« 2017年5月 | トップページ

「新・中央競馬予想戦記」 2017-06-25

6/17の結果
 3勝(ジューンS、小豆島特別、HTB杯) 1分(水無月S) 5敗
  回収率 82.3%
6/18の結果
 2勝(灘S、米子S) 1分(青梅特別) 6敗
  回収率 35.8%
  年間回収率 74.2%
  通算回収率 72.5%
 良いスタートを切ったな、と思ったら早速失速。
 まぁ、毎度こういう調子だから数字が伸びて行かないんでしょうけどね…。
 上半期最終週となる今週。なんとかGⅠを獲って後半戦に向けて弾みをつけたいが…。

東京09R 稲城特別(3上500万下 芝長 2点)
  ◎ ③ストロングレヴィル
  ○ ①サンデームーティエ
  ▲ ②ヴァンクールシルク

東京10R 清里特別(3上1000万下 D短 1点)
  ◎ ⑩サトノファンタシー
  ○ ⑮ファッショニスタ
  ▲ ⑪アイアムナチュラル
  △ ⑤ウラガーノ

東京11R パラダイスS(3上OP 芝短)
  ◎ ⑤グランシルク     惜しい競馬続く
  ○ ⑥コスモドーム     相手なりに走る
  ▲ ③ショウナンアチーヴ 鞍上にも期待

阪神08R 城崎特別(3上500万下 芝中 2点)
  ◎ ⑩トレジャートローヴ
  ○ ⑦スピリットソウル
  ▲ ①レインボーフラッグ

阪神09R 皆生特別(3上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ④ダイアナヘイロー
  ○ ⑦アグネスユーリア
  ▲ ⑥スマートグレイス

阪神10R 花のみちS(3上1600万下 D短 ①点)
  ◎ ②エイシンバランサー
  ○ ⑤モルジアナ
  ▲ ③ベック
  △ ⑧トウショウカウント

阪神11R 宝塚記念(3上GⅠ 芝中)
  ◎ ⑩キタサンブラック
  ○ ⑤シュヴァルグラン
  ▲ ⑧ミッキークイーン
  △ ⑥シャケトラ
  △ ②ゴールドアクター
  △ ①ミッキーロケット
 本命は、GⅠ連勝中の⑩で、人気的にも仕方ない。
 とはいえ、グランプリと相性が悪く(非根幹距離が苦手という話もあるようだが…)、
 またGⅠ連戦中ということで人気ほどは信用できない気もする。
 対抗には、どうにも勝ち切れない⑤。
 芸能人馬主が続くが、テイエムオペラオーvsメイショウドトウのように、
 人馬ともライバル関係と言えなくも無いし、堅実なレースぶりは評価できる。
 今度こそは、という思いも陣営にあるだろうし、人気的にはおいしい。
 3番手以下は混戦模様。
 近年連対が続く牝馬である⑧や、前走は度外視の⑥は、
 阪神コースと相性が良く一発逆転の要素も充分。
 古豪②は、やや終わった感もあるが距離相性自体は悪くない。
 ゆったり使ってる①は、持ち時計にも不安が残るが、
 それこそゆったり使われてるので状態面に余裕がありそうなので面白い。
 昨日の宣言通り、ココはワイドではなく、3連複◎○2頭軸流し(全4点)で買います。

阪神12R リボン賞(3上1000万下 D中 ①点)
  ◎ ③クリノリトミシュル
  ○ ⑩オースミラナキラ
  ▲ ④レッドディオーサ

函館10R 奥尻特別(3上500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑩ナイトオブナイツ
  ○ ⑧ダークネブラス
  ▲ ①ゼニステレスコープ

函館11R UHB杯(3上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ⑥デスティニーソング
  ○ ⑦ヴァッフシュテルケ
  ▲ ⑮シンフォニア

函館12R 津軽海峡特別(3上1000万下 D中 ①点)
  ◎ ⑤ハヤブサナンデダロ
  ○ ⑨エポック
  ▲ ⑦シンボリハミルトン

「新・中央競馬予想戦記」 2017-06-24

今日は、出先からの簡易書き込みとなります。
まずは、6/24&6/25の買い方は以下の通り。
東京:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
阪神:条件戦=複勝 OP以上=ワイド(宝塚記念を除く)
函館:条件戦=単勝 OP以上=馬連

東京08R 東京ジャンプS(3上JGⅢ 障害)
◎(03)ハギノパトリオット
◯(06)グッドスカイ
▲(02)スズカプレスト
△(05)ピースメーカー

東京09R 日野特別(3上500万下 D短 1点)
◎(06)エタニティーワルツ
◯(10)ケンコンイッテキ
▲(08)タイセイスペリオル

東京10R 八ケ岳特別(3上1000万下 芝中 1点)
◎(06)ベストリゾート
◯(03)リカビトス
▲(11)オンタケハート
△(05)シンボリタピット

東京11R 夏至S(3上1600万下 D短 ①点)
◎(04)シュナウザー
◯(10)レッドゲルニカ
▲(01)コアレスキング
△(14)ワンダーリーデル

阪神09R 京橋特別(3上1000万下 芝中 1点)
◎(07)ケンホファヴァルト
◯(03)アジュールローズ
▲(02)サトノメサイア

阪神10R 出石特別(3上500万下 芝短 1点)
◎(02)ダイメイフジ
◯(17)サプルマインド
▲(04)コパノピエール

阪神11R 垂水S(3上1600万下 芝中 1点)
◎(03)ミエノエクシード
◯(02)ハクサンルドルフ
▲(07)シルバーステート

函館10R 湯川特別(3上500万下 芝中 1点)
◎(11)オリエントワークス
◯(14)ホウオウドリーム
▲(09)ヤマニンリュウセイ

函館11R 大沼S(3上OP D中)
◎(08)テイエムジンソク
◯(06)メイショウスミトモ
▲(05)リーゼントロック

函館12R 長万部特別(3上500万下 芝短 ①点)
◎(01)コロラトゥーレ
◯(09)フレンチイデアル
▲(04)ミスドバウィ

「新・中央競馬予想戦記」 2017-06-18

東京09R 青梅特別(3上1000万下 D短 2点)
  ◎ ⑫イーグルフェザー
  ○ ⑯クインズサターン
  ▲ ②リヴェルディ

東京10R 芦ノ湖特別(3上1000万下 芝長 1点)
  ◎ ⑪ダノンキングダム
  ○ ③ソールインパクト
  ▲ ⑦サウンドメモリー
  △ ②ピンクブーケ

東京11R ユニコーンS(3歳GⅢ D短)
  ◎ ④リエノテソーロ
  ○ ⑤サヴィ
  ▲ ⑧サンライズノヴァ

阪神09R 箕面特別(3上1000万下 D短 1点)
  ◎ ⑭ノボリクリーン
  ○ ⑨コパノリスボン
  ▲ ②オウケンビリーヴ

阪神10R 灘S(3上1600万下 D中 1点)
  ◎ ⑨シャイニービーム
  ○ ⑧ナムラアラシ
  ▲ ④ロイヤルパンプ

阪神11R 米子S(3上OP 芝短)
  ◎ ⑥グァンチャーレ 前走評価して
  ○ ④ブラックムーン 鞍上も魅力
  ▲ ⑤ダノンメジャー  連勝機

函館10R 木古内特別(3上500万下 D中 ①点)
  ◎ ③コティニャック
  ○ ⑨ カイシュウキリシマ
  ▲ ⑤ショートストーリー

函館11R 函館スプリントS(3上GⅢ 芝短)
  ◎ ③キングハート
  ○ ⑫セイウンコウセイ
  ▲ ⑩シュウジ
  △ ⑥クリスマス
 本命は、今年に入って(2-1-1-0)と全て馬券に絡んでいる③。
 距離相性も良く、まさに充実期に入っている感じだが、
 問題は北海道シリーズ特有の「洋芝」への適性。
 適応できれば、勢いで一気の戴冠も充分と見るが…。
 対抗には、今年の高松宮記念を勝った⑫。
 それ以来の競馬となるので、調子の面が気がかりではあるが、
 勝負強さはありそうだし、いきなりでも地力上位であることに変わりはない。
 3番手は、数値上は④なのだが今回は年齢の要件でバッサリ。
 替わって、洋芝適性実証済みの2頭を推す。
 去年このレースで2着した⑩は、鞍上に武豊を迎え⑫への雪辱を誓う。
 函館コース3勝の⑥は、他ではパッとしなくても洋芝では一発の期待値が高く、
 今回も当然無視はできない。

函館12R 北斗特別(3上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ⑩エアビザレー
  ○ ⑥トレクァルティスタ
  ▲ ①ダブルイーグル

「新・中央競馬予想戦記」 2017-06-17

6/10の結果
 3勝(八王子特別、生田特別、安芸S) 3敗
  回収率 63.3%
6/11の結果
 4勝(エプソムC、三田特別、加古川特別、マーメイドS) 2敗
  回収率 155.0%
  年間回収率 75.0%
  通算回収率 72.5%
 日曜日の重賞ダブル的中などもあり、1カ月ぶりに年間回収率75%台を回復。
 もちろん、数字的には通過点ではあるが、この上昇局面を大事に育てていきたい。
 今週からは函館開催も加わり、いよいよ夏競馬も本格化。
 予想レース数も増えるが、その分的中数、的中額も増やしていきたい。
 6/17、6/18の買い方は以下の通り。
  東京:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
  阪神:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
  函館:条件戦=単勝 OP以上=枠連

東京09R 八丈島特別(3上500万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑨マンハイム
  ○ ④ミッシングリンク
  ▲ ①ペイドメルヴェイユ

東京10R 相模湖特別(3上1000万下 芝短 2点)
  ◎ ⑪ドーヴァー
  ○ ⑦エクラミレネール
  ▲ ⑧アルジャンテ
  △ ①ショウナンライズ

東京11R ジューンS(3上1600万下 芝中 1点)
  ◎ ⑤ヴォージュ
  ○ ③トーセンマタコイヤ
  ▲ ⑩スモークフリー

阪神09R 小豆島特別(3上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ⑥ワントゥワン
  ○ ④カイザーバル
  ▲ ①ラプソーディア

阪神10R 水無月S(3上1600万下 芝短 2点)
  ◎ ②ファインニードル
  ○ ⑩コウエイタケル
  ▲ ④ニシオボヌール

阪神11R 天保山S(3上OP D短)
  ◎ ⑤コウエイエンブレム 後ろからでも
  ○ ①スマートアヴァロン コース相性良好
  ▲ ⑧スーサンジョイ    持時計優秀

函館10R 駒ケ岳特別(3上500万下 芝長 1点)
  ◎ ⑪シャインブライト
  ○ ⑦ウインエクシード
  ▲ ⑨ヴァントシルム

函館11R HTB杯(3上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ⑪タマモブリリアン
  ○ ⑥フジノパンサー
  ▲ ⑨レーヴムーン

函館12R 遊楽部特別(3上500万下 芝中 ①点)
  ◎ ②メイショウミハル
  ○ ⑩エクストラファイン
  ▲ ⑦ミネット
  △ ⑥マサノマリリン

「新・中央競馬予想戦記」 2017-06-11

東京09R 小金井特別(3上1000万下 D短 1点)
  ◎ ⑨インフェルノ
  ○ ⑫チュラカーギー
  ▲ ⑬オホーツク
  △ ④ワンボーイ

東京10R 多摩川S(3上1600万下 芝短 1点)
  ◎ ①ストーンウェア
  ○ ⑩メートルダール
  ▲ ⑧マリオーロ

東京11R エプソムC(3上GⅢ 芝中)
  ◎ ⑩アストラエンブレム
  ○ ⑭タイセイサミット
  ▲ ⑦マイネルハニー
 本命&対抗はメイSの2着&1着馬を指名。
 ハンデ戦だった前走では斤量差があったが、今回は斤量差がなくなってるので、
 ⑩の逆転があると見た。もちろん、ともに騎手の質も高いし、連対率も高い。
 今回のメンバーの中ではやや抜けている印象もある。
 3番手以下が難解。
 数値上はメイS3着の⑨なのだが、相手なりに走れる一方、
 いちおうGⅠ勝ちの実績があるとはいえ、近走の内容は物足りない。
 連対率も高くなく、当てにしにくいわりには人気になりそうなので、旨みも無い。
 だったら、リフレッシュ効果にも期待して、重賞実績もある⑦の方が、
 同じ相手なりに走れる馬という意味では妙味有と見るが…。

阪神09R 三田特別(3上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ②ノーブルマーズ
  ○ ⑤ヴァフラーム
  ▲ ⑨ララエクラテール

阪神10R 加古川特別(3上1000万下 D中 1点)
  ◎ ④オースミラナキラ
  ○ ③クリノリトミシュル
  ▲ ⑧ローズストリート

阪神11R マーメイドS(3上GⅢ 芝中)
  ◎ ⑩マキシマムドパリ
  ○ ①アースライズ
  ▲ ②バンゴール
 牝馬限定戦だから仕方ない面はあるが、
 条件級が過半数を占めるという、およそ重賞とは思えないメンバー構成。
 本命は、数値上では④なのだが、
 重賞になると途端に勝負弱さを露呈してしまうので、今回は思い切ってバッサリ。
 替わって本命は、今年の愛知杯を勝っている⑩。
 去年のかもめ島特別(1000万下)以来の藤岡佑介騎手がどう出るか?
 対抗以下も混戦模様。
 対抗には、前走11カ月ぶりの自己条件戦を突破(それでも1600万下)した①。
 実力はありそうだが、健康面に不安があるのか間隔を空けて使われている。
 斤量も条件級にしては見込まれているので、ハンデキャッパーも力は認めてる馬。
 実力さえ発揮すれば、逆転も充分と見るが…。
 3番手候補としては、数値的には⑧が浮上するのだが、
 確かに距離相性こそ良さそうなものの、
 1600万下昇級初戦となった前走パールSがあまり良い内容ではないので、
 斤量に恵まれても勝ち負けは厳しいと見る。
 替わって採用するのは、パールSで⑧に先着(4着)した②。
 距離にも不安があるし、条件級なので不安も大きいが、
 ⑧と同斤量で出られるのは正直恵まれていると見るのだが…。

「新・中央競馬予想戦記」 2017-06-10

6/3の結果
 5勝(国分寺特別、麦秋S、戎橋特別、三木特別、鳴尾記念) 1分(稲村ヶ崎特別)
  回収率 294.4%
6/4の結果
 5勝(香港JCT、由比ヶ浜特別、三浦特別、鶴橋特別、グリーンS) 2敗
  回収率 61.1%
  年間回収率 74.1%
  通算回収率 72.5%
競馬番組的には大きな変化のある6月。
的中数的にはまずは順調なスタートを切ったと言えるだろう。
ただ、日曜日に関しては、当たったレース全てが複勝110円という堅い馬券なので、
回収率にはあまり反映されない。
それでも、予想が良い方向に向かってるのはいいことなので、
今後も続いてくれればいいんだけどねぇ…。
6/10、6/11の買い方は以下の通り。
 東京:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 阪神:条件戦=複勝 OP以上=ワイド

東京09R 江の島特別(3上1000万下 芝短 ①点)
  ◎ ③ポールヴァンドル
  ○ ⑤ベアインマインド
  ▲ ①ペルソナリテ
  △ ⑥カトルラポール

東京10R 八王子特別(3上1000万下 D中 ①点)
  ◎ ⑮プリンシアコメータ
  ○ ⑬クインズウィンダム
  ▲ ⑤マイネルビクトリー

東京11R アハルテケS(3上OP D短)
  ◎ ⑪ゴールデンバローズ 東京相性良好
  ○ ③アルタイル       地力上位
  ▲ ①ラインシュナイダー  安定感買って

阪神09R 生田特別(3上500万下 芝長 2点)
  ◎ ④メイショウタチマチ
  ○ ⑨サトノシャーク
  ▲ ⑩ニホンピロカーン

阪神10R 舞子特別(3上1000万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑥ドルチャーリオ
  ○ ④エントリーチケット
  ▲ ⑩スマートグレイス

阪神11R 安芸S(3上1600万下 D短 ①点)
  ◎ ③キャプテンシップ
  ○ ⑥カネトシビバーチェ
  ▲ ⑫ガンジー
  △ ⑤ブラインドサイド

「新・中央競馬予想戦記」 2017-06-04

東京09R ホンコンジョッキークラブトロフィー(3上500万下 芝中 1点)
  ◎ ②バルデス
  ○ ③チェスナットコート
  ▲ ⑤サーベラージュ

東京10R 由比ヶ浜特別(3上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ⑩ロワアブソリュー
  ○ ⑪モアナ
  ▲ ⑧ダノンハイパワー

東京11R 安田記念(3上GⅠ 芝短)
  ◎ ⑮イスラボニータ
  ○ ⑫[外]ビューティーオンリー
  ▲ ⑪ブラックスピネル
  △ ⑬ロジチャリス
  × ⑥レッドファルクス
 本命は、去年の5着馬⑮。それ以降の競馬内容の充実ぶりがウリ。
 東京コース4勝は、メンバー中トップタイ。復調気配で今年こそは勝ち負けだろう。
 対抗には、香港馬⑫を推す。
 左回りと坂に不安は残るが、⑯らを破って勝った2016香港マイルの内容を重視。
 持ち時計も悪くないので、少なくとも高速馬場には対応できそう。
 3番手以下は混戦。
 東京コースでは人気の一角⑧に先着して勝っている⑪をまず3番手に取るが、
 成績に安定感がある一方で乗り替わりが心配。
 4番手は、前走ダービー卿CTを勝って初重賞勝ちを果たした⑬だが、
 相手関係的にやや疑問が残る。
 5番手に、距離実績には疑問が残るが、
 日本馬では3頭しかいないGⅠ馬のうちの1頭である⑥。
 前走を評価して印を打つが、やはり距離がもつのかが問題だろう。
 今回の買い方は、
 3連複2頭軸(◎-○)の(▲、△、×)への流し3点勝負とする。

東京12R 三浦特別(3上1000万下 D短 ①点)
  ◎ ⑭シュナウザー
  ○ ⑤ジェイケイライアン
  ▲ ①ブルーボサノヴァ
  △ ⑧アルファアリエス

阪神09R 鶴橋特別(3上500万下 芝短 1点)
  ◎ ⑥キアロスクーロ
  ○ ②ステファンバローズ
  ▲ ⑥コパノピエール
  △ ⑧アサケハーツ

阪神10R 洲本特別(3上1000万下 D短 1点)
  ◎ ⑫ベルクリア
  ○ ⑦メイショウノボサン
  ▲ ⑯ワンダーリーデル

阪神11R グリーンS(3上1600万下 芝長 ①点)
  ◎ ②リッチーリッチー
  ○ ⑥スズカルパン
  ▲ ③レイズアスピリット
  △ ①クィーンチャーム

「新・中央競馬予想戦記」 2017-06-03

東京09R 国分寺特別(3上500万下 芝短 ①点)
  ◎ ②エンジニア
  ○ ⑫サンクロワ
  ▲ ⑨フローラデマリポサ

東京10R 稲村ヶ崎特別(3上1000万下 芝中 2点)
  ◎ ③ケンホファヴァルト
  ○ ⑦アジュールローズ
  ▲ ⑧スクエアフォールド

東京11R 麦秋S(3上1600万下 D短 1点)
  ◎ ⑥ベストマッチョ
  ○ ②オニノシタブル
  ▲ ⑭プリサイスエース

阪神09R 戎橋特別(3上500万下 芝短 ①点)
  ◎ ③ダイアナヘイロー
  ○ ⑬ビックリシタナモー
  ▲ ⑨トーセンクリス
  △ ⑫スナークスカイ

阪神10R 三木特別(3上1000万下 芝中 ①点)
  ◎ ③プリモンディアル
  ○ ④テオドール
  ▲ ⑥エーティーサンダー

阪神11R 鳴尾記念(3上GⅢ 芝中)
  ◎ ⑧スマートレイアー
  ○ ③マイネルフロスト
  ▲ ⑨ステイインシアトル
 頭数が少ない割には、みんなイマイチ決め手が無い感じで難解な一戦。
 いちおう本命は前走も惜しい内容だった⑧だが、
 このレース牝馬があまり良くないのと、この馬自体1800mまでしか
 勝利実績が無いのが不安要素。デムーロ騎手に頑張ってもらいたい。
 対抗には、前走惜しい内容だった③。
 2走ボケと成績の安定感の無さが気になるが、相手関係は悪くないと思う。
 3番手には、鞍上が武豊に戻って改めて期待の⑨。
 阪神コースとの相性は良さげだし、距離も向くと見る。

「新・中央競馬予想戦記」2017年第5開催を振り返って

①5/27、5/28の結果
 (1)5/27の結果
  2勝(葉山特別、欅S) 2分(京都ハイジャンプ白百合S) 3敗
   回収率 65.8%
 (2)5/28の結果
  3勝(東京優駿(日本ダービー)、薫風S、東大路S) 6敗
   回収率 152.9%
   年間回収率 71.7%
   通算回収率 72.4%

②開催を振り返って
 (1)重賞は、GⅠだけ100%越えで、GⅢなんか散々
  (全体:15戦46.6% GⅢ:3戦0.0% GⅡ:7戦29.3% GⅠ:5戦111.9%)
 (2)1600万下が良かった
  (24戦通算 126.3%)
 (3)ダートは、短距離と中長距離で明暗が分かれる
  (全体:32戦75.4% 短:17戦95.0% 中長:15戦43.0%)
 (4)500万下が数字伸びず
  (25戦通算 38.6%)
 (5)芝は、短距離が若干足を引っ張った
  (全体:80戦62.4% 短:32戦48.2% 中:34戦69.1% 長:14戦81.8%)

③開催総括
 開催回収率は65.8%と、若干持ち直しては来ているものの、
 年頭2開催の水準にはまだまだ及ばない。
 突出して悪い点こそ無いが、全体としてあまり数字が伸びてきてないということ。
 通算回収率など、長年の蓄積で見事に平準化されてきているし、
 自分のやり方そのものがマンネリズムに陥っている感すらある。
 競馬予想に時間をかければまた変わるのかもしれないが、
 それができるならとっくにやってるわけで…。

④6/3、6/4の買い方
 東京:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 阪神:条件戦=複勝 OP以上=ワイド

« 2017年5月 | トップページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ