« 映画 『追憶の森』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2016-05-08 »

「新・中央競馬予想戦記」 2016-05-07

4/30の結果
 2勝(天王山S、二王子特別) 7敗
  回収率 43.1%

5/1の結果
 3勝(糺の森特別、荒川峡特別、五泉特別) 8敗
  回収率 40.0%
  年間回収率 72.6%
  通算回収率 72.2%

先週から始まった新潟がそこそこ良いぐらいで、他はさっぱりに近い惨状。
特に先週に関しては、東京コースが特に悪く、各レース印を打った馬が
1頭ずつぐらいしか入ってない状況。
これでは、とても「稼げる」状況ではないわけで、ココの立て直しは急務であろう。
特に、今週から東京GⅠ5連戦なわけで、東京コースで稼げないことは、
GⅠ外しまくる」ことにもつながるわけで…。なんとかならんかね。
5/7、5/8の買い方は以下の通り。
 東京:条件戦=単勝 OP以上=ワイド
 京都:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 新潟:条件戦=複勝 OP以上=ワイド

東京09R 高尾特別(4上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ⑪スマートプラネット
  ○ ③ダイワプロパー
  ▲ ⑩マイネルディアベル

東京10R 緑風S(4上1600万下 芝長 1点)
  ◎ ③サムソンズプライド
  ○ ⑧マイネオーラム
  ▲ ①ディスキーダンス

東京11R プリンシパルS(3歳OP 芝中)
  ◎ ⑩プランスシャルマン 東京実績買って
  ○ ⑪ヒルノマゼラン    前走惜しい内容
  ▲ ⑨エフティスパークル 距離は向きそう
  △ ④シャリオヴァルト   相手なりに走る

京都09R 矢車賞(3歳500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑦ペプチドサブル
  ○ ①エテルナミノル
  ▲ ⑫ウォータービオニー

京都10R 六波羅特別(4上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ②サウンドバーニング
  ○ ③ショウボート
  ▲ ①ジョーアラタ

京都11R 京都新聞杯(3歳GⅡ 芝中)
  ◎ ②スマートオーディン
  ○ ⑬ブラックスピネル
  ▲ ③エルリストン
  △ ⑩ゼンノタヂカラオ
 本命は、既に重賞2勝の実績を誇る②。
 今回初めての2200mとなるのは、血統的にやや不安要素ではあるが、
 実績面では抜けているのでココを勝ってダービーに名乗りを上げるのでは、と見る。
 対抗には、2歳時にはOP戦で②に勝ったこともある⑬。
 距離経験もあるし、平坦馬場ではあるいはこちらに分があるかも。
 3番手の③は、実績不足のため2着候補ではあるが、
 メンバー中唯一の距離実績馬。2000m以上をこだわって使っているようなので、
 距離はこの辺りが向くはずだ。あとは伸びしろで上位にどこまで食い込めるかだろう。
 あとは、前走自己条件を突破して、改めてOP挑戦の⑩も、
 相手なりに走れそうで侮れない。

新潟10R 春日山特別(4上500万下 芝中 ①点)
  ◎ ②マコトギンスバーグ
  ○ ⑩アートフェスタ
  ▲ ⑤イイデフューチャー
  △ ③ロードグリッター

新潟11R 駿風S(4上1600万下 芝短 1点)
  ◎ ②ペイシャフェリス
  ○ ⑯カシノワルツ
  ▲ ⑭フクノドリーム

新潟12R 湯沢特別(4上500万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑥ケイアイヴァーゲ
  ○ ④ユメノマイホーム
  ▲ ⑧オメガタックスマン
  △ ③ゲンキチハヤブサ

« 映画 『追憶の森』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2016-05-08 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

ユウマさん、おはようございます。
今日、和歌山へ遊びに行くので
この時間になりました。
早く寝ないと・・・。

NHKマイルC予想してみました。

11R 第21回 NHKマイルカップ(GI)
◎5番ロードクエスト
○4番メジャーエンブレム
▲8番イモータル
△7番トウショウドラフタ
×3番アーバンキッド
注14番ブレイズスマッシュ

東京1600mは枠順による有利不利なく
脚質では先行勢が有利です。
例年、展開によって勝ち馬が逃げ馬だったり
追い込み馬だったりしますので、
流れが向きそうな馬を本命にしてみました。
本命はロードクエスト、皐月賞組の
NHKマイルCへの参戦は間隔が中2週で
成績がいま一つに終わるケースが多いですが、
去年は皐月賞組のクラリティスカイが優勝しました。
皐月賞8着とはいえ朝日杯FC勝ち馬のリオンディーズが
5着ですので、今年の牡馬のレベルを考えると
8着でも通用すると思います。
中山では急坂が合わず伸び切れなかったですが、
左回りの東京へ舞台が替わるので。
相手はメジャーエンブレム。
クイーンCの鮮烈な勝ち方、持ち時計№.1です。
桜花賞は消極的な競馬で力を出せなかったので
今回は積極策に出る可能性が高い。
1000m通過タイムがどのぐらいになるでしょうか。
平均ペースなら勝ちパターンですけど。
ハイペースでも粘りを見せて大接戦になりそうな予感です。
3番手イモータルは共同通信杯2着馬。
1800mからの参戦組は毎年のように好走しています。
アーバンキッドも折り合いが難しいですが、
このレースに相性の良い毎日杯組です。
トウショウドラフタは脚質転向してから
2連勝の内容が良く、1600m戦でも
成長した今なら問題ないでしょう。

11R 第38回 新潟大賞典(GIII)
◎3番フルーキー
○5番サトノラーゼン
▲14番ダコール
△2番ヒストリカル
×11番ショウナンバッハ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/63592412

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2016-05-07:

« 映画 『追憶の森』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2016-05-08 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ