« 「新・中央競馬予想戦記」 2016-06-05 | トップページ | 映画 『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』(☆☆☆) »

映画 『サウスポー』(☆☆☆)

今作なんか観てると(『クリード』も似たようなものだが)
スポーツビジネスって品が無いというか
(『グラゼニ』の代理人も同じ穴のむじなって感じだけど)、
稼げる間に使えるだけ使い倒して
(もちろんアスリートには「引退後のため」って言い含めるんだけど)、
使い物ならなくなったらはした金(払うだけマシなのかも…)を出して「はいさよなら」、
なわけである。
今作では、わりと早い時点でその話になるわけだが、
そこでプロモーターと奥さんの対立みたいなものから始まる。
しかも、旦那さんそっちのけで。
プロモーターは、上記したようなビジネスライクな話を進め、
奥さんは旦那さんの体をいたわって家族中心の話を進めようとする。
旦那は、どうやらプロモーター寄りの考え方のようなのだが、
奥さんに頭が上がらないようで基本的にはお任せ。
そんな中、事件が起こってしまう。
同級の若い選手の挑発を受けた旦那が、若い選手に食ってかかり、
その混乱の中奥さんが銃で撃たれ、そのまま死亡。
この若い選手が、後々旦那のプロモーターと組むことから、
冒頭の旦那と若い選手の絡みは、プロモーターが陰で糸引いてるのでは、
と勘繰ったりもするのだが、本筋と関係ないので犯人探しも特に無し。
で、裁判費用やら何やらいろいろ入り用になった上に、
奥さんという枷がなくなったためプロモーターのいいなりで試合を行うことに。
しかし、奥さんを失ったばかりでまともな練習もできてない。
気持ちも全く入ってないため、むざむざと格下の選手に負けてしまう。
この敗北は、ただの敗北ではない。彼にとってはキャリア初の敗戦なのである。
そうすると、彼のカネに群がっていた輩が去って行くのは早い。
さらに、1年の試合禁止などもありもともと生活力のない旦那は、
裁判所から扶養能力なしと判断され娘とも引き離されてしまう。
この、過去の栄光以外何も無い状態からの復活を描くのが今作である。

先にも書いたように、このプロモーターは真っ黒である(黒人だけに…)。
過去には旦那のために審判にカネを掴ませて裁定を買ったこともあるようだし、
「試合禁止などそうにでもなる」と、旦那に持ちかけてくるように、
おそらく大概の事はカネで解決するのであろう。
『クリード』でも、親の七光りであり得ないステップを経てタイトルマッチに挑むわけだが、
今作もそういう意味では過去の栄光であり得ないステップを経て
タイトルマッチが組まれるわけだが、
キャリアの浅い『クリード』のケースと違って、
今作では「自分は噛ませ犬」であることを理解しながらも、
ある意味カネのために試合に挑むわけである。

ずいぶんフリが長くなってしまったが、
話自体はわりととんとん拍子で進んでしまうので、
良く言えば人間ドラマに集中できるのだが、
悪く言うと個々の登場人物の背景が全体的に浅いのである。
例えば、試合禁止中のトレーナーとも、過去に何かあったようだし、
そもそもそのトレーナーのジム似通ってくる練習生たちだって、
いろいろありそうな感じである。
でも、そういうのはバッサリ行っちゃってるわけで、
なんかこう、もったいない感じはするが、その辺りは時間の制約もあるので、
割り切って考えるべきところ、ということだろう。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2016-06-05 | トップページ | 映画 『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/63741976

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『サウスポー』(☆☆☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」 2016-06-05 | トップページ | 映画 『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』(☆☆☆) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ