« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

「新・中央競馬予想戦記」 2018-01-28

東京09R セントポーリア賞(3歳500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑫リビーリング
  ○ ⑤ウォルビスベイ
  ▲ ⑧ダークナイトムーン

東京10R 早春S(4上1600万下 芝長 1点)
  ◎ ⑧チェスナットコート
  ○ ⑤グランドサッシュ
  ▲ ⑪ホウオウドリーム

東京11R 根岸S(4上GⅢ D短)
  ◎ ⑦キングズガード
  ○ ②アキトクレッセント
  ▲ ⑫[地]ブルドッグボス
  △ ⑪[地]ラブバレット
 中央勢が軒並みB級メンバーで、
 元中央馬でOP勝ちもあるカク地の⑫はともかく、
 前走統一重賞で2着入りした⑪辺りも充分通用しそうな相手関係。
 カク地勢は、やや評価を控えめにしているが、⑫は鞍上にも期待できそうだし、
 ⑪は距離相性が良さそうなので勝ち負け充分。
 対する中央勢を本命&対抗に推すわけだが、
 本命は距離相性が良い⑦。
 前走は、この馬にとってはやや距離の長そうなGⅠ戦で、
 着外とはいえコンマ5秒差と着差的には悪くない内容。
 着実に力をつけてきている証拠と見る。
 対抗には、前走勝ちで勢いに乗る②。
 鞍上が若いのが気になる点ではあるが、実績は充分に積んでいるので、
 鞍上との相性は問題なさそう。前めでも競馬できそうなので枠順も問題無いだろう。

京都09R 若菜賞(3歳500万下 芝短 1点)
  ◎ ③オジョーノキセキ
  ○ ⑥タイセイソニック
  ▲ ⑫メジャーレート

京都10R 飛鳥S(4上1600万下 芝中 2点)
  ◎ ⑥レーヌドブリエ
  ○ ④ナイトオブナイツ
  ▲ ③ポルトドートウィユ
  △ ⑨テーオービクトリー

京都11R シルクロードS(4上GⅢ 芝短)
  ◎ ⑮ナックビーナス
  ○ ⑨キングハート
  ▲ ⑧ダイアナヘイロー
  △ ⑦セイウンコウセイ
 本命は、いちおう⑮にしたのだが、正直この馬は坂があった方が信頼感が高いので、
 今回はさほど強い推しではない。
 5番手辺りの馬が多過ぎて、相手探しが面倒になったせいもある。
 対抗には、間隔は空いているが前走着差的には惜しい内容だった⑨。
 鞍上も、全5勝中4勝を挙げている中谷騎手に戻って、さらに期待できそう。
 3番手には、これも休み明けだが北九州記念では⑨に先着して勝っている⑧。
 預託先の調教師が勇退ということで「忖度」も働きそうだし、鞍上も期待値が高い。
 あとは、去年高松宮記念を勝った⑦が、4~5番手集団の中では
 実績最上位ということで押さえておく。

中京10R 西尾特別(4上500万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑨エレクトロニカ
  ○ ③ラブリーアモン
  ▲ ⑥マンハイム
  △ ⑩アドマイヤアロマ

中京11R 長篠S(4上1600万下 芝短 1点)
  ◎ ④アドマイヤナイト
  ○ ⑥アルマエルナト
  ▲ ⑦ダイメイプリンセス

中京12R 大須特別(4上1000万下 D短 1点)
  ◎ ⑪ビバラビダ
  ○ ⑦アグネスエーデル
  ▲ ⑮アデレードヒル

「新・中央競馬予想戦記」 2018-01-27

東京09R 銀蹄S(4上1600万下 D短 2点)
  ◎ ②タイセイエクレール
  ○ ⑫スマートダンディ
  ▲ ⑧ハルクンノテソーロ
  △ ⑪ラユロット

東京10R クロッカスS(3歳OP 芝短)
  ◎ ⑧ミッキーワイルド
  ○ ③マドモアゼル
  ▲ ②アンブロジオ
  △ ⑥ムスコローソ

東京11R 白富士S(4上OP 芝中)
  ◎ ⑦スズカデヴィアス  関東が合う
  ○ ⑧テオドール      鞍上にも期待
  ▲ ①プラチナムバレット 実績上位

京都08R 牛若丸ジャンプS(4上JOP 障害)
  ◎ ③グッドスカイ    近走内容充実
  ○ ⑥ドリームハヤテ  前走評価して
  ▲ ④タマモプラネット 距離実績買って
  △ ⑤ミヤジタイガ   地脚は高い

京都09R 梅花賞(3歳500万下 芝長 2点)
  ◎ ⑦エタリオウ
  ○ ⑧ジェシー
  ▲ ⑥ウォーターパルフェ

京都10R 木津川特別(4上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ①ドゥーカ
  ○ ⑧トゥザクラウン
  ▲ ⑪タガノアズワド
  △ ⑦ティーエスクライ

京都11R 北山S(4上1600万下 D中 1点)
  ◎ ⑧サトノプライム
  ○ ④ザイディックメア
  ▲ ⑨ジュンスパーヒカル

中京10R はこべら賞(3歳500万下 D短 1点)
  ◎ ⑪グリム
  ○ ⑥[地]クルセイズスピリツ
  ▲ ③バイラ
  △ ⑯スーパーアキラ

中京11R 中京スポーツ杯(4上1000万下 芝短 ①点)
  ◎ ①タケショウベスト
  ○ ⑨ジョイフル
  ▲ ⑰オフクヒメ

中京12R 鞍ヶ池特別(4上500万下 芝短 1点)
  ◎ ⑩エイシンスレイマン
  ○ ⑧リライアブルエース
  ▲ ①カレンオプシス

「新・中央競馬予想戦記」2018年第1開催を振り返って

①1/20、1/21の結果
 (1)1/20の結果
  2勝(東雲賞、すばるS) 2分(初茜賞、アレキサンドライトS) 5敗
   回収率 76.1%
 (2)1/21の結果
  1勝(若竹賞) 8敗
   回収率 6.1%
   年間回収率 47.7%
   通算回収率 71.8%

②開催を振り返って
 (1)芝戦は、中距離以上がダメ
  (全体:36戦51.1% 短:18戦75.2% 中:15戦25.2% 長:3戦0.0%)
 (2)ダート戦も、中距離以上があまり良くない
  (全体:18戦43.7% 短:8戦52.1% 中長:10戦33.8%)
 (3)開催途中とはいえ、中京の成績が悪過ぎる
  (12戦通算 5.8%)

③開催総括
 今年最初の開催ということで、年間=開催回収率の状態。
 よって開催回収率は割愛するが、こんなに悪い立ち上がりは初めてかも。
 京都開催は、おおむね今まで通りの成績が出てるので、
 次開催もまぁそれなりに回れるだろうが、
 残り1週とはいえ中京が本当に悪い。1週でなくなるのが、次開催の救いかも。
 とはいえ、投稿開催はあまり得意じゃないので、次開催も苦戦が予想される。

④1/27、1/28の買い方
 東京:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 京都:条件戦=単勝 OP以上=3連複4頭BOX
 中京:条件戦=複勝 OP以上=ワイド

「新・中央競馬予想戦記」 2018-01-21

中山09R 若竹賞(3歳500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑥ディロス
  ○ ⑧バケットリスト
  ▲ ③レノヴァール

中山10R 頌春賞(4上1000万下 D短 2点)
  ◎ ⑫ポップシンガー
  ○ ①エネルムサシ
  ▲ ⑪シルバーストーン

中山11R アメリカジョッキークラブC(4上GⅡ 芝中)
  ◎ ⑧ショウナンバッハ
  ○ ③ミッキースワロー
  ▲ ⑤ゴールドアクター
  △ ①レジェンドセラー
 ポイント上のトップは①なのだが、いかにも実績不足。
 鞍上も怖いので一応押さえておくが、勢いだけで勝てるレースではない。
 代わって本命視するのは、コレはどちらかというと連軸向きだが、
 着差的には惜しい競馬の続く⑧。
 ダートでも走れるぐらいパワーのある馬なので、
 力勝負になりやすい中山は本来向くはず。
 鞍上も、本気を出せば決め手のある戸崎騎手に戻ったので、今回こそ。
 対抗&3番手には休み明けの馬をチョイス。
 期間の短い明け4歳馬③は、中山コース3戦2勝と相性が良さげ。
 小回りが向きそうな馬だし、鞍上の手腕にも期待したい。
 実績上位の⑤は、半年の休み明けがやはり気になるところではあるが、
 実績だけ見れば能力だけで勝ってもおかしくない、はず…。

京都09R 睦月賞(4上1000万下 芝長 ①点)
  ◎ ⑥ウインヴォラーレ
  ○ ⑦サトノリュウガ
  ▲ ⑧ショウボート
  △ ⑬ストンライティング

京都10R 山科S(4上1600万下 D短 ①点)
  ◎ ④オウケンビリーヴ
  ○ ①グラップユアコート
  ▲ ⑩リモンディ

京都11R 石清水S(4上1600万下 芝短 1点)
  ◎ ⑦クライムメジャー
  ○ ⑥ロイヤルストリート
  ▲ ④レインボーフラッグ

中京10R 恋路ヶ浜特別(4上1000万下 芝中 2点)
  ◎ ⑫トータルソッカー
  ○ ④マテンロウゴースト
  ▲ ⑧エーティーサンダー

中京11R 東海S(4上GⅡ D中)
  ◎ ⑧テイエムジンソク
  ○ ⑫ドラゴンバローズ
  ▲ ①ローズプリンスダム
 本命は、やや迷って⑧。
 このレース、GⅠ2着馬にとってあまり相性の良いレースではないのだが、
 格付け的には川崎記念の裏番組的な関係にならなくもないので、
 じつは出走母数自体が少ないと踏んで、
 今回は近走内容から見ても推さざるを得ないとして本命視。
 あとは、例えば対抗の⑫を代わりに本命視できるか、という理由も大きい。
 その⑫は、前走の内容があまり良くないが、
 左回りは相性が良さそうなので、今回は改めて期待ということで…。
 3番手の①は、⑧を除けば実績上位の部類に入るので、
 前走は度外視して推してみる。休み明け3走目と走り頃でもある。

中京12R 蒲郡特別(4上500万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑯ポルボローネ
  ○ ①シャインサンデー
  ▲ ⑱ブラウンローズ

「新・中央競馬予想戦記」 2018-01-20

1/13の結果
 2勝(淀短距離S、庄内川特別) 7敗
  回収率 66.3%
1/14の結果
 9敗
  回収率 0.0%
  年間回収率 50.5%
  通算回収率 72.0%
1/14のボウズが、先週の全てと言っていいだろう。
毎年、第1回債は探り探りな面ががあるにはあるんだが、
それにしても、さすがにボウズはダメージが大きい。
今週は巻き返して行きたいが、どうだろうかねぇ…。
1/20、1/21の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 京都:条件戦=単勝 OP以上=馬連
 中京:条件戦=複勝 OP以上=馬連

中山09R 初茜賞(4上1000万下 D中 2点)
  ◎ ⑨ハイランドピーク
  ○ ⑧ニーマルサンデー
  ▲ ⑩リヴェルディ

中山10R 東雲賞(4上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ③モアナ
  ○ ⑪エクラミレネール
  ▲ ⑬レッドイグニス

中山11R アレキサンドライトS(4上1600万下 D中 2点)
  ◎ ⑥クロフネビームス
  ○ ⑯フェニックスマーク
  ▲ ①トウカイエントリー

京都09R 祇園特別(4上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ⑧バリス
  ○ ①ロライマ
  ▲ ②キアロスクーロ
  △ ⑦サフランハート

京都10R 若駒S(3歳OP 芝中)
  ◎ ⑧スーパーフェザー
  ○ ⑥フォックスクリーク
  ▲ ④ケイティクレバー

京都11R すばるS(4上OP D短)
  ◎ ⑯コウエイエンブレム 京都なら
  ○ ⑮ラインシュナイダー 鞍上にも期待
  ▲ ④ラテンロック      相手なりに走る
  △ ⑨ドライヴナイト    勢い侮れず

中京10R なずな賞(3歳500万下 芝短 1点)
  ◎ ①アーデルワイゼ
  ○ ②アリア
  ▲ ④アトレヴィード
  △ ⑪ロードラナキラ

中京11R 中京スポニチ賞(4上1000万下 D中 ①点)
  ◎ ②フォースライン
  ○ ⑨テイエムコンドル
  ▲ ①アガスティア

中京12R 熱田特別(4上500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑯リリーモントルー
  ○ ⑤マイネルツィール
  ▲ ⑩フォーラウェイ

「新・中央競馬予想戦記」 2018-01-14

中山09R 初春S(4上1600万下 D短 ①点)
  ◎ ⑪スズカグラーテ
  ○ ⑬コパノマイケル
  ▲ ⑭リンガスウーノ

中山10R ニューイヤーS(4上OP 芝短)
  ◎ ⑥ダノンプラチナ    実績上位
  ○ ⑩アデイインザライフ 安定感はある
  ▲ ⑧ペイシャフェリス   1つ叩いて

中山11R 京成杯(3歳GⅢ 芝中)
  ◎ ⑪ライトカラカゼ
  ○ ⑮ジェネラーレウーノ
  ▲ ⑦エイムアンドエンド

京都09R 雅S(4上1600万下 D中 1点)
  ◎ ⑤シロニイ
  ○ ②ショートストーリー
  ▲ ④スルターナ

京都10R 紅梅S(3歳OP 芝短)
  ◎ ①シグナライズ
  ○ ⑧モルトアレグロ
  ▲ ⑨カーティバル
  △ ⑦ピエナミント

京都11R 日経新春杯(4上GⅡ 芝長)
  ◎ ⑧ミッキーロケット
  ○ ⑦パフォーマプロミス
  ▲ ③モンドインテロ
 ポイント的には⑦がトップなのだが、いくらデムーロ騎手が騎乗とはいえ、
 過去2度しか連対していない1600万下勝ちしたOP未経験馬で、
 しかも勝ててない方の54㎏(2007トウカイエリート)なので、
 ハンデキャッパーもそこまでのこの馬の能力は買ってないと見る。
 鞍上が怖いので、対抗評価とする。
 本命は、前年の勝馬⑧。
 前走2着で復調気配だし、実績上位のメンバーとは勝負付けも済んでいる。
 前年より頭数も減っており、連覇に向けて好材料が多い。
 3番手には、前年の3着馬③。
 鞍上は⑦同様に怖いし、前走も同じ鞍上で評価できる内容。
 前年以上の順にも望めそうだ。

中京10R ごぎょう賞(3歳500万下 D短 1点)
  ◎ ③クリノイダテン
  ○ ⑫マニクール
  ▲ ①シキシマ

中京11R 知立特別(4上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ⑬ヒルノマゼラン
  ○ ②アイファープリティ
  ▲ ⑩オメガタックスマン
  △ ⑮イノバティブ

中京12R 金山特別(4上500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑩キャリアベスト
  ○ ②バリオラージュ
  ▲ ⑪コールストーム

「新・中央競馬予想戦記」 2018-01-13

1/6の成績
 1勝(福寿草特別) 2分(ジュニアC,初夢S) 3敗
  回収率 43.1%
1/7の成績
 4勝(サンライズS,フェアリーS,舞鶴特別,寿S) 2敗
   回収率 158.6%
1/8の結果
  2勝(迎春S,許波多特別) 5敗
   回収率 17.5%
   年間回収率 71.2%
   通算回収率 72.1%
3日間でならしたら、結局いつも通りだったっていうね…。
1/7ぐらい毎回当たってたら文句なし、と言いたいところなんだけど、
いくら「じゃない方」ありきで買ってるとはいえ,やっぱり予想してる以上、
できればバチッと当てたいし、
なんだったら中山なんかワイドの方が成績が良いぐらいだし…。
というわけで、1/13と1/14の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 京都:条件戦=単勝 OP以上=馬連
 中京:条件戦=複勝 OP以上=馬連

中山09R 菜の花賞(3歳500万下 芝短 1点)
  ◎ ⑨ジョブックコメン
  ○ ④ラソワドール
  ▲ ②オハナ

中山10R 初富士S(4上1600万下 芝中 ①点)
  ◎ ②バルデス
  ○ ③コスモナインボール
  ▲ ⑤クラウンディバイダ
  △ ④ウイングチップ

中山11R ジャニュアリーS(4上OP D短)
  ◎ ⑧アールプロセス  相手なりに走る
  ○ ①ドラゴンゲート   好枠引いた
  ▲ ⑦ベストマッチョ   前走評価して
  △ ⑪ヒカリブランデー 鞍上面白い

京都09R 北大路特別(4上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ⑦タンタグローリア
  ○ ⑥タガノアズワド
  ▲ ⑤ブルークランズ

京都10R 新春S(4上1600万下 芝短 1点)
  ◎ ①ヒースインラブ
  ○ ⑥ミリッサ
  ▲ ③ロジクライ
  △ ⑨レーヌドブリエ

京都11R 淀短距離S(4上OP 芝短)
  ◎ ⑩ラインスピリット   前走評価して
  ○ ⑨ダイシンサンダー  鞍上戻って
  ▲ ⑧アクティブミノル   実績上位
  △ ③グレイトチャーター 関西に戻って
 
中京10R 庄内川特別(4上500万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑬ダノンブライト
  ○ ⑧タイセイブレーク
  ▲ ⑫キャスパリーグ

中京11R 愛知杯(4上GⅢ 芝中)
  ◎ ⑧レイホーロマンス
  ○ ⑦マキシマムドパリ
  ▲ ①ゲッカコウ
 本命は,あえて格上挑戦の⑧を抜擢。
 斤量的にはいちおう過去に実績があるし、
 中京実績もあるので今回は期待できそうだ。
 対抗には,去年のこのレースの勝馬⑦。実績上位でもあるし、逆転も当然。
 3番手には、ポイント的には8と同等の①。
 しかし、いくら前走2着とは言えやや斤量的には見込まれ過ぎてる感もあるし、
 左回りでいまいち成績も上がってないので、今回は3番手止まり。

中京12R 伊良湖特別(4上1000万下 D短 ①点)
  ◎ ②クラシコ
  ○ ④ヴィーナスフローラ
  ▲ ⑫カネノイロ

「新・中央競馬予想戦記」 2018-01-08

中山08R 中山新春S(4上JOP 障害)
  ◎ ③ジュールドトネール 相手なりに走る
  ○ ①ウエスタンレベッカ  地脚高い
  ▲ ⑨ゼンノトライブ     前走評価して

中山09R 成田特別(4上1000万下 D長 1点)
  ◎ ⑤タスクフォース
  ○ ④バレッティ
  ▲ ⑪デアリングアイデア

中山10R 迎春S(4上1600万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑥ノーブルマーズ
  ○ ⑨エクセレンスミスズ
  ▲ ②ウムブルフ
  △ ①エリモジパング

中山11R カーバンクルS(4上OP 芝短)
  ◎ ⑥ナックビーナス  相手なりに走る
  ○ ⑤アドマイヤゴッド 前走評価して
  ▲ ⑦コスモドーム   持時計評価して

京都09R 許波多特別(4上1000万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑧チェスナットコート
  ○ ⑩エーティーサンダー
  ▲ ⑦ダノンディスタンス
  △ ②シンギュラリティ

京都10R 羅生門S(4上1600万下 D短 1点)
  ◎ ⑩スマートレイチェル
  ○ ③キセキノケイフ
  ▲ ⑮タイセイエクレール

京都11R シンザン記念(3歳GⅢ 芝短)
  ◎ ①スターリーステージ
  ○ ②ファストアプローチ
  ▲ ⑪カシアス
  △ ⑦ツヅミモン

「新・中央競馬予想戦記」 2018-01-07

中山09R サンライズS(4上1600万下 芝短 1点)
  ◎ ⑬アルマエルナト
  ○ ③ロードセレニティ
  ▲ ⑧アッラサルーテ

中山10R ポルックスS(4上OP D中)
  ◎ ⑯センチュリオン 中山相性良好
  ○ ⑮ブレスアロット  連勝の勢いで
  ▲ ⑥リアファル    Dでも走れる

中山11R フェアリーS(3歳GⅢ 芝短)
  ◎ ⑩スカーレットカラー
  ○ ⑬レッドベルローズ
  ▲ ②デュッセルドルフ
  △ ⑥ジョブックコメン

京都09R 舞鶴特別(4上1000万下 D中 1点)
  ◎ ③アスターゴールド
  ○ ⑬フォンターナリーリ
  ▲ ②スペリオルシチー

京都10R 寿S(4上1600万下 芝中 1点)
  ◎ ③エアウィンザー
  ○ ⑦トリオンフ
  ▲ ②スズカルパン

京都11R 万葉S(4上OP 芝長)
  ◎ ⑨ラブラドライト    長距離実績重視
  ○ ⑤タマモベストプレイ 平坦は向く
  ▲ ⑦リッジマン       OP実績一応有

2018競馬始 「新・中央競馬予想戦記」 2018-01-06

まずは、1/6、1/7、1/8の買い方から。
 中山:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 京都:条件戦=複勝 OP以上=枠連

中山09R 招福S(4上1600万下 D中 1点)
  ◎ ②イーストオブザサン
  ○ ⑫エネスク
  ▲ ④スペルロマン

中山10R ジュニアC(3歳OP 芝短)
  ◎ ④テンクウ
  ○ ⑦パルマリア
  ▲ ⑧イルルーメ

中山11R 中山金杯(4上GⅢ 芝中)
  ◎ ①ウインブライト
  ○ ⑩タイセイサミット
  ▲ ⑪ストレンジクォーク
 伝統のハンデ戦にして、競馬界の新春名物。
 ポイント的には⑪がトップなのだが、実績面に不安もあるので、
 今回は3番手止まり。とはいえ、地の利はあるので侮れない。
 代わって本命には、明け4歳の①。
 脚質的に枠順がやや気になるところではあるが、
 前走は差追不利の福島にうまく対応して勝ち切ったので、
 その器用さを見せれば重賞連勝も充分あると見る。
 対抗には、休み明けを1つ叩いた⑩。
 重賞では今のところパッとしないが、力勝負向きっぽいので、
 今回は上積み込みで期待したいところ。

京都09R 福寿草特別(3歳500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑥ドミナートゥス
  ○ ①ウォルビスベイ
  ▲ ⑦サラス

京都10R 初夢S(4上1600万下 D中 2点)
  ◎ ③テンザワールド
  ○ ⑨マイネルオフィール
  ▲ ⑩テルペリオン

京都11R 京都金杯(4上GⅢ 芝短)
  ◎ ②ラビットラン
  ○ ⑫ウインガニオン
  ▲ ⑪キョウヘイ
 ポイント的には⑫がトップなのだが、
 このレースでは重賞勝馬では57㎏超では勝てないので、今回は対抗止まり。
 とはいえ、ひと叩きした後なので、もちろん軽視できない。
 代わって本命には、コチラも明け4歳の②。
 牝馬限定戦とはいえ、前走の内容は悪くないし、
 相手なりに走れそうなので、連軸として良さげ。
 3番手候補自体は多いが、決め手のありそうな⑪のみを推す。
 平坦馬場に戻るので、改めて期待したい。

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ