« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-09-14 | トップページ | 映画 『わたしは生きていける』(☆☆☆) »

映画 『るろうに剣心 伝説の最期編』(☆☆☆)

ようやく「らしくなった」というか、
このぐらいバトルを盛ってようやく普通というところが、
いかにも『週刊少年ジャンプ』といったところか。
というわけで、単体としてもある意味シリーズ中唯一観る価値があり、
いちおう単体として成立している作品。
また、シリーズとして見ても、
今まで「剣心(佐藤健)と他大勢」でぶれずにやってきた成果が、
やっと出たということだろう。
映画という、時間の制約があるコンテンツで、
主人公に一貫して焦点を当て続けるというのは確かに王道なのではあるが、
欧米の「全知視点」映画を観ていると、
日本的な「一人称視点」が内省的に見えてしまうのである。
今作に関しては話自体が長い(映画シリーズ全体で見ても、
まだまだ原作からカットしているエピソードは少なくないが…)ので、
とにかく剣心を掘り下げて行こうという割り切りは、
結果的に評価していいと思う
(ワシは、それを『1』の時に「ファンムービー」と言ってしまったわけだが…)。
ただ、それは原作未見の相手には通じるだろうが、
原作を知っている人間にとってはやや食い足りない印象となることだろう。
つまり、剣心に感情移入できないと、
ただのアクション映画でしかなくなってしまうということである。
マンガ(あるいはアニメ)の実写化としては悪い出来ではないが
(少なくとも「愛」は感じるが)、
物語としては物足りない内容であろう。
ただ、「生きろ」というメッセージは明確である。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-09-14 | トップページ | 映画 『わたしは生きていける』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『るろうに剣心 伝説の最期編』(☆☆☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-09-14 | トップページ | 映画 『わたしは生きていける』(☆☆☆) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ