« 映画 『エクソダス:神と王』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『ドラフト・デイ』(☆☆☆☆) »

映画 『ミルカ』(☆☆☆)

『エクソダス』の回でも書いたが、
それこそガンジーなどは、インドとパキスタンの分離独立など、
望んではいなかったわけである。
そのいさかいのために、ミルカ・シンのような
不幸な子供が生まれてしまったわけだから。
ミルカ・シンは、戦後インドを象徴するような人物で、
陸上400mで世界記録保持者にもなったことのある、
日本で言えば古橋広之進(この人は水泳だが)のような人物である。
ところが彼は、ローマオリンピックの陸上400m決勝で、
あろうことかゴール前で振り返ってしまうという失態を演じて、
メダルを撮り損なってしまう。
その上に、インド・パキスタン親善陸上大会に
代表選手として参加してもらいたいと、大統領直々にオファーをもらっていた。
パキスタンに良い思い出のないミルカは、
それを固辞し、片田舎に引きこもってしまう。
インド陸上界としては、大統領からの願いということもあり、
なんとか彼に出馬願おうとその片田舎に向かうのだが、
その道中で彼の半生を振り返り、暗澹たる思いに落ちていくのである。

と、ざっくりあらすじを書いてみたわけだが、
正直インド映画じゃなかったら「長いし無駄が多い」で済ますレベルの作品。
2時間半超え(おそらく本国ではダンスシーン込みで3時間を優に超えてくるだろう)の
作品で、ずいぶんな寄り道をしてるし
(ぶっちゃけ初恋の話とかほとんどいらないし)、
かと思えば肝心のミルカのトラウマの部分はわりとあっさりと、
ペース配分なんか間違ってない?
伝記的映画なのでエンタメテイストも普段より抑えめだし
(まぁ、それ自体は悪いことではないのだが)、
でもそのわりにはやっぱり長いんだよね。

いつものインド映画と思って観に行くと、
期待を裏切られることになるが、
国民的英雄をあまり茶化すわけにもいかないので、
その辺のさじ加減については
インド映画界も少しは考えたほうがいいのではないだろうか。

« 映画 『エクソダス:神と王』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『ドラフト・デイ』(☆☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/61086643

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『ミルカ』(☆☆☆):

« 映画 『エクソダス:神と王』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『ドラフト・デイ』(☆☆☆☆) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ