« 映画 『フューリー』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2014年第11開催を振り返って »

映画 『昔々、アナトリアで』(☆☆)

12月30日で閉館する札幌蠍座で観ました。
残りのラインナップから見ても、今作が最後になりますが、
正直ワシには合わないタイプの映画と言うか、
またしてもカンヌにダマされた、という印象が残った映画。
これを上映しなかった多くの映画館の見識は、ある意味正しい。

何が合わないって、ワシにとっては「無駄」としか思えないカットが多すぎること。
そして、それに対して上映時間が長い、ということ。
何より、ラストまで大多数の部分が不可解すぎて、
ワシの中では何一つ解決しないまま、いきなりのスタッフロール。
こういう時、だいたいワシは自分の無理解のせいってことにして、
☆1つだけはつけないようにしているが、
『ツリー・オブ・ライフ』(今作と同じ年のパルムドール作品)と同じく、
結果的にほとんど理解不能。
『ツリー・オブ・ライフ』はブラッド・ピット主演作だからかろうじて上映されたのでは、
と勘ぐってしまいたくなるほど、
正直同じ匂いしかしない作品でした。

こういう形で蠍座と別れなければならないのは、
ワシとしてはとても辛いわけであるが、まぁ仕方ないね。

« 映画 『フューリー』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2014年第11開催を振り返って »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『昔々、アナトリアで』(☆☆):

« 映画 『フューリー』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2014年第11開催を振り返って »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ