« 映画 『最愛の子』(☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『スティーブ・ジョブズ』(☆☆) »

映画 『ドラゴン・ブレイド』(☆☆)

中国の歴史書に書いてあったわずかな記述を元に、
ココまで話を広げるっていう製法自体は、
韓国時代劇なんかでもよく見られる手法なので、そこはあまり問題にはしない。
面白ければだいたいOKである。
問題はそこではなくて、
例えば宮本武蔵が、実は関ヶ原にも大坂の陣にも参加していたこと。
柳生一門がどうやってあの地位を築いたかを考えれば、
今作におけるジャッキー・チェンの立ち位置がどの程度かわかるのではないだろうか。
要するに、軍団と軍団がぶつかり合う戦争において、
個の力がいかに小さいかということである。
だからこそ、あからさまに一騎打ちみたいなものを
用意してやらなきゃいけないわけである。
今作ではどこを評価するかによって多少評価も違うだろうが、
少なくともジャッキー・チェンを観に行ったとするならば、
例えば『1911』程度にしか評価できないわけである。
「頑張って俳優活動やっている」と評価することも可能だが、
それは結局彼の良さを殺してしまっているとワシは思うので、
その観点からこの程度の評価しかできない、ということになる。

« 映画 『最愛の子』(☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『スティーブ・ジョブズ』(☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/63228200

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『ドラゴン・ブレイド』(☆☆):

« 映画 『最愛の子』(☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『スティーブ・ジョブズ』(☆☆) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ