« 「新・中央競馬予想戦記」2017年第11開催を振り返って | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2017-12-03 »

「新・中央競馬予想戦記」 2017-12-02

中山08R イルミネーションジャンプS(3上JOP 障害)
  ◎ ②マイネルプロンプト 連勝機
  ○ ③ミヤジタイガ     無事飛越すれば
  ▲ ④シベリアンタイガー 実績評価して
  △ ⑨クランモンタナ    地脚は抜群

中山09R 葉牡丹賞(2歳500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑨マイネルファンロン
  ○ ②クレディブル
  ▲ ⑤キングスヴァリュー
  △ ⑥ジェネラーレウーノ

中山10R 北総S(3上1600万下 D中 2点)
  ◎ ⑪トウカイエントリー
  ○ ⑤ロードシャリオ
  ▲ ④ファドーグ

中山11R ステイヤーズS(3上GⅡ 芝長)
  ◎ ⑨アルバート
  ○ ⑦プレストウィック
  ▲ ②フェイムゲーム
 本命は、このレース2連覇中の⑨で仕方ないだろう。
 ある意味問題なのは「3連覇が難しい」という事実ぐらいなもの。
 対抗、3番手も外人騎手騎乗馬で行く。
 実績面では②の方がだいぶ上なのだが、
 ダイヤモンドSには4年連続で出走してるのに、このレースには実は初出走。
 しかも、8歳や10歳の勝馬もいるこのレースで、
 勝ち馬どころか過去最高着順が3着の7歳馬。買わないわけには行かないが、
 同等評価の馬がもう1頭いる以上、対抗評価とは行きにくい。
 その同等評価の馬は、シュタルケ騎手騎乗の⑦。
 いちおう、出走経験もあるし(持ち時計は足りてないが…)、
 重賞実績も無いが(連対馬まで入れても、メンバー中では3頭しかいないが)、
 この「特殊な距離」には対応できると見るので、今回は対抗に抜擢してみた。

阪神09R シクラメン賞(2歳500万下 芝中 1点)
  ◎ ④リュクスポケット
  ○ ⑥ダノンフォーチュン
  ▲ ⑤オブセッション
  △ ⑦トゥラヴェスーラ

阪神10R 御影S(3上1600万下 D短 1点)
  ◎ ⑭ラユロット
  ○ ⑧オニノシタブル
  ▲ ⑤プレスティージオ
  △ ②ハングリーベン

阪神11R チャレンジC(3上GⅢ 芝中)
  ◎ ⑥ブレスジャーニー
  ○ ③サトノクロニクル
  ▲ ②メドウラーク
  △ ④[地]スーパーマックス
 本命は、長期休み明けを1つ叩いた⑥。
 久しぶりもそうだったが、さすがにこの馬にいきなり3000mは厳しかったことだろう。
 前走の成績は度外視していいと見る。
 今回は、ひと叩きした上積みを重く評価したい。
 対抗以下は混戦。
 ポイント的にはカク地の④が対抗なのだが、
 いちおう芝1800mの時計だけ見れば充分戦えそうだが、
 芝実績のないカク地馬にそんな重い印を打つのは怖いので、
 今回は4番手評価とする。
 3番手集団には、今回印を打った③や②以外にも⑦や⑧が食い込んでくるのだが、
 ⑦はOP実績が無い上に牡馬相手が苦しいのは前走でも証明されたし、
 ⑧に至っては「まだ走ってるの?」ぐらいの厳しい内容。
 よって、対抗に鞍上も期待できる③、
 3番手には前走評価できる②をそれぞれ推すこととする。

中京10R 寒椿賞(2歳500万下 D短 ①点)
  ◎ ⑨ミスターメロディ
  ○ ④タマスカイブルー
  ▲ ③タガノタイト

中京11R 浜松S(3上1600万下 芝短 2点)
  ◎ ⑩エントリーチケット
  ○ ⑭ニシオボヌール
  ▲ ⑰スマートカルロス

中京12R 豊川特別(3上500万下 芝短 1点)
  ◎ ①レッドイグニス
  ○ ⑪レッドオルガ
  ▲ ⑩トーホウスペンサー
  △ ⑨リライアブルエース

« 「新・中央競馬予想戦記」2017年第11開催を振り返って | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2017-12-03 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/66111975

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2017-12-02:

« 「新・中央競馬予想戦記」2017年第11開催を振り返って | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2017-12-03 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ