« 「新・中央競馬予想戦記」 2018-03-10 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2018-03-17 »

「新・中央競馬予想戦記」 2018-03-11

中山09R 館山特別(4上1000万下 芝中 2点)
  ◎ ④サブライムカイザー
  ○ ⑥エフティスパークル
  ▲ ⑨スズカヴァンガード
  △ ⑬ベイビーステップ

中山10R 東風S(4上OP 芝短)
  ◎ ⑫シュウジ     前走評価して
  ○ ④タイセイサミット OPなら
  ▲ ⑪ムーンクレスト  持ち時計優秀

中山11R アネモネS(3歳OP 芝短)
  ◎ ⑤ハーレムライン
  ○ ⑬レッドイリーゼ
  ▲ ①レッドレグナント
  △ ⑦アングレーム

阪神09R 淡路特別(4上1000万下 芝長 1点)
  ◎ ⑥ヒシマサル
  ○ ③アロマドゥルセ
  ▲ ①アグネスリバティ

阪神10R 甲南S(4上1600万下 D中 ①点)
  ◎ ⑫ビッグアイランド
  ○ ⑤クレマンダルザス
  ▲ ⑨ストライクイーグル

阪神11R フィリーズレビュー(3歳GⅡ 芝短)
  ◎ ⑥アマルフィコースト
  ○ ⑰ラブカンプー
  ▲ ⑦モルトアレグロ
  △ ⑭アルモニカ

中京10R 昇竜S(3歳OP D短)
  ◎ ⑨イダペガサス
  ○ ⑤マニクール
  ▲ ③メイショウイサナ
  △ ⑥バイラ

中京11R 金鯱賞(4上GⅡ 芝中)
  ◎ ⑨スワーヴリチャード
  ○ ②メートルダール
  ▲ ⑤サトノダイヤモンド
 大阪杯GⅠ昇格に合わせてその前哨戦として再設定された金鯱賞
 以前この時期でやっていたハンデのGⅢ中日新聞杯とは
 単純に比較できないため、新理論を使わずに予想。
 本命は、左回りの方が得意そうな⑨。
 そういう意味では、ココで勝ち負けでも本番の大阪杯での取捨は微妙だが、
 休み明けとはいえ去年の有馬記念ぐらい走ってくれれば、
 9頭立ての大外枠でも充分勝ち負けと見る。
 対抗には、間隔を空けて使われている②。
 今回も3カ月近い競走間隔だが、いつものことなのであまりに気にしなくて良さそうだ。
 中京は前走初経験ながら、重賞で勝ってみせたし、
 この馬も左回りが得意なようなので、ある意味ココ勝負の馬かも。
 3番手には、凱旋門賞以来の競馬となる⑤。
 左回り経験の乏しさは気になるが、地力上位なので案外あっさりもあるか。

中京12R 賢島特別(4上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ②ペルソナリテ
  ○ ⑧チトニア
  ▲ ③エイシンスレイマン

« 「新・中央競馬予想戦記」 2018-03-10 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2018-03-17 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2018-03-11:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2018-03-10 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2018-03-17 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ