« 映画 『怒り』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』(☆☆☆☆) »

映画 『コロニア』(☆☆☆)

1970年代に成立したチリの軍事独裁政権の
「秘密警察」的な役割を果たしていた「コロニア・ディグニダ」。
その首魁パウル・シェーファーはナチス残党で、
武器密輸などで巨万の富を築いた彼は、
軍事独裁政権と結びついて南米に深く根付いていた。
そこに恋人を拉致されたキャビンアテンダントのレナ
(エマ・ワトソン)は会社に暇乞いをした上で
「コロニア・ディグニダ」に単身潜入するのだが…。

アドルフ・アイヒマン(『ハンナ・アーレント』など
最近映画の題材ろしてやたらと扱われる元ナチス幹部)も
アルゼンチンに潜伏してたというから、
初期の「コロニア・ディグニダ」とも
関係を持ってたのかもしれないが、
南米には何かとナチスの影がちらつく。
脱出を防ぐための様々な仕掛けを施してあるという時点で、
相当な秘密と闇を抱えていることがうかがえるが、
タコ部屋的にカネを生み出し、それを原資に様々な力を蓄え、
南米で隠然たる力を持つに至ったということだろう。
今作は、一人の女性の蛮勇が「コロニア・ディグニダ」を
崩壊に導いたかのごとく描かれているが、
実際には軍事独裁政権の終了と密接に関係してることだろう。
しかし、フィクションを実録的に描いてるので、
中で行われていたことなどなかなか詳細に描かれており、
「コロニア・ディグニダ」の正体を描くという意味では
なかなかよくできてるのでは、と思う。

ただ、あまり後味のいい終わり方ではないし、
やや強引な終わり方なのがややザンネン。

« 映画 『怒り』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』(☆☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/64705638

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『コロニア』(☆☆☆):

« 映画 『怒り』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』(☆☆☆☆) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ