« 「新・中央競馬予想戦記」2018年第4開催を振り返って | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2018-04-22 »

「新・中央競馬予想戦記」 2018-04-21

本日も、結局出先からのうpとなります。
毎度申し訳ございません。

東京09R 新緑賞(3歳500万下 芝長 2点)
◎(08)グレートウォリアー
◯(03)スマートモノリス
▲(05)マイネルキラメキ
△(01)ロードジパング

東京10R 府中S(4上1600万下 芝中 1点)
◎(11)サンティール
◯(04)エンジニア
▲(03)グリュイエール

東京11R オアシスS(4上OP D短)
◎(11)ドリームキラリ(惜しい競馬続く)
◯(02)ブライトンロック(相手なりに走る)
▲(05)サトノファンタシー(安定感買って)
△(03)サンライズノヴァ(東京実績買って)

京都08R あずさ賞(3歳500万下 芝長 ①点)
◎(05)ジェシー
◯(03)トーセンアイトーン
▲(06)メイショウロセツ

京都10R 六波羅特別(4上1000万下 芝短 ①点)
◎(04)テラノヴァ
◯(08)エルビッシュ
▲(02)サウンドバーニング

京都11R 彦根S(4上1600万下 芝短 3点)
◎(04)オーヴィレール
◯(10)ナガラフラワー
▲(06)ナンヨーアミーコ

福島10R 伏拝特別(4上500万下 芝短 1点)
◎(15)サリネロ
◯(14)ブラウンローズ
▲(01)マッタナシ

福島11R 福島牝馬S(4上GⅢ 芝中)
◎(04)カワキタエンカ
◯(03)レイホーロマンス
▲(05)ゲッカコウ
△(11)ワンブレスアウェイ
本命は、前走重賞初制覇を果たしたばかりの(04)。
距離実績が高く、なんといっても5戦3勝2着2回と完全連対中。
今回は斤量こそ増えるものの、先行有利の福島コースなら問題ないだろう。
対抗には、前走(04)の3着だった(03)。
斤量が同じになる上に、先行有利の福島コースと、
この馬にとっては不利な条件が増えるが、
出走12頭中7頭が同じ中山牝馬S組。
その中でメンバー中2位の成績だったので、地力上位と見る。
3番手には、本来(12)が実績も上位ということで入りそうなものだが、
このレースは格上の馬が来るべきレースではなく、
実際GⅠ2着馬の良績が無い。よって、今回はバッサリ。
代わって、福島実績のある2頭、(06)と(11)チョイス。
これらも中山牝馬S組だが、福島では逆転可能と見る。
印は、中山牝馬Sの順位が若い順。

福島12R 花見山特別(4上1000万下 D中 1点)
◎(07)タガノジーニアス
◯(12)ヒルノサルバドール
▲(15)クルークハイト

« 「新・中央競馬予想戦記」2018年第4開催を振り返って | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2018-04-22 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2018-04-21:

« 「新・中央競馬予想戦記」2018年第4開催を振り返って | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2018-04-22 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ