« 映画 『祝宴!シェフ』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『昔々、アナトリアで』(☆☆) »

映画 『フューリー』(☆☆☆☆)

「戦争映画史が塗り替わる」ほどの映画ではないが、
やっぱり洗戦車戦が陸戦の華であることを、
改めて実感させてくれる作品。
ただ、主役はどっちかというと新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)
として観た方がしっくりくるというか、その方が面白い内容に見えた。
シャーマンvsティーガーは、過去のWWⅡモノでも扱っているし、
ぶっちゃけそれ以上でもそれ以下でもないのだが、
戦車部隊と歩兵部隊による混成行軍とか、
占領地でのありがちな風景、そしてそこで起こる悲哀など、
戦争の暗い部分もしっかり描いてはいるのだが、
ノーマンと占領地で出会った女性との顛末は、
『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』のカイ・シデンのエピソードと重なるので、
ちょっと複雑な気持ちになったりもしたんだが…。

全体としては、緊張感のある良い映画なのだが、
むしろ改めていわゆる『ファーストガンダム』の価値を再認識した、そんな映画。

« 映画 『祝宴!シェフ』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『昔々、アナトリアで』(☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『フューリー』(☆☆☆☆):

« 映画 『祝宴!シェフ』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『昔々、アナトリアで』(☆☆) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ