« 「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-08 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-14 »

「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-09

東京09R 山中湖特別(3上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ③ナムラムラサキ
  ○ ⑩エッジースタイル
  ▲ ①ベアインマインド
  △ ⑧ペイドメルヴェイユ

東京10R 六社S(3上1600万下 芝長 1点)
  ◎ ⑤ワールドレーヴ
  ○ ③ペンタトニック
  ▲ ⑥ケンホファヴァルト
  △ ②ブライトバローズ

東京11R グリーンチャンネルC(3上OP D短)
  ◎ ⑨ラインシュナイダー  距離相性も良好
  ○ ⑧アキトクレッセント   OPなら
  ▲ ⑩マイネルバールマン そろそろ走り頃

京都09R 円山特別(3上1000万下 D短 ①点)
  ◎ ⑪ゼンノサーベイヤー
  ○ ⑥ゼットパール
  ▲ ⑤タマモコーラス
  △ ⑯サザンボルケーノ

京都10R 大原S(3上1600万下 芝中 2点)
  ◎ ⑥ストーンウェア
  ○ ④トーセンマタコイヤ
  ▲ ③マウントゴールド

京都11R 京都大賞典(3上GⅡ 芝長)
  ◎ ⑤ミッキーロケット
  ○ ③シュヴァルグラン
  ▲ ④スマートレイヤー
 毎日王冠ほどではないが、
 このレースも重賞連対以上がおおむね連対の条件となる。
 とはいえ、ポイントトップの④は牝馬の上に7歳という高齢。
 ちょっと本命視しにくいので、3番手とする。
 代わって本命視するのは、同じ条件の日経新春杯を勝っている⑤。
 阪神でのGⅠ2戦ではともに掲示板外だったが、
 もともと平坦馬場でしか勝ってない馬なので、今回は当然好条件と言えるだろう。
 対抗には、長いところでの力には定評のある④。
 鞍上も今回はテン乗りとはいえ頼れるデムーロ騎手。ココは勝負駆けと見るが…。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-08 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-14 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-09:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-08 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-14 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ