« 映画 『コンフェッション 友の告白』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『ソ満国境 15歳の夏』(☆☆☆) »

映画 『ダライ・ラマ14世』(☆☆☆)

宗教的なエライ人だからって、それほど特別なことを言うわけでは無い。
偉くなったら偉くなったなりの「悩み」があるわけだから、
特に個別具体的な悩みに対しては「I don't know」と言うしかないわけである。
それよりも、こういう人からは、エッセンスを抽出しないといけない。
「理想と現実のせめぎ合い」とか、「考えることが大切」とか、
そういうことを自ら学び取っていかなければ、
彼らエライ人の言うことなど「金言」とはなりえないわけである。
「暴力では何も解決しない」が、現実には彼らは亡命者であり、
中国はダライ・ラマの出した譲歩案を一顧だにしない。
この辺が「理想と現実のせめぎ合い」であり、
亡命政権だって演説の中で「闘争」という言葉を使っている
(「闘争」の方法論はいろいろあるだろうが)。
しかし、そこで考えることをやめて、「じゃあこっちも暴力に訴えよう」
では「カルマ」が浄化されることはないだろう。
日本は、国際連盟脱退の時も、ハルノートを提示された時も、
考えることをやめて「一戦あるのみ」としてしまったことが問題なのである。
考え続けることは、歩みを止めることではないのである。

« 映画 『コンフェッション 友の告白』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『ソ満国境 15歳の夏』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/62380014

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『ダライ・ラマ14世』(☆☆☆):

« 映画 『コンフェッション 友の告白』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『ソ満国境 15歳の夏』(☆☆☆) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ