« 映画 『嗤う分身』(☆☆) | トップページ | 映画 『レクイエム 最後の銃弾』(☆☆☆☆) »

映画 『福福荘の福ちゃん』(☆☆☆☆)

正直、イロモンだと思って観に行ったわけですが、
存外切なくて、それでいてほっこりさせてくれる、
昭和の香り漂ういい作品でした。
そして、なんといっても森三中大島の演じる福ちゃんの男ぶりである
(コントじゃ結構見るけどねぇ)。
冒頭からシマッチ(荒川良々)との名コンビぶりを発揮し、
あの女嫌いぶりもとても同性とは思えない名演技である。

そんな福ちゃんを女嫌い(というより女恐怖症)の元凶である千穂(水川あさみ)。
最初は、ほんといやな女なんだが、
福ちゃんと再会してから(なんで住所知ってたんだろうか)、
だんだんと丸くなっていくさまがなかなかに良いわけである。
ただ、カメラをやってる人間から言わせると、
千穂が福ちゃんを遠くから盗撮するあのシーン。
キャノンの白胴レンズ使ってる時点で、
遠くのもの撮ってるのバレバレやで
(まぁ、本筋とあんまり関係ないけど…)。

良い映画なので、みんな毛嫌いしないで観てもらいたいね。

« 映画 『嗤う分身』(☆☆) | トップページ | 映画 『レクイエム 最後の銃弾』(☆☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『福福荘の福ちゃん』(☆☆☆☆):

« 映画 『嗤う分身』(☆☆) | トップページ | 映画 『レクイエム 最後の銃弾』(☆☆☆☆) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ