« 「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-06 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-13 »

「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-12

5/5の結果
 2勝(パールS、京都新聞杯) 7敗
  回収率 210.5%
5/6の結果
 4勝(湘南S、橘S、上賀茂S、八海山特別) 6敗
  回収率 62.2%
  年間回収率 74.3%
  通算回収率 72.1%
決して、予想がバチッとはまってるわけではないのだが、
たまたま高配当を引き当てたおかげで、なんか数字自体は上向き。
この勢いはを大事にして行きたいものだが…。
5/12、5/13の買い方は以下の通り。
 東京:条件戦=複勝 OP以上=ワイド(ヴィクトリアマイルに関しては保留)
 京都:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 新潟:条件戦=単勝 OP以上=馬連

東京09R 夏木立賞(3歳500万下 芝中 1点)
  ◎ ②ドミナートゥス
  ○ ⑨バールドバイ
  ▲ ⑥ビービーデフィ

東京10R 緑風S(4上1600万下 芝長 1点)
  ◎ ⑦ルックトゥワイス
  ○ ⑫エスティーム
  ▲ ③グランドサッシュ

東京11R 京王杯スプリングC(4上GⅡ 芝短)
  ◎ ⑭ビップライブリー
  ○ ⑤ムーンクエイク
  ▲ ⑮ダンスディレクター
  △ ⑥グレーターロンドン
 ポイント的には⑮がトップなのだが、年齢的には難有。
 とはいえ、前走も惜しい競馬をしているので、押さえておく必要はあろう。
 代わりに本命は、東京芝1400mでは2戦2勝の⑭。
 持ち時計も優秀なので、前走は度外視しても良いのかも。
 対抗には、競走間隔こそ空いているものの鞍上に期待のかかる⑮。
 昇級初戦の前走も内容は悪くないので、いきなりでも期待できそう。
 あとは、東京コースとの相性は良い⑥も復調気配で無視できない。

京都08R 京都ハイジャンプ(4上JGⅡ 障害)
  ◎ ⑦マイネルフィエスタ
  ○ ③アスターサムソン
  ▲ ②ヨカグラ
 本命は、メンバー中唯一の重賞勝馬⑦。
 かと言って斤量を増やされているわけでもないので、
 多少競走間隔が空いていても地力で充分勝ち負けと見る。
 対抗には、前走OP初勝利を飾った③。
 障害戦で勝った2戦がともに阪神というのは気になるが、
 勢いはあるので⑦の状態次第では逆転も充分と見る。
 3番手には、京都での障害戦で2勝している②。
 前走を度外視すれば、上位2頭と遜色ないと見るが、どうか。

京都09R あやめ賞(3歳500万下 芝短 ①点)
  ◎ ①クインズチャパラ
  ○ ⑧ニシノキントウン
  ▲ ⑤ロンス

京都10R 蹴上特別(4上1000万下 D中 1点)
  ◎ ①カフジキング
  ○ ③ルドルフィーナ
  ▲ ⑨フォースライン

京都11R 都大路S(4上OP 芝中)
  ◎ ④グァンチャーレ(OPなら)
  ○ ⑦プラチナムバレット(実績上位)
  ▲ ⑭ストロングタイタン(安定感買って)

新潟10R はやぶさ賞(3歳500万下 芝短 2点)
  ◎ ⑬フェールデュビアン
  ○ ③ノボベイビー
  ▲ ①フローラルシトラス

新潟11R 火打山特別(4上1000万下 D短 1点)
  ◎ ⑭グレートブレス
  ○ ⑮シルバードリーム
  ▲ ⑪ワキノアタリ
  △ ⑨グローリアスクロワ

新潟12R 石打特別(4上500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑩チカノワール
  ○ ⑥エリティエール
  ▲ ⑧アドヴェントス

« 「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-06 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-13 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-12:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-06 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-13 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ