« 映画 『ハイ・ライズ』(☆☆) | トップページ | 映画 『葛城事件』(☆☆☆) »

映画 『いしぶみ』(☆☆☆☆)

今年は「時期モノ(=戦争モノ)」が映画界においては地味である.
ワシ的にはたぶんこの1作のみであろうが、
今作にしたところで1944年制作のテレビ番組のリメイク。
まぁ、オバマ大統領が来た後なのでそれなりの感慨もあるし、
元ネタはワシが生まれる前に制作されているので、
確かに知らない話も多かった。
しかし、実にいたたまれないのは、生き残った人々の思いである。
彼らは戦後70年を過ぎた現在に至るまで、
「なぜ生き残ったのか」ということを原罪のように抱えているのである
(そういう思いが、年寄りたちを黙らせてきた一面もあるわけだが…)。
彼らも、そして犠牲者になった若者たちも、
「あの瞬間」までは戦時下とはいえ普通の生活を送っていたのである。
その模様を綾瀬はるかが朗読して、今作は進んでいくわけだが、
その断絶感は「あの震災」に比するものといえるだろう。
それは、当然原子爆弾の破壊力を物語るものであり、
原子力の脅威を如実に示すものであるはずなのだが、
今や政府の上層部は「再稼働」に向けてなに振り構わず、である。
「あの震災」で手痛いしっぺ返しを受けた、というのにである。

とはいえ、やはりこの地味な扱いである。
確かに、『シン・ゴジラ』は明快でわかりやすくて、しかもポジティヴだけど、
そういうことだから日本人にはいつまで経っても
「想像力」ってものが育っていかないんだと思うんだが….

« 映画 『ハイ・ライズ』(☆☆) | トップページ | 映画 『葛城事件』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/64228079

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『いしぶみ』(☆☆☆☆):

« 映画 『ハイ・ライズ』(☆☆) | トップページ | 映画 『葛城事件』(☆☆☆) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ