« 映画 『パージ:アナーキー』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『だれも知らない建築のはなし』(☆☆☆) »

映画 『奪還者』(☆☆)

クエンティン・タランティーノほどの大監督が
「とにかく凄ぇ」としか表現できない映画は、
一般人には理解しがたいということなのだろう。
まず、登場人物の行動様式が全然理解できない。
エリック(ガイ・ピアース)が自分の車に執着する理由は、
ラストで明らか(?)になるからまだいいとしても、
彼の車を盗んだヘンリーたちがなぜ急いでいるのか。
負傷したレイ(ロバート・パティンソン)を置き去りにし、
まだ動く自分たちの車も置いて行って、
エリックの車を盗んでまで目的地に急いだ彼らの目的
(あるいは何者かに追われていたのか)が全然不明。
「理解できる奴にだけわかればいい」という芸術的スタイルなのかもしれないが、
それにしてはバイオレントな内容だし、
正直な話狙ってる層も見えてこない。
「結局何が言いたかったの?」と問いかけたい、そんな映画。
やっぱり、ワシはクエンティン・タランティーノと
感性が合わないだけなのかも知れないが…。

« 映画 『パージ:アナーキー』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『だれも知らない建築のはなし』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/62014068

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『奪還者』(☆☆):

« 映画 『パージ:アナーキー』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『だれも知らない建築のはなし』(☆☆☆) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ