« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-09-28 | トップページ | 映画 『友よ、さらばと言おう』(☆☆☆) »

映画 『記憶探偵と鍵のかかった少女』(☆☆☆)

自分では特殊な能力だと思っていたら、
ちょっと賢い相手にかかると簡単にコピーされ、
最後には逆にその能力で仕掛けられてしまうという、
『シャッター・アイランド』とはまた違った意味で、
痛烈にダマされた感のある作品。
ただ、『シャッター・アイランド』が
「新しいアトラクション」と割り切れる内容であるのに対し、
今作はなんとも後味がよろしくない。
結局、サイコなアナ(タイッサ・ファーミガ)を自由にする手助けをしてしまったわけだし、
そのせいでジョン(マーク・ストロング)はあらぬ疑いをかけられてしまうわけだし…。
多分、怖いのは記憶云々というよりは、
先入観で記憶や情報がねじ曲がってしまうことだと思うんだけど、
今作ではことさら記憶というものをフィーチャーしている。
先入観に限らず、「便利」とはややもすると「手抜き」につながるわけで、
ジョンももっと丁寧に各情報を精査するべきだったってだけだと思うんだけどなぁ…。
そういう意味でジョンは、探偵として失格だと思ったりもするわけだが…。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-09-28 | トップページ | 映画 『友よ、さらばと言おう』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『記憶探偵と鍵のかかった少女』(☆☆☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-09-28 | トップページ | 映画 『友よ、さらばと言おう』(☆☆☆) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ