« 「新・中央競馬予想戦記」 2016-09-17 | トップページ | 映画 『怒り』(☆☆☆) »

「新・中央競馬予想戦記」 2016-09-18

中山09R 浦安特別(3上1000万下 D短 ①点)
  ◎ ②ヨンカー
  ○ ⑮ヨシオ
  ▲ ⑤カネータ

中山10R レインボーS(3上1600万下 芝中 1点)
  ◎ ⑪マローブルー
  ○ ⑤カルヴァリオ
  ▲ ⑧ワールドレーヴ

中山11R セントライト記念(3歳GⅡ 芝中)
  ◎ ④ディーマジェスティ
  ○ ⑩ゼーヴィント
  ▲ ⑨プロディガルサン
 本命は、皐月賞馬④で仕方ないだろう。
 このレースでのGⅠ勝馬は、3度の勝ち以外は着外のようなので、
 いっそ馬単でも良いぐらい。しかも、この馬自体4着以下が無いので、
 順調に来ていれば今回も勝馬候補最右翼だろう。
 対抗には、初勝利以降4着以下が無い重賞勝馬⑩。
 中山コースも2戦2勝と相性が良いので、菊花賞はともかくココは勝ち負けだろう。
 3番手には、ポイント的には⑫なのだが、OP未経験馬は分が悪いので次点止まり。
 代わって浮上は、間を空けて使われている⑨。
 裏を返せば鉄砲が利くタイプなので、今回はチャンスと見る。

阪神09R 能勢特別(3上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ②アドマイヤキズナ
  ○ ④ジェネラルゴシップ
  ▲ ⑤エイシンハドソン

阪神10R 仲秋S(3上1600万下 芝短 3点)
  ◎ ⑩ヴェルステルキング
  ○ ⑥スリーカーニバル
  ▲ ④ゲンキチハヤブサ

阪神11R ローズS(3歳GⅡ 芝中)
  ◎ ⑦シンハライト
  ○ ⑥ジュエラー
  ▲ ⑪フォールインラブ
 桜花賞馬vsオークス馬の直接対決に他は割って入ってこれないだろう。
 いちおう休み明けの間隔が短い⑦の方を本命視しているが、
 騎手の腕では⑥が優勢と見るので、正直ほぼ互角の情勢。
 いちおう、どっちかがコケた時のことを考えての3番手には、
 夏の北海道シリーズで内容のある競馬を続けてきた⑪を推してみたい。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2016-09-17 | トップページ | 映画 『怒り』(☆☆☆) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/64218907

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2016-09-18:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2016-09-17 | トップページ | 映画 『怒り』(☆☆☆) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ