« 映画 『KIRI-『職業・殺し屋。』外伝-』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2015年第7開催を振り返って »

映画 『ロスト・リバー』(☆☆)

アメリカでは、俳優さんが監督デビューするパターン自体少なくない。
現役でもっとも成功してるのは、クリント・イーストウッドだろうが、
『ドライブ』(これもよくわからん映画だったなぁ)でスターダムにのし上がった
ライアン・ゴズリングが今作で監督デビューを果たした。
産業も何もないような廃墟化しつつある町を舞台に、
理不尽な権力に立ち向かっていく庶民を描いた…、
にしては奇妙奇天烈な描写が少なくない。
数少ない町の娯楽が恐竜館だったり見世物小屋だったりするし、
ろくにその後何を建てるでもないのに、
ローン滞納者の家をぶっ壊したり…。
そんな中、主人公のボーンズ(イアン・デ・カーステッカー)は、
隣に住むラット(シアーシャ・ローナン)が語る、
「ダム湖の底に沈んだ町から何か持って帰ってくれば、この町の呪いが解かれる」
という子供じみた都市伝説を信じ、ダム湖に向かうわけである。

広告で「ダークファンタジー」と書いているように、
この「呪いを解く」という部分が物語のキモになっているようだし、
そう考えると一見奇妙奇天烈な様々な描写もいちおう納得はいくが、
結果があのエンディングではその「ダークファンタジー」な描写も台無しというか、
結局リアルな世界でコトが動いてるわけだから、
どこかでリアルに叩き戻されてしまうわけである。
「芸術的」な映画、と評価することはできるだろう。
ワシには理解しがたいが…。

« 映画 『KIRI-『職業・殺し屋。』外伝-』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2015年第7開催を振り返って »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/62026222

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『ロスト・リバー』(☆☆):

« 映画 『KIRI-『職業・殺し屋。』外伝-』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2015年第7開催を振り返って »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ