« 映画 『砂上の法廷』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2016年第3開催を振り返って »

映画 『仮面ライダー1号』(☆☆)

展開が王道ベッタベタなのは、長く続いてるシリーズだから仕方ない。
現行のライダーとあれこれ絡むのも、興行上仕方ない。
しかし、「映画」だからと無駄に力が入り過ぎているように見えてしまった時点で
(命がどうたらとか、あとそれこそ王道ベッタベタの展開なのだから、
無駄に余韻的なものを引っ張るのは無駄なだけ)、
作品としては失敗だと思うわけである。
なまじ『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』が成功してしまったせいで、
以降毎年今作のような「旧作焼き直し」作品を連発しているわけだが、
正直「やってみただけ」感が強く、観た後の高揚感が無い。
1号ライダーも、ネオサイクロンも、いかつくし過ぎて
むしろもっさりしてしまったのが一番の失敗だろう。

« 映画 『砂上の法廷』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2016年第3開催を振り返って »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/63409387

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『仮面ライダー1号』(☆☆):

« 映画 『砂上の法廷』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2016年第3開催を振り返って »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ