« 「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-26 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2018年第5開催を振り返って »

「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-27

東京08R 青嵐賞(4上1000万下 芝長 2点)
  ◎ ②スマートルビー
  ○ ⑭コスモジャーベ
  ▲ ⑩イチダイ

東京09R むらさき賞(4上1600万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑮エンジニア
  ○ ⑨アップウォーク
  ▲ ⑧コーカス
  △ ⑬ミッキーグローリー

東京10R 東京優駿(日本ダービー)(3歳GⅠ 芝長)
  ◎ ⑫エポカドーロ
  ○ ⑰ワグネリアン
  ▲ ①ダノンプレミアム
  △ ⑧ブラストワンピース
 ポイント的には、①や⑧の方が上なのだが、
 ともに休み明けを嫌ってそれぞれ3番手と4番手に格下げ。
 ただ、どちらも無敗ではあるので、勝負強さは侮れない。
 代わって本命と対抗には、皐月賞組からチョイス。
 皐月賞馬の⑫を本命視するのはある意味当然だが、
 左回り未経験なのが不安要素ではある。
 対抗の⑰は、東京実績があるという意味では優位だが、
 前走ちょっと負け過ぎなのと、外枠なのがやはり気になる。
 買い方は、他と同じくワイドBOXで行きます。

東京11R 薫風S(4上1600万下 D短 ①点)
  ◎ ①シュナウザー
  ○ ⑤スズカゴーディー
  ▲ ⑪ストライクイーグル

東京12R 目黒記念(4上GⅡ 芝長)
  ◎ ⑧パフォーマプロミス
  ○ ②ゼーヴィント
  ▲ ⑩チェスナットコート
 本命は、休み明けだが休み前に初重賞勝ちを飾った⑧。
 斤量増も気になるところだが、鞍上が頼りになるので今回も勝ち負けと見る。
 対抗には、続けて使えないのが気になるが、ハンデキャッパーも地力を認める②。
 左回り実績の乏しさが気になるが、相手なりに走れると見る。
 3番手には、前々走は②に先着し、前走もGⅠで悪くない内容だった⑩。
 ②に比べて、重賞で勝ちきれてない点こそ見劣りするが、
 勢いのある今なら逆転も充分と見る。

京都09R 東大路S(4上1600万下 D中 ①点)
  ◎ ⑬フォンターナリーリ
  ○ ⑪キクノルア
  ▲ ⑭テルペリオン

京都10R 安土城S(4上OP 芝短)
  ◎ ①モズアスコット(惜しい競馬続く)
  ○ ⑥コウエイタケル(1つ叩いて)
  ▲ ②ダイメイフジ(安定感買って)

京都11R 白百合S(3歳OP 芝中)
  ◎ ⑨アルジャーノン
  ○ ⑦サラキア
  ▲ ⑥メイショウテッコン
  △ ⑧オメガラヴィサン

京都12R 御池特別(4上1000万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑧エルカミーノレアル
  ○ ⑭キッズライトオン
  ▲ ③フナウタ
  △ ⑬ヤマニンマンドール

« 「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-26 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2018年第5開催を振り返って »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-27:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-26 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2018年第5開催を振り返って »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ