« 「新・中央競馬予想戦記」 2017-01-28 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2017-01-29 »

「新・中央競馬予想戦記」2017年第1開催を振り返って

①1/21、1/22の結果
 (1)1/21の結果
  3勝(若竹賞、カーバンクルSすばるS) 6敗
   回収率 67.2%
 (2)1/22の結果
  4勝(東雲賞、睦月賞、庄内川特別、恋路ヶ浜特別) 5敗
   回収率 64.6%
   年間回収率 80.5%
   通算回収率 72.2%

②開催を振り返って
 (1)オープン戦が珍しく良かった
  (10戦通算 109.5%)
 (2)芝戦は、短距離が良くて、長距離が悪かった
  (芝全体:37戦87.6% 短:18戦138.9% 中:16戦36.1% 長:3戦11.0%)
 (3)京都コースが良かった
  (21戦通算 106.5%)
 (4)ダート戦は、明暗クッキリ
  (D全体:17戦50.0% 短:7戦86.4% 中長:10戦25.0%)
 (5)中山コースの数字が思ったように伸びず…
  (22戦通算 58.6%)

③開催総括
 開催回収率は、80.5%と、通算回収率から考えればまずまずのスタート。
 オープン戦を中心に、実馬券でもそこそこ稼いだわけだが、
 本来の目標から考えると、もうひと押し足りない感じの数字。
 重賞が思ったように伸びなかった(特にGⅡは3戦0.0%)のが敗因か。
 予想精度も相変わらずイマイチだし、このまま順調に数字が伸びるようには、
 とても思えない。まぁ、まだ始まったばかりだし、悲観ばかりしていても始まらないが…。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2017-01-28 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2017-01-29 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

ユウマさん、おはようございます。
重賞予想、どちらも人気順のような
本命予想になりました。
こういうときに限って、荒れたりするんですよね。
根岸Sは展開次第で勝ち馬がコロコロ変わってきそうですね。

第31回 根岸ステークス(GIII)
◎3番カフジテイク
○13番エイシンバッケン
▲14番キングズガード
△5番ベストウォーリア
×15番ベストマッチョ
注2番ラストダンサー

東京1400mの根岸Sは追い込み馬有利です。
GIでも好走したカフジテイクが本命です。
前走1800mより舞台が好転して
東京1400m戦は2戦2勝。持ちタイム1分22秒0も優秀です。
脚質的に差し損ねはあるが軸として期待です。
穴はラストダンサー、
ここ2走が強いので最後に押さえました。

第22回 シルクロードステークス(GIII)
◎5番ソルヴェイグ
○7番ダンスディレクター
▲10番ネロ
△12番ブランボヌール
×11番セイコウコウセイ


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/64822075

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」2017年第1開催を振り返って :

« 「新・中央競馬予想戦記」 2017-01-28 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2017-01-29 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ