« 映画 『グローリー/明日への行進』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2015-06-27 »

映画 『極道大戦争』(☆☆☆)

清々しいまでに「おバカ映画」。
こんな映画作るの河崎実だけかと思ってたんだけどねぇ…。
『スキヤキウエスタン ジャンゴ』の三池崇史じゃあ、しょうがないか
(あえて『十三人の刺客』の、とは言わない)。
この人も、極道モノ好きだからねぇ。
今作は、先中のセリフにも出てくる「ヤクザはカタギの生き血をすすって生きてる」
っていうのをまんま表現したかっただけ、
って一瞬思ってたんだけど、
「KEARUクン」が出てきたあたりから雲行きがおかしくなって、
最終的にかなり斜め上行っちゃった感じだよね
(だからこそ、「清々しいまでにおバカ映画」なわけだが)。
特に、高島礼子の弾けっぷりには、お口アングリでした
(河崎実作品『日本以外全部沈没』の寺田農さんの知的な弾け方とはまた違う、
弾けるというよりは壊れた感じと言うべきか)。
こういう映画にカネ出してくれる酔狂な人たちが、
まだ日本にもいるということを確認するための映画。
もちろん、内容を求めてはいけません。

« 映画 『グローリー/明日への行進』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2015-06-27 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/61785991

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『極道大戦争』(☆☆☆):

« 映画 『グローリー/明日への行進』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2015-06-27 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ