« 「新・中央競馬予想戦記」 2016-02-27 | トップページ | 映画 『ライチ☆光クラブ』(☆☆☆) »

「新・中央競馬予想戦記」 2016-02-28

中山09R 富里特別(4上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ⑫ラインハーディー
  ○ ⑨ストレンジクォーク
  ▲ ④マイネルネーベル

中山10R ブラッドストーンS(4上1600万下 D短 ①点)
  ◎ ⑨モルジアナ
  ○ ⑤ゲマインシャフト
  ▲ ③グラスエトワール

中山11R 中山記念(4上GⅡ 芝中)
  ◎ ⑤フルーキー
  ○ ⑩アンビシャス
  ▲ ⑨デュラメンテ
  △ ⑧イスラボニータ
 11頭中9頭が休み明けで、しかも人気の一角⑨は骨折明けの長期休養明け。
 ⑨の実力は認めるが、今後のこともあるので仕上がり途上の可能性もある。
 今回は控えめに3番手評価までとする。
 替わって本命は、順調に使われている⑤を推す。
 中山実績が乏しいのが不安要素ではあるが、近走内容も良く、
 1800mも相性が良い。鞍上も替わったとはいえ充分力はあるはずだ。
 対抗には、4歳勢のうち対古馬戦を経験している⑩を推す。
 鞍上との相性も良く、前走の秋天の内容も評価できる。
 あとは、決め手に欠ける面は否めないが、秋天で⑩に先着している⑧を押さえておく。

阪神09R すみれS(3歳OP 芝中)
  ◎ ⑤ブラックスピネル   この相手なら
  ○ ⑧ナムラアラシ      芝さえこなせば
  ▲ ③ワンダースペリオル まだ底見せぬ

阪神10R 伊丹S(4上1600万下 D中 ①点)
  ◎ ⑦ラインルーフ
  ○ ⑨ミツバ
  ▲ ③グッドマイスター
  △ ⑧スマートボムジェル

阪神11R 阪急杯(4上GⅢ 芝短)
  ◎ ⑱ケントオー
  ○ ⑪オメガヴェンデッタ
  ▲ ⑬ミッキーアイル
  △ ⑨レッツゴードンキ
 実は難解な一戦。
 2000年に現在の施行時期&距離になってから、
 重賞連対以上orいっそ重賞経験有も連対実績の無い馬がツボにはまるパターンが
 連対馬の傾向であり、かつ牝馬の勝ちが無い。
 このことから、人気の一角③や⑤は飛ぶし、
 昨年の桜花賞馬⑨も本命視はできない
 (2歳時から追いかけているので買い目に入れるが)。
 本命に推すのは、前走が初のOP挑戦で3着に食い込んだ⑱。
 阪神芝1400mでの実績もあるし、近走内容も充実しており、その勢いを買ってみる。
 対抗にもOP未勝利馬から、前走案外な結果だった⑪を推す。
 前走は実績の無いマイル戦ゆえの杯戦だった可能性が高い。
 つまり、血統的にはにわかに信じがたいがスプリンターである、ということ。
 2勝の実績があるこの距離で、鞍上も充分力がある。
 しかも、年齢別では一番勝っている5歳馬。改めて勝負と見る。
 3番手に、去年の2着馬⑪。
 実績上位でもあるし、このレースでは一番勝っているGⅠ勝馬でもあるので、
 逆転も充分。相手関係から見ても、去年の雪辱を果たす可能性充分である。

小倉10R くすのき賞(3歳500万下 D中 ①点)
  ◎ ⑯コウエイエンブレム
  ○ ⑫キョウエイギア
  ▲ ⑮エイシンニトロ

小倉11R 関門橋S(4上1600万下 芝中 1点)
  ◎ ①ピースオブジャパン
  ○ ⑩キャンベルジュニア
  ▲ ⑪ベリーフィールズ
  △ ⑦フェルメッツァ

小倉12R 周防灘特別(4上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ⑪エルカミーノレアル
  ○ ③ホッコーサラスター
  ▲ ⑧ホープタウン
  △ ⑬オウノミチ

« 「新・中央競馬予想戦記」 2016-02-27 | トップページ | 映画 『ライチ☆光クラブ』(☆☆☆) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/63273623

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2016-02-28:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2016-02-27 | トップページ | 映画 『ライチ☆光クラブ』(☆☆☆) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ