« 「新・中央競馬予想戦記」 2015-11-01 | トップページ | 映画 『シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になった2人』(☆☆☆☆) »

映画 『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』(☆☆☆)

前作で漠然と提示されていた、人間の脳を侵すウイルス
(フレアウイルスっていうらしい)の正体がまず明かされる。
何のことはない、『バイオハザード』や『ワールドウォーZ』でもおなじみ、
ゾンビウイルスじゃん。
で、その研究機関である「WCKD」が、せっせと若者を集めてる理由も判明。
お偉いさんは「治療法を見つけるため」と言ってるが、
現状できることは「若者の血から長くて数ヶ月しかもたないワクチンを採取すること」
なので、主人公たちが今作冒頭で連れて行かれる場所は、
要するにそのプラントのような場所になってしまっている。
このままじゃあ、研究員時代の主人公トーマスが危惧していた通り、
いたずらに死者を増やすだけでしかない。
で、トーマスたちは緩慢に死を待つことをせず、
ゾンビウイルスに侵された人々がいる基地の外へと飛び出すわけだが、
そこは砂漠化してるため過酷な環境が待ってるのだ。

というわけで、もうタイトルのうち「メイズ(迷路)」の部分が
どうでもいいことになってるわけだが(第三部では迷路復活するんかな?)、
紆余曲折を経て前作のレビューで予想した通りの展開になってて、
若干呆れてもいるわけだが、
アレは『ダイバージェントNEO』でも書いたように
「革命のその後」が無さそうっていう意味で観るまでもないし、
今作は革命を起こすわけではないし、
大人たち(=WCKD)が隠してる「不都合な真実」の解明編になると思われるので、
まぁ第三部まで付き合う予定です。
思ったほど中だるみしてなかったので、まぁその辺りはさすがと言っておこう。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2015-11-01 | トップページ | 映画 『シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になった2人』(☆☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/62596273

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』(☆☆☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」 2015-11-01 | トップページ | 映画 『シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になった2人』(☆☆☆☆) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ