« 映画 『わたしは生きていける』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2014-09-20 »

映画 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(☆☆☆☆)

前作から10年が経過した世界が舞台。
その間に「猿インフルエンザ」なる病気が世界中に蔓延し、
人類は大半が死滅し、各地で小さなコミュニティを細細と運営していた。
一方、知恵を得た猿たちも、
サンフランシスコ郊外の旧森林公園でコミュニティを作り、
原始的ではあるがそれなりの繁栄を手に入れていた。
サンフランシスコの生き残りたちはエネルギー危機に見舞われており、
森林公園の向こうにある発電用ダムを
なんとか利用しようと目論んでいた。
その途中、人間と猿が再び遭遇してしまった。

この冒頭の流れだけでも、
世界史や神話の中に登場した事件がある。
それは、人間の戦争の起源である「水利権」(意味合いは若干違うが)である。
猿たちにとっても、もちろん水は大切な資源であるが、
それが発電用ダムを伴っているとなればまた話は変わってくる。
日本が満州事変を起こしてでも手に入れたかったのは、
鉄であり石油である。
つまり、エネルギー源である
(結果的に日本は、満州だけでは必要な量の石油を手に入れられなかったわけだが)。
そう考えると、今作の話とも合致するわけで、
人間は今さら猿たちのような原始の生活には立ち戻れないわけである。

また冒頭の後のストーリーとも関係してくるのだが、
そもそもこのシリーズで猿たちに知恵を与えた人間と、
知恵を授けられた猿たちの構図というのは、
神話に語られる神(この場合人間)と人間(この場合猿たち)という構図と重なる。
そして、神の側に堕天使(=悪魔)がいて、
人間の側に神を軽んじる存在がいるという構図も、神話を思わせるものがある。
そうなると、今作に『創世記』とサブタイトルがつくのにも意味が出てくる。
旧約聖書の創世記には、アダムとイヴ(人間が知恵をつけるエピソード)があり、
「猿は猿を殺さない」という誓いを破る「カインとアベル」的な話があり、
「猿の名を天下に知らしめよう」として塔ごと崩された「バベルの塔」的な話ありと、
あたかも聖書の『創世記』(これは前作のサブタイトルではあるが…)を
なぞるがごとしである。

そこまで深く考えなくても、「盧溝橋事件」的な事件が起こるなど、
作中で起こる事件の多くが実に人間的で歴史的であるのだ。
そういう意味では、前作以上に普遍性を帯びた作品に仕上がっており、
そういう知識が無い人にも、ある人にも、
相応に楽しめる作品に仕上がっているように思われる
(もちろん、知ってる人の方が楽しめるのだろうが)。

« 映画 『わたしは生きていける』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2014-09-20 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ユウマさん、おはようございます。
今週の予想です。

11R 第68回 朝日杯セントライト記念(GII)
◎16番トゥザワールド
○5番イスボラニータ
▲13番ワールドインパクト
△6番マイネルフロスト
×14番タガノグランパ
注17番クラリティシチー

本命はトゥザワールドにしました。
トゥザとイスラ、能力差は互角として、
今回は枠順の差でトゥザの方を上に取りました。
ダービーは出遅れて位置取りが後ろすぎました。
疲れも残っていたんだと思います。
弥生賞や皐月賞でダービー馬ワンアンドオンリーを
負かしており、この世代では抜けた存在です。
最後の一冠、菊を取るためにも
ここは好走してほしいなぁと思います。
ワールドインパクトは左回りの方が
利き足で走れるし、平坦コースで能力発揮できそうです。

11R 第32回 関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)
◎14番レッドリヴェール
○6番ヌーヴォレコルト
▲13番ブランネージュ
△11番サングレアル
×5番アドマイヤシーマ

本命はレッドリヴェールにしました。
この世代の牝馬はレベルが高いですが、
あのハープスターを熱戦を繰り返した
レッドリヴェールが上位の存在です。
体も小さいですし、仕上がり早のタイプ
休養明けでも逆に力を出し切れる状態だと思います。
ヌーヴォレコルトは今が旬のハーツ産駒。
春より成長している姿を見せてほしいですね。
この2頭の戦いに、3着にどの馬が来るかでしょう。
休養明けの重賞組を狙うよりは
夏場に使われ上昇して来た馬を狙うべきか迷いますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(☆☆☆☆):

« 映画 『わたしは生きていける』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2014-09-20 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ