« 映画 『トリプル9 裏切りのコード』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2016年第6開催&上半期を振り返って »

2016 ユウマ的上半期(3週遅れたが)映画評価総覧

7月もすでに半ばですが、
2016年上半期の復習という意味も含めて、☆分布などをざっくりとチェック。
(☆=1作品 ★=5作品 6月末現在)

星5つ
 ・ベテラン
 ・みんなのための資本論
 ・ヤクザと憲法
 ・スポットライト 世紀のスクープ
 ・64-ロクヨン-(前編のみ)
 ・日本で一番悪い奴ら

星4つ
 ★★★★★☆

星3つ
 ★★★★★★★★★★★☆☆☆

星2つ
 ★★★★

星1つ
 ・メモリーズ 追憶の剣
 ・ドクムシ
 ・ディストラクション・ベイビーズ

上半期終了時点の数字できっちり区切って出しているが,
同じところで区切っている2年前と全く同じ108本。
半年で100本強、月割で16本だから、ほぼ2日に1本というのが,
ワシ的には限界に近い数字ということだろう.
今年は,☆5つが増え,しかも邦画の健闘が目立つ.
また,警察モノが3本と,なかなか偏った好みを見せている.
まぁ,物騒な世の中で警察がどう立ち回ってるかっていうのは,
実社会でも注目されることだろうから,世相にリンクしてる,と言えなくもないわけだが….
その両方に入る『日本で一番悪い奴ら』は,
実話ベースということもあり上半期、
いや今年の邦画全体でも屈指の名作になりそうな予感.
正直、『ロクヨン』に期待してた面はあったが、
今や「『ロクヨン』前後編観るぐらいなら『日本で一番悪い奴ら』一本の方が全然良い」
というぐらいの変節ぶり.まだやってる映画館もあるようなので、
気になったら観てやってください。

一方の☆1つも,実は3本中2本が邦画という,
上半期は良くも悪くも邦画が目立つかっこうである。
『追憶の剣』については、自らレビューを読み返さないと
内容が思い出せないほど印象の薄い作品で,
こういう作品をなんとか広告の段階で「観ない」判定したいんですが….
残る邦画の2本については,せめて「意味のある暴力」というものを、
描いてもらいたいと、切に願うばかりであります
(そういう意味では,『HIGH&LOW』の方がまだだいぶマシっぽいが,
昔のヤクザもののような様式美を感じないし,別にEXILEファンでもないので観ません)。

下半期は,早くも『ペレ 伝説の誕生』で☆5つを出したようになかなか好調な出足.
また直近ではアメリカの音楽関係のドキュメンタリーが多数組み込まれており、
飲み屋の話のネタにできそうな話など期待です.
あとは、洋画の奮起に期待したいところだが,
正直あっちの方は現実の方が相当面白いからなぁ…(なんという無責任発言)。

« 映画 『トリプル9 裏切りのコード』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2016年第6開催&上半期を振り返って »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/63940875

この記事へのトラックバック一覧です: 2016 ユウマ的上半期(3週遅れたが)映画評価総覧:

« 映画 『トリプル9 裏切りのコード』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2016年第6開催&上半期を振り返って »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ