« 映画 『ゼウスの法廷』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2014-06-07 »

「新・中央競馬予想戦記」2014年第5開催を振り返って

①5/31、6/1の結果
 (1)5/31の結果
  1勝(朱雀S) 6敗
   回収率 8.5%
 (2)6/1の結果
  2勝(東大路S、與杼特別) 6敗
   回収率 17.2%
   年間回収率 71.9%
   通算回収率 74.1%

②今開催を振り返って
 (1)重賞が全体的に良かった
  (全体:15戦103.9% GⅢ:3戦95.7% GⅡ:7戦95.5% GⅠ:5戦121.6%)
 (2)芝戦も、全体としては良かった
  (全体:82戦86.9% 短:34戦98.8% 中:33戦109.8% 長:15戦27.4%)
 (3)500万下ももう少しでプラス水準
  (24戦通算 99.7%)
 (4)ダート戦が全体的に悪かった
  (全体:29戦18.3% 短:17戦17.8% 中長:12戦19.4%)
 (5)オープン戦が相変わらず悪い
  (20戦通算 33.8%)

③今開催の総括
 開催回収率は75.0%と年間水準並み。
 開催中に一度は年間回収率70%を割り込むなど、
 長めの開催だったとはいえ好不調が激しい開催だったと言えるだろう。
 
 重賞の方は、新理論が少しずつ使えるようになり数字が伸び始めてきたが、
 OPの数字はいっこうに伸びず。
 OPに関しては、買い目を絞った方が良いのかもなぁ…。
 1週の2場開催を挟んで、いよいよ函館開催も開始。
 函館開催は、通算の数字自体は悪くないので、
 その辺りを手掛かりに上昇のきっかけを掴みたいところではあるが…。

④6/7、6/8の買い方
 東京:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 阪神:条件戦=単勝 OP以上=枠連

 

« 映画 『ゼウスの法廷』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2014-06-07 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/59761998

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」2014年第5開催を振り返って:

« 映画 『ゼウスの法廷』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2014-06-07 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ