« 映画 『マンデラ 自由への長い道』(☆☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2014-05-31 »

映画 『キカイダー REBOOT』(☆)

原作の登場から、はや40年。
いかに普遍性のある「善悪」や「ロボットと良心」といった命題も、
さすがに方々で使いつくされた感はある
(近作で言えば、サイボーグではあるが『ロボコップ』とか)。
「REBOOT」とは、その当時新味のあった、
今となっては普遍的となり陳腐化したこの命題に、
新しい息吹を吹き込むということであろう。
そういう意味で、今作はまったくもって失敗してしまっている。
変わったことと言えば、前提となる設定ぐらいなもので、
あとは映画になったからといって良くも悪くもぶれない、
東映の特撮アクション。しかもやや控えめ。
ドラマの方も全体的に淡泊で、
ジロー(=キカイダー、入江甚儀)の70年代推しも、
むしろ痛々しく感じるほど。
しかも、あのエンディング。
それは、あの「ドラえもん 最終話」のアレじゃないですか、あなた。
やはり、日本の映画製作陣には、
原作に対する愛というか、リスペクトというか、
そういうものが感じられないわけであります。
思いつきで作ればいい、というものではないと、ワシは思うのだが…。

« 映画 『マンデラ 自由への長い道』(☆☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2014-05-31 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『キカイダー REBOOT』(☆):

« 映画 『マンデラ 自由への長い道』(☆☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2014-05-31 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ