« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

「新・中央競馬予想戦記」 2018-04-29

また出先からの簡易書き込みとなってしまいました。
申し訳ございません。

東京09R 陣馬特別(4上1000万下 芝長 1点)
◎(05)フォイヤーヴェルク
◯(08)コスモジャーべ
▲(06)コウキチョウサン

東京10R 晩春S(4上1600万下 芝短 1点)
◎(15)レインボーフラッグ
◯(12)アルマエルナト
▲(11)バリス

東京11R スイートピーS(3歳OP 芝中)
◎(03)ミュージアムヒル
◯(10)ダンシングチコ
▲(07)ゴージャスランチ

京都08R 鷹ヶ峰特別(4上1000万下 芝短 2点)
◎(03)グラントロワ
◯(05)ドルチャーリオ
▲(07)ジョーマイク

京都09R 糺の森特別(4上1000万下 芝中 ①点)
◎(04)エッジースタイル
◯(07)プリンセスルーラー
▲(10)エイシンティンクル

京都10R 端午S(3歳OP D短)
◎(09)メイショウオーパス
◯(07)ハヤブサマカオー
▲(11)バイラ
△(08)メイショウラビエ

京都11R 天皇賞(春)(4上GⅠ 芝長 馬連BOXで)
◎(11)ショヴァルグラン
◯(06)ガンコ
▲(02)チェスナットコート
△(14)アルバート

京都12R 高瀬川S(4上1600万下 D短 3点)
◎(03)ゴルゴバローズ
◯(06)カネトシビバーチェ
▲(11)ヴェンジェンス

新潟10R 五泉特別(4上500万下 芝短 ①点)
◎(14)ウインシャトレーヌ
◯(13)クローディオ
▲(11)マイネルアムニス

新潟11R 谷川岳S(4上OP 芝短)
◎(01)スターオブペルシャ
◯(02)アポロノシンザン
▲(03)タイセイサミット

新潟12R 中ノ岳特別(4上1000万下 D中 ①点)
◎(09)フォースライン
◯(15)ビスカリア
▲(12)ルドルフィーナ

「新・中央競馬予想戦記」 2018-04-28

4/21の結果
 3勝(新緑賞、彦根S、花見山特別) 6敗
  回収率 39.1%
4/22の結果
 2勝(フローラS、桑折特別) 1分(福島中央テレビ杯) 6敗
  回収率 60.0%
  年間回収率 68.3%
  通算回収率 71.9%
京都が全然良くなかったし、
フローラSが当たったとはいっても予想的には外れてるし、
「近くて遠い年間70%」状態になっております。
今週からはまたGⅠが続くので、なんとか反転攻勢と行きたいところだが…。
4/28、4/29の買い方は以下の通り。
 東京:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 京都:条件戦=複勝 OP以上=馬連(天皇賞(春)を除く)
 新潟:条件戦=複勝 OP以上=馬連

東京09R 秩父特別(4上1000万下 芝短 ①点)
  ◎ ④アオイシンゴ
  ○ ⑨エイシンスレイマン
  ▲ ⑧ルナプロスペクター

東京10R 春光S(4上1600万下 D中 1点)
  ◎ ⑬ソリティール
  ○ ③トウカイエントリー
  ▲ ⑤バイタルフォース
  △ ④リヴェルディ

東京11R 青葉賞(3歳GⅡ 芝長)
  ◎ ⑱サトノソルタス
  ○ ⑩スーパーフェザー
  ▲ ⑮エタリオウ

京都09R 矢車賞(3歳500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑦センテリュオ
  ○ ①ラノカウ
  ▲ ⑨レオコックブルー

京都10R 烏丸S(4上1600万下 芝長 ①点)
  ◎ ⑦マウントゴールド
  ○ ⑥ダノンディスタンス
  ▲ ③メイケイレジェンド

京都11R 天王山S(4上OP D短)
  ◎ ⑥オウケンビリーヴ  近走内容充実
  ○ ⑨ニットウスバル    距離実績高い
  ▲ ⑦ブルミラコロ     安定感買って
  △ ①スマートアヴァロン 京都実績は高い

新潟10R ゆきつばき賞(3歳500万下 芝短 1点)
  ◎ ⑭ロンス
  ○ ③ディアサルファー
  ▲ ⑮ニシノキントウン

新潟11R 邁進特別(4上1000万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑬スペチアーレ
  ○ ⑤ウォーターラボ
  ▲ ④グランシェリー

新潟12R 春日山特別(4上500万下 芝中 1点)
  ◎ ④アバルラータ
  ○ ⑥モクレレ
  ▲ ⑤フォーラウェイ

「新・中央競馬予想戦記」 2018-04-22

久しぶりに家からのうpです。
やっぱりスマホよりキーボードが良いんですよね。

東京09R 石和特別(4上1000万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑦エニグマバリエート
  ○ ⑧オールドクラシック
  ▲ ①エフティスパークル

東京10R 鎌倉S(4上1600万下 D短 1点)
  ◎ ⑩リンガスウーノ
  ○ ⑤アデレードヒル
  ▲ ⑪マイネルエスパス
  △ ⑬メイショウボンロク

東京11R フローラS(3歳GⅡ 芝中)
  ◎ ⑫レッドベルローズ
  ○ ⑯ノームコア
  ▲ ⑩オハナ
  △ ④サトノワルキューレ

京都09R 比良山特別(4上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ①ピエナアラシ
  ○ ⑨アルメリアブルーム
  ▲ ③スティルウォーター

京都10R 桃山S(4上1600万下 D中 1点)
  ◎ ②テルペリオン
  ○ ⑩ホーリーブレイズ
  ▲ ④クラウンシャイン
  △ ⑨ウインユニファイド

京都11R マイラーズC(4上GⅡ 芝短)
  ◎ ④エアスピネル
  ○ ⑧ロジクライ
  ▲ ⑭グァンチャーレ
  △ ⑨モズアスコット
 昨年のマイルCS2着以来の競馬となる④が今回の本命。
 こんなところを使ってくるところが、
 本番で勝てない最大の原因なのかもしれないが、
 京都コースは向くので、久しぶりでも勝機十分。
 対抗には、再昇級戦の六甲Sをいきなり勝ってみせた⑧。
 ④と比べて順調に使われているのも良いし、
 シンザン記念勝ちもあるように勝負強い印象もある。
 目下、乗り替わりが最大の不安要素か。
 3番手以下は混戦模様。OP戦で3戦連続2着の⑭を3番手に推すも、
 いかにも外枠過ぎるし、⑧と対照的に勝負弱い印象を受けてしまう。
 むしろ重賞未勝利だがクラス慣れしてきた感のある⑨の方が勝機あるかも。

福島10R 燧ヶ岳特別(4上500万下 芝長 1点)
  ◎ ①ラッシュアワー
  ○ ④トロピカルストーム
  ▲ ⑤マスターコード
  △ ⑫ダノンスターズ

福島11R 福島中央テレビ杯(4上1000万下 芝短 2点)
  ◎ ②スパイチャクラ
  ○ ⑭ショウナンアエラ
  ▲ ⑯レーヴムーン

福島12R 桑折特別(4上500万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑧エレクトロニカ
  ○ ⑦リリックドラマ
  ▲ ⑫アルケミスト

「新・中央競馬予想戦記」 2018-04-21

本日も、結局出先からのうpとなります。
毎度申し訳ございません。

東京09R 新緑賞(3歳500万下 芝長 2点)
◎(08)グレートウォリアー
◯(03)スマートモノリス
▲(05)マイネルキラメキ
△(01)ロードジパング

東京10R 府中S(4上1600万下 芝中 1点)
◎(11)サンティール
◯(04)エンジニア
▲(03)グリュイエール

東京11R オアシスS(4上OP D短)
◎(11)ドリームキラリ(惜しい競馬続く)
◯(02)ブライトンロック(相手なりに走る)
▲(05)サトノファンタシー(安定感買って)
△(03)サンライズノヴァ(東京実績買って)

京都08R あずさ賞(3歳500万下 芝長 ①点)
◎(05)ジェシー
◯(03)トーセンアイトーン
▲(06)メイショウロセツ

京都10R 六波羅特別(4上1000万下 芝短 ①点)
◎(04)テラノヴァ
◯(08)エルビッシュ
▲(02)サウンドバーニング

京都11R 彦根S(4上1600万下 芝短 3点)
◎(04)オーヴィレール
◯(10)ナガラフラワー
▲(06)ナンヨーアミーコ

福島10R 伏拝特別(4上500万下 芝短 1点)
◎(15)サリネロ
◯(14)ブラウンローズ
▲(01)マッタナシ

福島11R 福島牝馬S(4上GⅢ 芝中)
◎(04)カワキタエンカ
◯(03)レイホーロマンス
▲(05)ゲッカコウ
△(11)ワンブレスアウェイ
本命は、前走重賞初制覇を果たしたばかりの(04)。
距離実績が高く、なんといっても5戦3勝2着2回と完全連対中。
今回は斤量こそ増えるものの、先行有利の福島コースなら問題ないだろう。
対抗には、前走(04)の3着だった(03)。
斤量が同じになる上に、先行有利の福島コースと、
この馬にとっては不利な条件が増えるが、
出走12頭中7頭が同じ中山牝馬S組。
その中でメンバー中2位の成績だったので、地力上位と見る。
3番手には、本来(12)が実績も上位ということで入りそうなものだが、
このレースは格上の馬が来るべきレースではなく、
実際GⅠ2着馬の良績が無い。よって、今回はバッサリ。
代わって、福島実績のある2頭、(06)と(11)チョイス。
これらも中山牝馬S組だが、福島では逆転可能と見る。
印は、中山牝馬Sの順位が若い順。

福島12R 花見山特別(4上1000万下 D中 1点)
◎(07)タガノジーニアス
◯(12)ヒルノサルバドール
▲(15)クルークハイト

「新・中央競馬予想戦記」2018年第4開催を振り返って

①4/7、4/8、4/14、4/15の結果
 (1)4/7の結果
  5勝(野島崎特別、湾岸S、丹波特別、白鷺特別、阪神牝馬S) 4敗
   回収率 149.3%
 (2)4/8の結果
  7勝(デイジー賞、隅田川特別、春雷S、大阪-ハンブルクC、梅田S、浄土平特別、
      米沢特別) 1分(天王寺特別) 3敗
   回収率 78.6%
 (3)4/14の結果
  4勝(中山グランドジャンプ、蓬莱峡特別、アーリントンC、雪うさぎ賞) 6敗
   回収率 75.3%
 (4)4/15の結果
  5勝(袖ヶ浦特別、京葉S、春興S、千種川特別、奥の細道特別) 6敗
   回収率 47.8%
   年間回収率 69.7%
   通算回収率 72.0%

 

②開催を振り返って
 (1)GⅠだけ見ればプラス収支なんだけどねぇ…
  (重賞全体:9戦74.6% GⅢ:3戦32.0% GⅡ:2戦55.0% GⅠ:4戦137.5%)
 (2)ダート戦も、短距離(1600m以下)は良いんだけどねぇ…
  (D戦全体:12戦84.4% 短:6戦138.9% 中長:6戦30.0%)
 (3)芝戦は、長距離(2300m以上)が致命的に悪かった
  (芝戦全体:41戦56.1% 短:19戦87.7% 中:17戦64.0% 長:5戦3.9%)
 (4)オープン戦も数字が伸びなかった
  (7戦通算 33.7%)

③開催総括
 開催回収率が71.8%と、年間水準の成績。
 収支への影響が大きいOP戦の成績が良くなかったのが響いたかもです。
 そして、中京に続いて福島も悪い(48.7%)ので、
 今年はローカル開催が苦しいのかも…。
 次開催は、今年好調の東京開催がやってくる。
 東京GⅠ5連戦もあるし、バシッと当てて回収率を上げて行きたいですね。

④4/21、4/22の買い方
 東京:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 京都:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 福島:条件戦=複勝 OP以上=ワイド

「新・中央競馬予想戦記」 2018-04-15

結局、今日も出先からの簡易うpとなります。
毎度申し訳ございません。
なお、先週の結果は、今開催の総括の時にまとめてうpします。
重ねてご了承ください。

中山08R 袖ケ浦特別(4上1000万下 芝短 ①点)
◎(02)スペチアーレ
◯(10)シゲルタイガー
▲(07)ショウナンアヴィド

中山09R 鹿野山特別(4上1000万下 芝中 ①点)
◎(06)ブラックプラチナム
◯(01)サブライムカイザー
▲(04)レッドカイザー

中山10R 京葉S(4上OP D短)
◎(01)ベストマッチョ(安定感買って)
◯(14)ドリームドルチェ(前走評価して)
▲(02)ブルミラコロ(持ち時計は優秀)

中山11R 皐月賞(3歳GⅠ 芝中)
◎(02)ワグネリアン
◯(01)タイムフライヤー
▲(10)ジェネラーレウーノ
△(15)ステルヴィオ
ダノンプレミアムの離脱で、一点混戦模様だが、
ワシの予想はわかりやすく、
皐月賞と同じ「中山芝2000m」の重賞で
連対実績のある馬から3頭選んだだけ。
本命の(02)は、負けた相手が脱落したダノンプレミアムだけなので、
大崩れがないのが特徴。今回も連軸としては好適と見る。
対抗の(01)は、いちおうGⅠ馬。
(02)もそうだが、ひと叩きした上積みには期待できそうだ。
3番手の(10)は、京成杯からブッツケ本番な所が、
上位2頭から遅れを取っている要因だが、
中山芝2000mで唯一2勝しており、地の利はありそう。
あとは、いかにも外枠だが(02)と同じく
ダノンプレミアム以外には負けていない(15)も、鞍上ともども怖い1頭だ。

中山12R 春興S(4上1600万下 芝短 ①点)
◎(02)プロディガルサン
◯(08)カルヴァリオ
▲(06)チャンピオンルパン

阪神09R 千種川特別(4上1000万下 芝短 ①点)
◎(09)ブラッククローバー
◯(08)スペードクイーン
▲(07)グラントロワ

阪神10R 難波S(4上1600万下 芝中 1点)
◎(08)エンヴァール
◯(09)ナリタエイト
▲(02)クリノヤマトオー
△(11)ダンツペンダント

阪神11R アンタレスS(4上GⅢ D中)
◎(02)ナムラアラシ
◯(05)トップディーヴォ
▲(08)アルタイル
本命は、OP連勝中で阪神ダート4勝と相性も良い(02)。
得意の舞台で、勢いも得て、いよいよ初戴冠か。
対抗には、地方重賞で惜しい競馬を続けている(05。
持ち時計は優秀なので、時計勝負になれば逆転も充分。
3番手には、前走中央重賞で惜しい競馬だった(08)。
鞍上には不安が残るが、地力は重賞級のはずだ。

福島10R 医王寺特別(4上500万下 芝短 2点)
◎(04)ザベストエバー
◯(12)ナタリーバローズ
▲(11)アポロリュウセイ
△(09)テイエムイキオイ

福島11R 福島民報杯(4上OP 芝中)
◎(14)ノーブルマーズ(OPなら)
◯(16)レトロロック(安定感買って)
▲(05)サトノスティング(福島実績高い)

福島12R 奥の細道特別(4上1000万下 芝長 1点)
◎(02)アインザッツ
◯(06)ヒメタチバナ
▲(04)ステイブラビッシモ
△(01)シャインブライト

「新・中央競馬予想戦記」 2018-04-14

今週も出先からの書き込みとなります。ご了承ください。
ちなみに、4/14と4/15の買い方は以下の通り。
中山:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
阪神:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
福島:条件戦=複勝 OP以上=ワイド

中山09R 山藤賞(3歳500万下 芝中 1点)
◎(02)ライラックカラー
◯(04)コスモレリア
▲(08)ルーモス

中山10R 下総S(4上1600万下 D中 3点)
◎(08)ロードシャリオ
◯(15)ネイビーブルー
▲(11)トウカイエントリー

中山11R 中山グランドジャンプ(4上JGⅠ 障害)
◎(09)アップトゥデイト
◯(06)オジュウチョウサン
▲(03)ニホンピロバロン
(06)が休み明けという理由だけで、本命を(09)としているが、
正直なところ(06)の状態ひとつと見る。
中15週でも勝ったことのある(06)だが、
昨年の中山グランドジャンプでは2秒近く離された(09)が、
中山大障害ではコンマ1秒まで詰めてきており、
まだ勝負付けが済んだとは言い切れない状況。
(09)にとってはラストチャンスかも…。
割って入る可能性がありそうなのは、
(09)に前々走勝っている(03)と見るが…。

中山12R 利根川特別(4上1000万下 D中 ①点)
◎(07)エンパイアステート
◯(13)シャムロック
▲(11)テイエムコンドル

阪神09R 蓬莱峡特別(4上1000万下 芝中 ①点)
◎(08)エルプシャフト
◯(07)スマートエレメンツ
▲(05)マテンロウゴースト

阪神10R 陽春S(4上1600万下 D短 2点)
◎(11)スズカグラーテ
◯(15)ゼンノサーベイヤー
▲(12)オウケンビリーヴ

阪神11R アーリントンC(3歳GⅢ 芝短)
◎(06)タワーオブロンドン
◯(11)レッドヴェイロン
▲(02)インディチャンプ

福島10R 雪うさぎ賞(3歳500万下 芝短 ①点)
◎(08)ウィズ
◯(16)レトリック
▲(15)クリノロマン

福島11R ラジオ福島賞(4上1000万下 D短 1点)
◎(09)カフェライジング
◯(10)スーパーモリオン
▲(04)ブレイヴバローズ
△(07)ポップシンガー

福島12R 飯盛山特別(4上500万下 芝中 ①点)
◎(10)ウインクリムゾン
◯(06)ドリームソルジャー
▲(01)キングパール

「新・中央競馬予想戦記」 2018-04-08

結局日曜日も出先からの投稿となります。
ご了承ください。

中山09R デイジー賞(3歳500万下 芝中 1点)
◎(09)クリッパー
◯(02)エアシンフォニー
▲(06)ローザフェリーチェ

中山10R 隅田川特別(4上1000万下 芝短 1点)
◎(01)エメラルスター
◯(07)スカルバン
▲(02)ストーミング

中山11R 春雷S(4上OP 芝短)
◎(03)ビップライブリー(安定感買って)
◯(04)ペイシャフェリシタ(昇級後も順調)
▲(09)ディバインコード(距離こなせば)

阪神08R 天王寺特別(4上 1000万下 D短 2点)
◎(07)スズカプリズム
◯(14)ヴェンジェンス
▲(12)セネッティ
△(08)ブルームーン

阪神09R 忘れな草賞(3歳OP 芝中)
◎(12)ランドネ
◯(06)シグナライズ
▲(09)オールフォーラヴ

阪神10R 大阪−ハンブルクC(4上1600万下 芝短 1点)
◎(06)レインボーフラッグ
◯(14)ティソーナ
▲(07)エスティタート
△(02)クィーンズベスト

阪神11R 桜花賞(3歳GⅠ 芝短)
◎(01)ラッキーライラック
◯(08)ハーレムライン
▲(03)リバティハイツ
△(04)アンコールブリュ
4戦4勝で、うち重賞3勝の(01)に逆らうテは、ちょっと思いつかなかった。
包まれやすい1枠1番とか、鞍上がどうこうとか、
あるといえばあるが、
3番手ぐらいでも競馬ができる馬だし、
4勝全て今回も騎乗の石橋脩騎手なのだから、問題にならないだろう。
しかし、こうなると対抗以下が難しい。
マイル実績が(01)に次ぐ3勝を挙げる(08)を対抗とするが、
それこそ「路線がどうたら」とか「鞍上がどうとか」言われそう。
初の関西遠征という点も引っかかる。
3番手&4番手には、フィリーズレビューの1着&2着馬を推す。
これらも、鞍上に不安を残すが、
よく考えたら有力騎手が揃って外枠の馬に乗ってるのだから仕方ない。
馬券の種類を変えようかとも思ったが、他と同じくワイドで行きます。

阪神12R 梅田S(4上1600万下 D中 1点)
◎(11)フォンターナリーリ
◯(01)テルペリオン
▲(05)クリノリトミシュル

福島10R 浄土平特別(4上500万下 芝中 ①点)
◎(04)ヤマニンリュウセイ
◯(08)モクレレ
▲(06)ハウエバー

福島11R 米沢特別(4上1000万下 D中 1点)
◎(09)ヒルノサルバドール
◯(06)アリスカン
▲(04)ローレルリーベ

福島12R 喜多方特別(4上500万下 芝短 1点)
◎(14)サウンドドゥイット
◯(05)トーセンクリス
▲(01)サリネロ
△(07)ブライトンピア

「新・中央競馬予想戦記」 2018-04-07

今週も出先からの投稿となります。

3/31の結果
2勝(ダービー卿チャレンジトロフィー、アザレア賞)
1分(仲春特別) 4敗
回収率 50.4%
4/1の結果
3勝(安房特別、伏竜S、鳴門S) 4敗
回収率 51.8%
年間回収率 67.9%
通算回収率 71.9%
数字が上向いて来ないですねぇ。
本命とかちゃんと入ってても、他が絡んで来ないとか?
連勝系向いてないのかなぁとか考えてしまう今日この頃です。
でも、多分一番の理由は「本気で稼ぎに行ってないから」
だと思います。
一方で周りには「今日の運試し」とか「ギャンブルじゃなくレジャー」
と軽口を叩いてるわけで、
この微妙な距離感自体は嫌いじゃないんですよねぇ。
4/7、4/8の買い方は以下の通り。
中山:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
阪神:条件戦=複勝 OP以上=ワイド(桜花賞を除く)
福島:条件戦=複勝 OP以上=枠連

中山09R 野島崎特別(4上1000万下 芝中 1点)
◎(02)シャララ
◯(03)エイシンティンクル
▲(01)ダイワドレッサー
△(07)ヤマニンエルフィン

中山10R 湾岸S(4上1600万下 芝中 2点)
◎(02)リッチーリッチー
◯(10)マウントゴールド
▲(04)ユニゾンデライト

中山11R ニュージーランドトロフィー(3歳GⅡ 芝短)
◎(08)ラムセスバローズ
◯(15)アンブロジオ
▲(04)アイスフィヨルド

阪神09R 丹波特別(4上1000万下 芝短 1点)
◎(11)エイシンスレイマン
◯(06)ルナプロスペクター
▲(04)インビジブルレイズ
△(01)ジュニアル

阪神10R 白鷺特別(4上1000万下 芝長 1点)
◎(04)フォイヤーヴェルク
◯(01)アグリッパーバイオ
▲(03)ヒシマサル

阪神11R 阪神牝馬S(4上GⅡ 芝短)
◎(03)リスグラシュー
◯(12)ワントゥワン
▲(10)レッドアヴァンセ
一般的には、(06)辺りがすごく人気しそうだが、
初めての斤量56kgと対古馬戦いいとこ無しと、
休み明けを嫌って、今回はバッサリ行ってみることとする。
代わって本命には、GⅠでは今のところ半歩足りないが、
対古馬重賞を買っている(03)を推す。
距離も向きそうだし、阪神コースも悪くない。
対抗には、今回昇級戦となる(12)。
距離実績的には本番ではいらなさそうだが、
そういう意味では今回が勝負駆けと見るが、どうか。
3番手には、こちらも昇級戦となる(10)。
芝1400m(3-3-0-3)と距離は当然向きそうだし、
安定感もあるので斤量差を活かせば充分勝機ありと見る。

福島10R ひめさゆり賞(3歳500万下 芝中 1点)
◎(06)フィールインラヴ
◯(02)ロードアクシス
▲(04)オーデットエール
△(01)トーセンウィナー

福島11R 吾妻小富士賞(4上1000万下 芝短 1点)
◎(16)レーヴムーン
◯(10)イサチルホープ
▲(01)ハルク
△(15)クラウンルシフェル

福島12R 川俣特別(4上500万下 芝中 1点)
◎(02)モハー
◯(04)スイーズドリームズ
▲(12)ホウオウジャンプ

「新・中央競馬予想戦記」 2018-04-01

本日も、出先からの簡易書き込みとなります。
ご了承ください。

中山09R 安房特別(4上1000万下 芝長 1点)
(01)(09)(13)
中山10R 伏竜S(3歳OP D中)
(07)(09)(06)
中山11R 船橋S(4上1600万下 芝短 1点)
(12)(01)(10)
阪神09R 明石特別(4上1000万下 芝中 1点)
(04)(05)(06)
阪神10R 御堂筋S(4上1600万下 芝長 1点)
(07)(04)(09)
阪神12R 鳴門S(4上1600万下 D短 ①点)
(06)(11)(02)

阪神11R 大阪杯(4上GⅠ 芝中)
◎(15)スワーヴリチャード
◯(02)サトノダイヤモンド
▲(04)シュヴァルグラン
いつものポイント上は、(02)と(15)が最上位。
ポイント3番手の(4)を含め、全て金鯱賞組。
そこで、年齢的にやや分の悪い金鯱賞2着の(10)を除いた、
金鯱賞の順位のまま印をつけた結果がコレ。
(08)は、乗り替わりがやはり痛いと見て、次点止まりとする。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ