« 「新・中央競馬予想戦記」 2015-06-14 | トップページ | 映画 『ミッシング・デイ』(☆☆☆) »

映画 『誘拐の掟』(☆☆☆)

メインエピソードに入るまでが長い上に、
メインエピソードよりもマット(リーアム・ニーソン)と
TJ(ブライアン"アストロ"ブラッドリー)のこれからの方が気になる、
テレビドラマシリーズの初回2時間スペシャルみたいな内容。
酒が原因で刑事を辞めたマットは、今や探偵。
断酒会に顔を出して、なんとか社会の末席に踏み止まっているが、
そんな時に同じ断酒会に参加していた男から
「弟の話を聞いてやってもらえないか」と持ちかけられる。
弟は麻薬売買の仲介人だが、妻を誘拐され、
身代金を払ったのに殺されて返されたという。
初めマットは、裏社会の住人である彼の仕事を受ける気は無かったのだが、
調べるに連れその誘拐犯の猟奇ぶりが明らかとなる。
くすぶっていた正義感と、過去への贖罪のため、
マットはその猟奇犯と対決するのであるが…。
その猟奇犯を調べる中でTJと出会うわけだが、
不遇な生い立ちと蛮勇ぶりが観客の興味を引く。
古典的な探偵モノであり、かつバディ・ムービーな香りも漂わせるわけだが、
冒頭にも書いたようにスケール感自体はイマイチ。
「あっという間に読んじゃいました」的な作品ではなく、
「じっくり、何度も読み返しました」的な作品だよね。
だからこそ、続きが見たいと思わせるモノがあるのだが
(そもそも、今作はシリーズ作品の10作目らしく、今作以降も続いている)、
内容的にはやや渋好みで、スペクタクルがないが、
この「ザ・ハードボイルド」な感じ自体は悪くないと思う。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2015-06-14 | トップページ | 映画 『ミッシング・デイ』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/61744151

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『誘拐の掟』(☆☆☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」 2015-06-14 | トップページ | 映画 『ミッシング・デイ』(☆☆☆) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ