« 「新・中央競馬予想戦記」2018年第3開催を振り返って | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2018-04-01 »

「新・中央競馬予想戦記」 2018-03-31

中山09R 山吹賞(3歳500万下 芝中 2点)
  ◎ ③ダークナイトムーン
  ○ ⑪ダイワギャバン
  ▲ ⑦マイネルキラメキ

中山10R 千葉日報杯(4上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ⑧ショウナンアエラ
  ○ ⑦スペチアーレ
  ▲ ①ワイナルダム

中山11R ダービー卿チャレンジトロフィー(4上GⅢ 芝短)
  ◎ ⑦ゴールドサーベラス
  ○ ④グレーターロンドン
  ▲ ⑨ヒーズインラブ
  △ ⑮ストーミーシー
 毎年、混戦模様のハンデ戦。
 ポイント的には④がトップなのだが、
 実績のわりにはやや斤量が見込まれ過ぎと見えるので、今回は対抗評価まで。
 代わって本命には、2位タイの⑦を推してみる。
 1000万下、1600万下と連勝で、今回キャリア初のOP戦が重賞となる。
 中山マイル戦(3-1-0-1)と相性が良いのがウリだろう。
 斤量も実績面から見れば適当で、持ち時計も悪くない。
 対抗には、本来なら2位タイのもう1頭⑮を推すべきところなのだが、
 コレは実績のわりには斤量が軽く、
 ハンデキャッパーに実力を認めてもらえてないと見えるので、今回は4番手に抑えた。
 代わって3番手には、コレも昇級戦組からマイル戦(4-2-3-3)と相性が良い⑨を推す。
 中山での持ち時計だけならメンバー中3位とかなり良く、
 時計勝負に持ち込めば逆転まであると見る。

阪神08R 三木ホースランドパークジャンプS(4上JOP 障害)
  ◎ ④エルゼロ        地脚評価して
  ○ ⑨タガノアーバニティ  クラス慣れして
  ▲ ⑤トーアディラン     実績評価して
  △ ③マイネルヴォーダン この相手なら

阪神09R アザレア賞(3歳500万下 芝長 1点)
  ◎ ③ドンアルゴス
  ○ ②シュナイデン
  ▲ ⑧パンコミード

阪神10R 仲春特別(4上1000万下 芝短 2点)
  ◎ ③ドルチャーリオ
  ○ ④ジョーマイク
  ▲ ⑩チトニア

阪神11R コーラルS(4上OP D短)
  ◎ ⑮コウエイエンブレム 実績評価して
  ○ ⑨サクセスエナジー  連勝の勢いで
  ▲ ⑧ヤマニンアンプリメ クラス慣れして
  △ ⑥テーオーヘリオス  阪神実績評価

« 「新・中央競馬予想戦記」2018年第3開催を振り返って | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2018-04-01 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2018-03-31:

« 「新・中央競馬予想戦記」2018年第3開催を振り返って | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2018-04-01 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ