« 映画 『後妻業の女』(☆☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(☆☆☆) »

映画 『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』(☆☆)

主人公のキャラの味付けが、
演じる松田翔太の父親である松田優作の代表作『探偵物語』の工藤に
寄せてる感がして、正直その時点で評価を下げてるのだが、
「ダーティー・イエロー・ボーイズ」なる組織が、
取って付けた感満々というか、あまりにもダメダメ過ぎて、
見てられないレベル。
こんな組織に憧れる周(須賀健太)もどうかと思うが、
彼ら自身充分に凶暴で、物語は彼らにドンドン餌を与えていく。
それを主人公たりが追いかけていく、
というのがザックリしたストーリーライン。
ただ、実際のところこの追っかけっこ自体はどうでもよくて、
主人公相棒(浜野謙太)との掛け合いぐらいしか
面白いポイントがないのが今作。
不法滞在者コミュニティが物語のベースにあるのに、
それがあまり生きておらず、
必死で主人公を転がしてるようにしか見えない映画。
もったいない。

« 映画 『後妻業の女』(☆☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/64705625

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』(☆☆):

« 映画 『後妻業の女』(☆☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(☆☆☆) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ