« 映画 『合葬』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『ダライ・ラマ14世』(☆☆☆) »

映画 『コンフェッション 友の告白』(☆☆☆)

底辺の人間がいかに這い上がろうとしても、
ただ流される者はその奔流に呑まれ、
小悪党は足元をすくわれ、
真面目なだけの人間は結局損をする。
そして巨悪がのさばるのである。
そういう意味で、あのラストは唯一残された光明であり
(失ったものの大きさを考えれば、そう素直に喜べるものでもないだろうが)、
アレが無いとホントに救いの無い話になってしまう。
キッカケは、ウィンーウィンを狙った保険金詐欺なのだが、
一つのボタンの掛け違いからものの見事に崩壊する、という話なのだが、
そもそも保険金詐欺も地下カジノも贈収賄も全部悪いことなので、
「不当な利益を得るには不当な行為をしなければならない」
という等価交換の原則を考えれば、あの破局は充分考えられたことであろう。
今作はそういう意味では教条的(マジメがイチバン)で、
しかもそのマジメな主人公がやたら懐が深いのである。
しかし、彼ひとりが聖人ぶっていても、周りの人々はすでに闇に呑まれた後で、
聖人が一人いたところで手の打ちようがなかったのである。
ある意味韓国映画らしい、爽快感ゼロの生々しい作品。
でも、日本の闇ももう既に結構深いんじゃないかなぁ。

« 映画 『合葬』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『ダライ・ラマ14世』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/62380011

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『コンフェッション 友の告白』(☆☆☆):

« 映画 『合葬』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『ダライ・ラマ14世』(☆☆☆) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ