« 「新・中央競馬予想戦記」 2015-02-15 | トップページ | 映画 『フォックスキャッチャー』(☆☆☆☆) »

映画 『滝を見にいく』(☆☆☆)

『南極料理人』の監督さんの作品だし、
オーディションでシロートさん集めて作ったという経緯から考えても、
ゆるい映画なんだろうな、とは思ってましたが、
まぁ想像通りのゆるさ。
しかし、まぁそこが味であり、ヘンに味付けしてない、
天然のゆるさが今作の良さではあるよね。

しかし、ワシはこういう団体旅行はキライだし、
実際ああいうオバちゃんだらけ(ウチのオカンが時々行ってることから見ても)
のところに入っていく度胸もないわけなので、
基本気ままに一人旅なわけですが…。
あと、最近のツアコンはあてにならない、という話も、
テレビで予習済みなので、
今作に出てくるツアコンのザンネンぶりもそう驚かなかったです。
それに、こういうザンネンな存在無しには、
映画はある意味成り立たないですからねぇ。
そのハプニングに拍車をかけるのが、女性の女性らしさなわけです。
空間認知能力が低い(あの地図じゃあ確かに頼りにならないが)がために、
森の奥深くに立ち入ってわけわかんなくなる。
ストレスも溜まってきて、ヒステリックになるから、仲違いも起こす。
でも、やっぱり女性は強いわけです。
いい意味で危機感が無いし、
なんといっても「じゅんじゅん」がたくましいというかワイルド。
「じゅんじゅん」なら、山の中でひとりぼっちになっても、
何とかやっていけそうだし、
それでいてガキ大将的というかいたずらっ子。
共感しちゃうわ、ワシ。

中途半端にカネかけて原作をこねくり回してる邦画なんかより、
素材の良さが生きていて、しかも楽しめる。
いろんな意味で「これでいいのだ」な作品である。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2015-02-15 | トップページ | 映画 『フォックスキャッチャー』(☆☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/61150095

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『滝を見にいく』(☆☆☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」 2015-02-15 | トップページ | 映画 『フォックスキャッチャー』(☆☆☆☆) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ