上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ②ワールンガ
  ○ ⑤メロート
  ▲ ⑨ケイアイウィルゴー
  △ ⑯マストバイアイテム

阪神10R 陽春S(4上1600万下 D短 1点)
  ◎ ⑥フルヒロボーイ
  ○ ⑫ドリームコンサート
  ▲ ③レギス
  △ ②メイショウノーベル

阪神11R 難波S(4上1600万下 芝中 1点)
  ◎ ③ローレルブレット
  ○ ⑭ロードロックスター
  ▲ ⑧デウスルウト

福島10R 雪うさぎ賞(3歳500万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑯ツクバジャパン
  ○ ⑮クリノコマチ
  ▲ ⑨ワキノコクリュウ

福島11R 奥の細道特別(4上1000万下 芝長 2点)
  ◎ ⑧トルークマクト
  ○ ①メイショウブシン
  ▲ ④セミニョン

福島12R 浄土平特別(4上500万下 芝中 2点)
  ◎ ①マイネルカーミン
  ○ ⑮マトリックスコード
  ▲ ②スティルレーベン

« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-04-19 | トップページ | 映画 『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』(☆☆☆) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/59498387

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2014-04-20:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-04-19 | トップページ | 映画 『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』(☆☆☆) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ