« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-07-20 | トップページ | 映画 『複製された男』(☆☆) »

映画 『肉』(☆)

どんなにおぞましい風習でも、だいたいは意味があるものである。
その意味を納得できるかはともかくとして…。
しかし、今作で行われているそれには、
どちらかというとカルト的で、
家族でタブーを共有化することによって、
家族としての結束を強めようとしているように見えるのだが…。
しかし、作中でそこまで踏み込んだ説明はすることなく、
冒頭突然死んでしまう母親の症状や、
人骨らしき骨が多数川の上流から流れてくるという事実から、
彼女らが人肉食を行っているのでは…、
という疑念を医師が持ってしまうことから、
どうやら今作が人肉食を扱っていることが理解できるのだが、
バックグラウンドがほとんど語られないのでそう解釈するしかなく、
しかも結末が「娘たちが人肉の味を覚えてしまった?」的な感じで、
しかも彼女たちはその場から逃げるところで終了。
ワシなんか、完全に置いてけぼりなわけで…。
まぁ、理解に苦しむ映画である。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-07-20 | トップページ | 映画 『複製された男』(☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『肉』(☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-07-20 | トップページ | 映画 『複製された男』(☆☆) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ