« 映画 『激戦 ハート・オブ・ファイト』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2015-03-15 »

「新・中央競馬予想戦記」 2015-03-14

3/7の結果
 1勝(黄梅賞) 5敗
  回収率 40.9%

3/8の結果
 2勝(潮来特別、上総S) 4敗
  回収率 21.4%
  年間回収率 71.0%
  通算回収率 72.4%

土曜のチューリップ賞も(額面的にはたいしたことないけど)、
日曜のポラリスSも(コッチは11800円ぐらい回収できた)も、
ワイドにしていれば余裕でプラス収支で回れたものを…。
相も変わらぬ馬券下手が止まりません。
これから、また3場開催に戻るので、どっかでなんとかしたいわけではありますが…。
3/14、3/15の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 阪神:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 中京:条件戦=複勝 OP以上=枠連

中山09R 館山特別(4上1000万下 芝中 ①点)
  ◎ ②ルミナスウォリアー
  ○ ④ネオリアリズム
  ▲ ⑥タブレットピーシー

中山10R サンシャインS(4上1600万下 芝長 1点)
  ◎ ⑦ヤマニンボワラクテ
  ○ ⑫レイズアスピリット
  ▲ ⑧シャドウダンサー

中山11R アネモネS(3歳OP 芝短)
  ◎ ⑭テンダリーヴォイス
  ○ ⑯ゴールドシャンティ
  ▲ ②メイショウメイゲツ

阪神08R 阪神スプリングジャンプ(4上JGⅡ 障害)
  ◎ ⑨ダノンゴールド
  ○ ④マサライト
  ▲ ⑪アップトゥデイト
  △ ③サンライズロイヤル
 本命は、近走内容充実の⑨。
 地脚もあるので、中山グランドジャンプに向けて
 さらに実績を積み上げるチャンスだろう。
 対抗には、乗り替わりと休み明けが気になるが、
 阪神障害戦でも実績のある④。
 状態万全なら逆転も充分と見るが、年齢も気になるので、本命にはしにくい。
 3番手、4番手には、ジャンプセンスを感じさせる馬をチョイス。
 障害戦は4戦して完全連対中の⑪を3番手、
 ここ5戦で(1-2-2-0)と馬券に絡み続けている③を4番手とする。

阪神09R ゆきやなぎ賞(3歳500万下 芝長 2点)
  ◎ ⑥サトノラーゼン
  ○ ⑦ブロウユアマインド
  ▲ ④アルバートドック

阪神10R うずしおS(4上1600万下 芝短 1点)
  ◎ ⑥トーセンソレイユ
  ○ ⑧コナブリュワーズ
  ▲ ⑨モズハツコイ

阪神11R 仁川S(4上OP D中)
  ◎ ②マルカプレジオ 持ち時計優秀
  ○ ⑨ドコフクカゼ   状態一変期待
  ▲ ④マイネルバイカ OP実績買って

中京09R フローラルウォーク賞(3歳500万下 芝短 2点)
  ◎ ③マテンロウハピネス
  ○ ④ダッシングブレイズ
  ▲ ⑦ヴェルステルキング
  △ ①ブラックムーン

中京11R 中京新聞杯(4上GⅢ 芝中)
  ◎ ⑤ダノンジェラート
  ○ ⑭ミトラ
  ▲ ①ディサイファ
 本命は、昇級戦ながら芝2000mで(4-1-0-0)と相性が良い⑤。
 左回りも(3-3-1-0)と相性が良く、安定感もあるので、
 いきなりの重賞制覇も充分と見る。
 対抗には、重賞2戦連続連対(1勝2着1回)と充実期に入った⑭。
 斤量はその分見込まれているが、
 それだけ力がついていることをココで証明してもらいたい。
 3番手には、一線級相手ならともかく、このメンバーなら勝ち負けの①。
 鞍上との相性も良く、左回りも問題ない馬なので、
 再び一線級との戦いを志向する上ではココで勝ち負けしておきたいところだろう。

中京12R 恵那特別(4上1000万下 D短 ①点)
  ◎ ⑧ヴィクタシア
  ○ ①シベリアンスオード
  ▲ ⑪ローレルベローチェ
  △ ⑭ケッキセヨ

« 映画 『激戦 ハート・オブ・ファイト』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2015-03-15 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

ユウマさん、おはようございます。
最近は絶不調でチッとも当りません^^。

11R 第33回 ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)
◎3番バウンスシャッセ
○4番マイネグレヴィル
▲9番ブランネージュ
△8番アイスフォーリス
×13番シャトーブランシュ

11R 第49回 報知杯フィリーズレビュー(GII)
◎2番ラッフォルツァート
○15番ダノングラシアス
▲3番コートシャルマン
△17番クイーンズリング
×10番ムーンエクスプレス
注16番エフェクト

本命はラッフォルツァート。
1400m戦ばかりを使われながら
持ちタイムを縮めてきており、
前走500万下とはいえ1頭だけ違う脚色でした。
前々走の紅梅Sは素質馬のコンテッサと互角の戦いを
していることから、ここでも通用すると思います。
あとは1400m戦の成績を重視したのと
阪神JF組の上位陣に印を打ちました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/61277975

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2015-03-14:

« 映画 『激戦 ハート・オブ・ファイト』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2015-03-15 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ