« 「新・中央競馬予想戦記」 2015-05-30 | トップページ | 映画 『ザ・トライブ』(☆☆☆) »

「新・中央競馬予想戦記」 2015-05-31

東京08R 青嵐賞(4上1000万下 芝長 2点)
  ◎ ④レオニーズ
  ○ ⑤シュンドルボン
  ▲ ⑬ルミナスウォリアー

東京09R むらさき賞(4上1600万下 芝中 1点)
  ◎ ⑤ピオネロ
  ○ ③マイネオーラム
  ▲ ④カナロア

東京10R 東京優駿(日本ダービー)(3歳GⅠ 芝長)
  ◎ ⑭デュラメンテ
  ○ ⑦レーヴミストラル
  ▲ ⑬リアルスティール
  △ ⑰キタサンブラック
 基本的には皐月賞組優位なのが例年の傾向。
 対抗以外は、皐月賞の順位通りとわかりやすい予想。
 ただし、印を打った辺りまでは逆転可といった意味合いでもある。
 とはいえ、⑭は鞍上が前回やらかしてること、
 ⑬はやや勝負弱さが垣間見えること、⑰は血統的に距離不安があることと、
 それぞれ一長一短あることも忘れてはならないだろう。
 割って入る候補としては、芝2400m2勝の⑦であるが、
 地の利がある半面、青葉賞勝ち馬は後の名馬シンボリクリスエスでも2着止まりと、
 何か呪われてる面も感じさせるので対抗評価とする。

東京11R 富嶽賞(4上1000万下 D短 ①点)
  ◎ ⑤フミノファルコン
  ○ ⑦ジェネシスロック
  ▲ ①サノイチ

東京12R 目黒記念(4上GⅡ 芝長)
  ◎ ⑨ヴァーゲンザイル
  ○ ⑮ダービーフィズ
  ▲ ②レコンダイト
 ポイント的には、⑮や②の方が上なのだが、
 ともにハンデキャッパーからそれほど能力を認められてないという点から見て、
 それほど積極的に評価できない。
 そこで、OP未連対ながら⑮並みに評価されている⑨を本命視。
 この辺りが、この馬にとっても最後の重賞ゲットのチャンスと言えそうで、
 前走も評価できるものである。あとは、斤量の利を活かせば…。
 東京コースと相性のいい⑮を対抗、
 腕のいい鞍上が手の内に入れつつある②を3番手とする。

京都09R 東大路S(4上1600万下 D中 1点)
  ◎ ⑩ショウナンアポロン
  ○ ⑯フェリーチェレガロ
  ▲ ⑦チェスナットバロン
  △ ⑤セブンフォース

京都10R 安土城S(4上OP 芝短)
  ◎ ⑧ウリウリ       鞍上相性買って
  ○ ⑥ウイングザムーン 距離実績高い
  ▲ ③ニンジャ       前走評価して

京都11R 白藤賞(3歳500万下 芝短 1点)
  ◎ ⑥ロイヤルストリート
  ○ ②ウェーブキング
  ▲ ⑬ネオスターダム
  △ ⑫マイネルレハイム

京都12R 與杼特別(4上1000万下 D中 1点)
  ◎ ⑦ポイントブランク
  ○ ①ディアブルーダー
  ▲ ③グッドマイスター

« 「新・中央競馬予想戦記」 2015-05-30 | トップページ | 映画 『ザ・トライブ』(☆☆☆) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/61671692

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2015-05-31:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2015-05-30 | トップページ | 映画 『ザ・トライブ』(☆☆☆) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ