« 映画 『LUCY/ルーシー』(☆) | トップページ | 映画 『イヴ・サンローラン』(☆☆☆) »

映画 『イン・ザ・ヒーロー』(☆☆☆☆)

突っ込もうと思えばいくらでも突っ込めるんだが、
野暮なんでやめます。基本的に良い映画だし…。
ヒネリなしのど直球ストーリーはともかく、
クライマックスのアクションシーンは、
アクション映画好きなら必見だろう。

しかしワシ的には、東映という日本映画界の一翼を担う存在が、
その日本映画界の暗部をある意味見事なまでに
えぐり出している点にこそ注目したい。
ヒーローアクションがマンネリ化し、
時代劇が苦境に立たされる現在。
殺陣を必要としない日本映画界において、
「アクション俳優目指すヤツらがみんなスーツアクターになっていく」
(作中のセリフ)のはある意味自然な流れと言えるだろう。
しかも、数役の本城(唐沢寿明)にアクションの仕事のオファーを持ちかけるのが、
韓国人というのも情けない。
いや、確かに小栗旬も『ルパン三世』の撮影時に思ったらしいが
(『ルパン三世』のアクション監督は韓国人)、
この国にはアクション映画を真面目に撮ろうと思ってる監督は、
皆無に等しいし、それを支えるべき人材も乏しいのが現状である
(『るろうに剣心』もアクション監督は香港仕込みだし)。
だいたい、今作をもってわりと「本格的な」アクション映画と言わざるを得ない、
この実情が日本の映画界を物語っていると言っていいだろう。

いろんな意味で哀愁を誘う映画である。

« 映画 『LUCY/ルーシー』(☆) | トップページ | 映画 『イヴ・サンローラン』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『イン・ザ・ヒーロー』(☆☆☆☆):

« 映画 『LUCY/ルーシー』(☆) | トップページ | 映画 『イヴ・サンローラン』(☆☆☆) »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ