« 映画 『フォーカス』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2015-05-09 »

映画 『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』(☆☆☆☆)

1983年から始まったスーダン内戦によって、多くの難民が国外へと避難した。
2000年になって、ようやくスーダンとアメリカの協力により、
若い難民をアメリカに移住させる計画が実施された。
今作では、その第一陣となった人々の苦難のエピソードを、
虚実織り交ぜて映画化している。

映画冒頭は、スーダンから難民キャンプのあるケニアに至るまでの、
壮絶な道のり(数字で表すと簡単だが、まず子供がまともに歩く距離ではない)と、
その中で兄弟と死別したり、身代わりとなって兵士に捕まって生き別れたり
(この「生き別れ」の話がクライマックスで生きてくるわけだが)するわけである。
続けて、アメリカに移住することになるわけだが、
部族民だった彼らにとって、アメリカというところは、
何もかもが違う場所だった。
そのカルチャーギャップの中で悩むわけである。

しかし、この計画はやはり「上から目線」の「助けてやる」的なニュアンスが
多分に含まれているわけである。
生き別れた彼には姉がいたのだが、
移住の時に別々の場所に行くことにされてしまい、
そこで血縁などは一切斟酌されず、
ただただ受け入れ先の有無だけでそういうことにされてしまい、
兄だけでなく姉とも生き別れる羽目になってしまうのである。
アメリカで彼らの世話をしてくれる女性も、
当初はめんどくさそうにやってたわけだが、
だんだん彼らの境遇に同情するようになり、
姉の引き受け手になったり、兄を探すための手助けもしてくれるようになる。
そう、兄は生きていたのである。
兄に会いに行った弟は、兄のためにビザを取ろうと奔走するのだが…。

アメリカにとっての「9・11」が、
日本にとっての「あの震災」に匹敵するほど
社会的なインパクトがあったという話なのである。
この計画、「9・11」以降パッタリと止まってしまうのである。
理由は「スーダンがテロ支援国家」だから。
国家間だけでなく、国内での移動も制限されていたため、
姉を引き取る手立てがなかなか見つからなかったのもその辺理由があったのである。
アメリカが「世界の警察」をやっていられなくなったのも、
この辺りに理由があるわけだし、
なるほど「9・11」のインパクトを改めて思い知らされるわけである。

ラストは、一面ほろ苦いものである。
しかし、一面において弟は「生きがい」になる何かを、
兄探しの間に見つけたように思われる。
その辺の心の移り変わりが描かれていないのがザンネンなのではあるが、
「生き別れ」になるエピソードなどが、
そのクライマックスに収斂されて行くというのが、
今作の妙味と言えるだろう。
キャスティングも、主役級には実際のスーダン難民関係者を使っているためか、
演技というよりは彼らの素直な思いが出ていてよかったのではないだろうか。

難民問題を描いた、というばかりではなく、
「移民の国」だからこそできることの一例を描き出している
(逆に単一民族国家で、島国で、一皮むけば「攘夷」な日本には、 逆立ちしてもできない)
作品と言えるだろう。

« 映画 『フォーカス』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2015-05-09 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ユウマさん、おはようございます。
日曜日不在のため、土曜日に投票します。

11R 第20回 NHKマイルカップ(GI)
◎16番ダノンメジャー
○2番グランシルク
▲1番アヴニールマルシェ
△7番クラリティスカイ
×10番アルマワイオリ
注12番ミュゼスルタン

混戦ムードですね。
本命はダノンメジャー
ダービーを諦めて、あえてこちらに回ってきたのは
距離適正を重視してのこと。
これまで戦ってきた相手に0.5秒内に入っており、
距離短縮で能力を十分に発揮できそうです。
相手は前走出遅れながら最後方から2着に追い込んだグランシルク。
インパクトのある衝撃的な末脚でした。
アルマワイオリは勝ち切れないレースが続くが
馬券圏内には入っており、このメンバーでも崩れないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/61555893

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『グッド・ライ~いちばん優しい嘘~』(☆☆☆☆):

« 映画 『フォーカス』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2015-05-09 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ