« 「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-21 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-28 »

「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-22

東京09R くるみ賞(2歳500万下 芝短 1点)
  ◎ ①マイティーワークス
  ○ ③モルトアレグロ
  ▲ ④[地]マコトコウボウ
東京10R 甲斐路S(3上1600万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑧ハクサンルドルフ
  ○ ①プロフェット
  ▲ ②スモークフリー
東京11R ブラジルC(3上OP D中)
  ◎ ④サンライズソア    相手なりに走る
  ○ ⑧モンドアルジェンテ 安定感買って
  ▲ ⑮スリータイタン    自力上位
京都08R なでしこ賞(2歳500万下 D短 ①点)
  ◎ ⑦マッスルマサムネ
  ○ ⑥マイネルオスカル
  ▲ ③オーヴァーライト
  △ ⑧ハヤブサマカオー
京都09R 堀川特別(3上1000万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑩テーオービクトリー
  ○ ④フロムマイハート
  ▲ ⑧アルメリアブルーム
京都10R 桂川S(3上1600万下 芝短 1点)
  ◎ ②ペスカネラ
  ○ ⑦オーヴィレール
  ▲ ⑫アドマイヤナイト
京都11R 菊花賞(3歳GⅠ 芝長)
  ◎ ⑯アルアイン
  ○ ⑨クリノヤマトオー
  ▲ ⑫ミッキースワロー
  △ ⑬キセキ
 世界的にも貴重になってきた「特殊な距離」のレース。
 数値上の本命は⑫なのだが、グレード制移行以降いくつかの例外を除いて
 「中山芝2200m」で行われてきたセントライト記念組よりも、
 最近「阪神芝2400m」に変わった同じトライアルの神戸新聞杯と比べても、
 馬券に絡む率が低いのが非常に気がかり。
 また、かつてない不良馬場ということもあり、今回は皐月賞馬⑯をまず本命視し,
 ⑫は3番手止まりとする。
 ⑯本命視の理由は、よく「皐月賞馬vsダービー馬」の菊花賞
 皐月賞馬の方が分がいい例があるように、レース数も多い「中山芝2000m」の実績が
 ものを言うと考えたことと、重実績を重視した結果。
 ⑫を3番手に落としたのは、このレースは京都実績の方が実は重要と見たから。
 そこで対抗には,OP2着の実績もあって、前走京都で勝っている、
 しかも連勝中の⑨を推す。
 テン乗りなのは気になるが、勢いを買ってみることとする。
 あとは、神戸新聞杯最先着の⑬を押さえておく。
 
京都12R 大山崎特別(3上1000万下 D短 1点)
  ◎ ②アスタースウィング
  ○ ⑫アードラー
  ▲ ③テンモース
新潟10R 浦佐特別(3上500万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑦ブルークランズ
  ○ ②シンギュラリティ
  ▲ ⑨ウインテンダネス
  △ ③ジュニエーブル
新潟11R 北陸S(3上1600万下 D短 ①点)
  ◎ ⑥ゼンノサーベイヤー
  ○ ⑮ディオスコリダー
  ▲ ⑪ハングリーベン
新潟12R 鳥屋野特別(3上500万下 芝短 1点)
  ◎ ⑦トウショウジャイロ
  ○ ③コスモフレンチ
  ▲ ⑰ケルベロス

« 「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-21 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-28 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-22:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-21 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2017-10-28 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ