« 映画 『バンクーバーの朝日』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2014-12-27 »

映画 『天才スピヴェット』(☆☆☆)

アメリカだからこそ成立しうる、
ムチャクチャだけどホッコリする「家族の物語」。
父は、100年遅れのカウボーイ気質。
母親は、偏執的昆虫学者。
姉は、女優に憧れてる。
双子の弟は、父親似のヤンチャなガンマンで、
主人公は母親似の天才気質。
よくも、こんな寄せ集めみたいな家族を作ってみせたわけだが、
それでもちゃんと家族してるところが、実にアメリカ的で、
まただからこそ着地点も見えてしまうわけなんだが…。

それよりも、スミソニアンに行って以降の主人公の扱いが、
どうにも小保方氏を見るようで、
ちょうど朝から(今日は2014年12月26日)その話をしていたこともあり、
周りの大人どものゲスさが笑えないレベルだった。
それに比べると、道中で出会う貨物列車に住んでるおじいさんや、
ハイカーの写真を撮っているトラックの運転手などは、
身なりは少々アレだが実に良い大人たちで、
ワシとしてはその辺の対比の方が興味深かった。

ドタバタ珍道中を通して家族に絆を取り戻す、的な話で、題材は面白いのだが、
特に後半のストーリー展開が雑で、
「感動させたい」臭が少々鼻につく作品ではあった。

« 映画 『バンクーバーの朝日』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2014-12-27 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『天才スピヴェット』(☆☆☆):

« 映画 『バンクーバーの朝日』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2014-12-27 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ