« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-10-13 | トップページ | 映画 『NO ノー』(☆☆☆) »

映画 『さまよう刃』(☆☆☆)

基本的に警察寄りの日本版(2009年)と違い、
わりと被害者の父親(チョン・ジェヨン、日本版では寺尾聡)寄りに
描かれている韓国版の今作。
「恨(「ハン」と読む)」の文化と言われる韓国では、
この目線の方がしっくりくるんだろうね。
熱量も、日本版(もっと言えば原作)よりかなり高めだし、
抑揚という意味ではコッチに分があると言えるだろう。
しかし、クライマックス直前でさすがに息切れ。
雪の中のあのシーン、ちょっと長すぎたんじゃないのかなぁ。
あと、若い刑事(ソ・ジェニョン、日本版では竹野内豊)が、
熱量不足の日本版以上に存在が空気。
別にいてもいなくても…みたいな扱いにしてしまってるのも、
正直どうかと思うし…
(その分、ベテラン刑事(イ・ソンミン、日本版では伊東四朗)の熱量が
かなり高めなんだが…)。

とはいえ、韓国でも少年犯罪に関しては深刻な問題を抱えてるようで、
その辺に一石を投じようとしてるのではないかという、
メッセージ性を感じる映画になっている。
少年犯罪に対する更生のあり方や、
報道のあり方、また少年を取り囲む環境そのものを含め、
日本にとっても解決すべき問題に踏み込んでると言う意味でも、
熱量の高さを感じさせるわけである
(東野圭吾氏がそこまで意図していたかどうかは、
原作未見なのでよくわからんが…)。

ただ、こうやってちょいちょい日本の小説を映画化してる韓国の、
出版事情ってどうなってるんだろうかねぇ…。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-10-13 | トップページ | 映画 『NO ノー』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『さまよう刃』(☆☆☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-10-13 | トップページ | 映画 『NO ノー』(☆☆☆) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ