« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-27

東京08R 青嵐賞(4上1000万下 芝長 2点)
  ◎ ②スマートルビー
  ○ ⑭コスモジャーベ
  ▲ ⑩イチダイ

東京09R むらさき賞(4上1600万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑮エンジニア
  ○ ⑨アップウォーク
  ▲ ⑧コーカス
  △ ⑬ミッキーグローリー

東京10R 東京優駿(日本ダービー)(3歳GⅠ 芝長)
  ◎ ⑫エポカドーロ
  ○ ⑰ワグネリアン
  ▲ ①ダノンプレミアム
  △ ⑧ブラストワンピース
 ポイント的には、①や⑧の方が上なのだが、
 ともに休み明けを嫌ってそれぞれ3番手と4番手に格下げ。
 ただ、どちらも無敗ではあるので、勝負強さは侮れない。
 代わって本命と対抗には、皐月賞組からチョイス。
 皐月賞馬の⑫を本命視するのはある意味当然だが、
 左回り未経験なのが不安要素ではある。
 対抗の⑰は、東京実績があるという意味では優位だが、
 前走ちょっと負け過ぎなのと、外枠なのがやはり気になる。
 買い方は、他と同じくワイドBOXで行きます。

東京11R 薫風S(4上1600万下 D短 ①点)
  ◎ ①シュナウザー
  ○ ⑤スズカゴーディー
  ▲ ⑪ストライクイーグル

東京12R 目黒記念(4上GⅡ 芝長)
  ◎ ⑧パフォーマプロミス
  ○ ②ゼーヴィント
  ▲ ⑩チェスナットコート
 本命は、休み明けだが休み前に初重賞勝ちを飾った⑧。
 斤量増も気になるところだが、鞍上が頼りになるので今回も勝ち負けと見る。
 対抗には、続けて使えないのが気になるが、ハンデキャッパーも地力を認める②。
 左回り実績の乏しさが気になるが、相手なりに走れると見る。
 3番手には、前々走は②に先着し、前走もGⅠで悪くない内容だった⑩。
 ②に比べて、重賞で勝ちきれてない点こそ見劣りするが、
 勢いのある今なら逆転も充分と見る。

京都09R 東大路S(4上1600万下 D中 ①点)
  ◎ ⑬フォンターナリーリ
  ○ ⑪キクノルア
  ▲ ⑭テルペリオン

京都10R 安土城S(4上OP 芝短)
  ◎ ①モズアスコット(惜しい競馬続く)
  ○ ⑥コウエイタケル(1つ叩いて)
  ▲ ②ダイメイフジ(安定感買って)

京都11R 白百合S(3歳OP 芝中)
  ◎ ⑨アルジャーノン
  ○ ⑦サラキア
  ▲ ⑥メイショウテッコン
  △ ⑧オメガラヴィサン

京都12R 御池特別(4上1000万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑧エルカミーノレアル
  ○ ⑭キッズライトオン
  ▲ ③フナウタ
  △ ⑬ヤマニンマンドール

「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-26

今日も出先からの簡易書き込みとなります。
先週分の結果は、今週分で開催替わりとなりますので、
開催総括の際、今週の結果とまとめて書き込みます。
以上、ご了承ください。
なお、5/26と5/27の買い方は以下の通り。
東京:条件戦=複勝 OP以上=ワイド(ダービーの買い方は保留)
京都:条件戦=複勝 OP以上=ワイド

東京09R 富嶽賞(4上1000万下 D短 1点)
◎(02)キタサンガンバ
◯(13)デピュティプライム
▲(03)エタニティーワルツ

東京10R 葉山特別(4上1000万下 芝短 ①点)
◎(02)アオイシンゴ
◯(08)コスモヨハネ
▲(09)シンギュラリティ

東京11R 欅S(4上OP D短)
◎(10)ベストマッチョ(東京実績高い)
◯(06)ドリームキラリ(惜しい競馬続く)
▲(15)ブルミラコロ(距離実績高い)

京都09R 與杼特別(4上1000万下 D中 1点)
◎(15)カフジキング
◯(04)ダノンレーザー
▲(14)メイショウエイコウ

京都10R 朱雀S(4上1600万下 芝短 ①点)
◎(02)アッラサルーテ
◯(09)サプルマインド
▲(07)エスティタート
△(14)ドルチャーリオ

京都11R 葵S(3歳重賞 芝短)
◎(10)アンヴァル
◯(08)オジョーノキセキ
▲(03)ゴールドクイーン

「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-20

5/12の結果
 3勝(夏木立賞、緑風S、蹴上特別) 7敗
  回収率 23.2%
5/13の結果
 2勝(ヴィクトリアマイル、錦S) 2分(テレ玉杯、BSイレブン賞) 6敗
  回収率 73.7%
  年間回収率 73.0%
  通算回収率 72.1%
相変わらずばちっと当たってくれないねぇ…。
久しぶりにGⅠ獲れたけど、○-△の上に2着3着だったからねぇ。
まぁ、立ち回り的には正解だったわけだけど、
やっぱりキレイに当てたいですなぁ…。

東京08R 日吉特別(4上1000万下 D短 3点)
  ◎ ⑦ジェイケイライアン
  ○ ⑪シアーライン
  ▲ ①ソーディヴァイン

東京09R 調布特別(4上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ②プリンセスルーラー
  ○ ④ジークカイザー
  ▲ ⑦レブランシュ

東京10R フリーウェイS(4上1600万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑨レインボーフラッグ
  ○ ⑦クライムメジャー
  ▲ ⑭ダイトウキョウ

東京11R 優駿牝馬(オークス)(3歳GⅠ 芝長)
  ◎ ②ラッキーライラック
  ○ ⑧サトノワルキューレ
  ▲ ⑬アーモンドアイ
 ポイント的には⑧がトップなのだが、
 フローラS組が単独で1着になったことは無い(同着でも1度だけ)ので、
 連軸的な扱いで本命視しようかとも思ったのだが、今回は対抗止まりとする。
 本命は、桜花賞2着だった②。
 阪神JFみたいなレースをすれば、充分勝機有と見るんだが…。
 3番手止まりとした⑬は、いちおう血統的なものを理由にしておくが、
 エリンコート(父デュランダル)やキタサンブラック(母父サクラバクシンオー)の
 例もあるし、母方の成長力は当然侮れない。
 というわけで、買い方は3連単フォーメーションで以下の通り。
  【(②⑬)-(②⑧⑬)-(②⑧⑬)】 計4通り

東京12R 丹沢S(4上1600万下 D中 2点)
  ◎ ⑧レッドサバス
  ○ ⑯トウカイエントリー
  ▲ ③バイタルフォース

京都09R 御室特別(4上1000万下 芝中 ①点)
  ◎ ②エッジースタイル
  ○ ③アドマイヤローザ
  ▲ ⑤アルメリアブルーム

京都10R 鳳雛S(3歳OP D中)
  ◎ ③ハーベストムーン
  ○ ⑦グレートタイム
  ▲ ⑤コマビショウ

京都11R 下鴨S(4上1600万下 芝中 2点)
  ◎ ⑩テーオービクトリー
  ○ ①マウントゴールド
  ▲ ⑪ケンホファヴァルト

新潟10R 高田城特別(4上500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑬アウステルリッツ
  ○ ⑩リリックドラマ
  ▲ ③アルパーシャン
  △ ⑫プロキシマ

新潟11R 韋駄天S(4上OP 芝短)
  ◎ ⑨アペルトゥーラ    1つ叩いて
  ○ ⑪ダイメイプリンセス 前走評価して
  ▲ ⑦スペチアーレ    敢えて鞍上推し
  △ ③グラミスキャッスル 直線実績買って

新潟12R 湯沢特別(4上500万下 芝短 1点)
  ◎ ④アドマイヤジャズ
  ○ ⑧マイネルアムニス
  ▲ ⑮マジョラム

「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-19

出先からの投稿につき、先週の結果は明日投稿分にて発表いたします。
ココでは、5/19と5/20の買い方のみといたします。
 東京:条件戦=複勝 OP以上=ワイド(オークスに関しては保留)
 京都:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 新潟:条件戦=複勝 OP以上=馬連

東京09R カーネーションC(3歳500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑩ゴージャスランチ
  ○ ④シャドウアイランド
  ▲ ①エフティアキナ

東京10R 是政特別(4上1000万下 D中 ①点)
  ◎ ⑥サノサマー
  ○ ③サラセニア
  ▲ ⑨バレッティ

東京11R メイS(4上OP 芝中)
  ◎ ①アストラエンブレム(安定感買って)
  ○ ④ストーンウェア(前走評価して)
  ▲ ⑩ダイワキャグニー(東京相性良好)

京都09R メルボルントロフィー(3歳500万下 芝中 ①点)
  ◎ ②スマートモノリス
  ○ ⑦ゴールドフラッグ
  ▲ ③ドレーク

京都10R シドニートロフィー(4上1600万下 D短 ①点)
  ◎ ⑫ゼンノサーベイヤー
  ○ ⑪タガノヴィッター
  ▲ ⑧スズカコーズライン

京都11R 平安S(4上GⅢ D中)
  ◎ ⑥グレイトパール
  ○ ⑤テイエムジンソク
  ▲ ⑬ナムラアラシ
  △ ⑭クイーンマンボ
 本命は、去年の勝馬⑥。
 前走は、その去年の平安S以来の競馬だったが、あっさり勝利。
 京都D1900mでは4戦4勝と相性も良く、今年も勝ち負けだろう。
 対抗には、実績上位の⑤。
 その分斤量が増えているのが不安要素ではあるが、
 GⅠ制覇を目指すなら、やはり乗り越えるべき試練だろう。
 3番手以下は混戦。
 OPでは勝てるようになった⑬を3番手に推すが、
 牝馬限定戦で勝ち負けしている⑭も、鞍上が強力で侮れない。

京都12R オーストラリアトロフィー(4上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ⑫バティスティーニ
  ○ ⑨ショパン
  ▲ ①エクレアスパークル
  △ ⑥ホットファイヤー

新潟10R 早苗賞(3歳500万下 芝中 2点)
  ◎ ③ナラトゥリス
  ○ ⑦ボナヴィーゴ
  ▲ ⑤レオコックブルー

新潟11R 大日岳特別(4上1000万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑤ショウナンアエラ
  ○ ①キーナンバー
  ▲ ③エルカミーノレアル

新潟12R 荒川峡特別(4上500万下 芝長 ①点)
  ◎ ⑨フォーラウェイ
  ○ ⑥ナンヨーテンプル
  ▲ ⑬コンボルド
  △ ③ダノンスターズ

「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-13

東京09R テレ玉杯(4上1000万下 芝中 2点)
  ◎ ⑨エレクトロニカ
  ○ ②スマートルビー
  ▲ ①ルネイション

東京10R 青竜S(3歳OP D短)
  ◎ ⑥スマハマ
  ○ ⑨スウィングビート
  ▲ ②ダンケシェーン

東京11R ヴィクトリアマイル(4上GⅠ 芝短)
  ◎ ⑯リスグラシュー
  ○ ⑥レッドアヴァンセ
  ▲ ⑪アドマイヤリード
 どの馬にもわりとチャンスがありそうで、難解なレース。
 上に挙げた以外にも、②や⑩に食指が動くところではあるが、
 買い目が増え過ぎてしまうので今回は却下して3頭に絞る。
 本命と対抗、さらに3番手も、それこそ前走これらを負かした②を
 差し置いて推すわけだが、
 ②は左回り実績が無いのでどうしても強く推せないことの裏返しでもある。
 前走3着だった⑯を本命視するのは、実績を重視してのこと。
 また、重賞で牡馬相手に勝ってきているのも惜しのポイントと言える。
 対抗の⑥は、重賞未勝利なので本来ならあまり強く推せないのだが、
 去年の勝馬⑪も、それまでは重賞未勝利だったので、
 今年もその再現があるかもと見て推してみる。
 その⑪は3番手。前走、前々走と⑯の後塵を拝しているのが大きな要因だが、
 鞍上が強力なので、手の内に入れてしまえば連覇も充分と見る。

東京12R BSイレブン賞(4上1600万下 D短 2点)
  ◎ ⑫アフターバーナー
  ○ ⑥タイセイエクレール
  ▲ ⑫プリサイスエース

京都09R 白川特別(4上1000万下 芝長 1点)
  ◎ ⑩スティルウォーター
  ○ ④サトノリュウガ
  ▲ ⑦インヴィクタ

京都10R 錦S(4上1600万下 芝短 ①点)
  ◎ ④ソーグリッタリング
  ○ ⑧ワンダーブチュック
  ▲ ⑤インビジブルレイズ
  △ ⑩レオナルド

京都11R 栗東S(4上OP D短)
  ◎ ⑧ファッショニスタ(抜群の安定感)
  ○ ⑮メイショウボンロク(斤量恵まれた)
  ▲ ⑪マッチレスヒーロー(持ち時計優秀)
  △ ①ワンミリオンス(距離は向く)

新潟10R 胎内川特別(4上500万下 芝中 ①点)
  ◎ ③リリーモントルー
  ○ ⑤ジュニエーブル
  ▲ ⑩シャリオヴァルト
  △ ①ブルースカイハーツ

新潟11R 赤倉特別(4上1000万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑥シンギュラリティ
  ○ ⑦ダノンキングダム
  ▲ ④ユウチェンジ

新潟12R 飛竜特別(4上500万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑦ヤマニンベルベーヌ
  ○ ⑩ミキノドラマー
  ▲ ③パールズベスト

「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-12

5/5の結果
 2勝(パールS、京都新聞杯) 7敗
  回収率 210.5%
5/6の結果
 4勝(湘南S、橘S、上賀茂S、八海山特別) 6敗
  回収率 62.2%
  年間回収率 74.3%
  通算回収率 72.1%
決して、予想がバチッとはまってるわけではないのだが、
たまたま高配当を引き当てたおかげで、なんか数字自体は上向き。
この勢いはを大事にして行きたいものだが…。
5/12、5/13の買い方は以下の通り。
 東京:条件戦=複勝 OP以上=ワイド(ヴィクトリアマイルに関しては保留)
 京都:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 新潟:条件戦=単勝 OP以上=馬連

東京09R 夏木立賞(3歳500万下 芝中 1点)
  ◎ ②ドミナートゥス
  ○ ⑨バールドバイ
  ▲ ⑥ビービーデフィ

東京10R 緑風S(4上1600万下 芝長 1点)
  ◎ ⑦ルックトゥワイス
  ○ ⑫エスティーム
  ▲ ③グランドサッシュ

東京11R 京王杯スプリングC(4上GⅡ 芝短)
  ◎ ⑭ビップライブリー
  ○ ⑤ムーンクエイク
  ▲ ⑮ダンスディレクター
  △ ⑥グレーターロンドン
 ポイント的には⑮がトップなのだが、年齢的には難有。
 とはいえ、前走も惜しい競馬をしているので、押さえておく必要はあろう。
 代わりに本命は、東京芝1400mでは2戦2勝の⑭。
 持ち時計も優秀なので、前走は度外視しても良いのかも。
 対抗には、競走間隔こそ空いているものの鞍上に期待のかかる⑮。
 昇級初戦の前走も内容は悪くないので、いきなりでも期待できそう。
 あとは、東京コースとの相性は良い⑥も復調気配で無視できない。

京都08R 京都ハイジャンプ(4上JGⅡ 障害)
  ◎ ⑦マイネルフィエスタ
  ○ ③アスターサムソン
  ▲ ②ヨカグラ
 本命は、メンバー中唯一の重賞勝馬⑦。
 かと言って斤量を増やされているわけでもないので、
 多少競走間隔が空いていても地力で充分勝ち負けと見る。
 対抗には、前走OP初勝利を飾った③。
 障害戦で勝った2戦がともに阪神というのは気になるが、
 勢いはあるので⑦の状態次第では逆転も充分と見る。
 3番手には、京都での障害戦で2勝している②。
 前走を度外視すれば、上位2頭と遜色ないと見るが、どうか。

京都09R あやめ賞(3歳500万下 芝短 ①点)
  ◎ ①クインズチャパラ
  ○ ⑧ニシノキントウン
  ▲ ⑤ロンス

京都10R 蹴上特別(4上1000万下 D中 1点)
  ◎ ①カフジキング
  ○ ③ルドルフィーナ
  ▲ ⑨フォースライン

京都11R 都大路S(4上OP 芝中)
  ◎ ④グァンチャーレ(OPなら)
  ○ ⑦プラチナムバレット(実績上位)
  ▲ ⑭ストロングタイタン(安定感買って)

新潟10R はやぶさ賞(3歳500万下 芝短 2点)
  ◎ ⑬フェールデュビアン
  ○ ③ノボベイビー
  ▲ ①フローラルシトラス

新潟11R 火打山特別(4上1000万下 D短 1点)
  ◎ ⑭グレートブレス
  ○ ⑮シルバードリーム
  ▲ ⑪ワキノアタリ
  △ ⑨グローリアスクロワ

新潟12R 石打特別(4上500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑩チカノワール
  ○ ⑥エリティエール
  ▲ ⑧アドヴェントス

「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-06

東京09R 湘南S(4上1600万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑧チャンピオンルパン
  ○ ⑪ボールライトニング
  ▲ ⑤レッドオルガ

東京10R ブリリアントS(4上OP D中)
  ◎ ⑪サンライズソア(前走評価して)
  ○ ⑮トップディーヴォ(相手なりに走る)
  ▲ ②モズアトラクション(鞍上戻って)

東京11R NHKマイルC(3歳GⅠ 芝短)
  ◎ ⑦タワーオブロンドン
  ○ ①カツジ
  ▲ ⑩パクスアメリカーナ
  △ ⑯ミスターメロディ
 本命は、ある程度⑦で仕方ないと思う。
 東京実績もあるし、鞍上との相性もいいと、目立った穴がない。
 強いて挙げれば、GⅠという舞台でテンションが保てるかどうかかも知れない。
 対抗以下は混戦。ポイント的には⑯なのだが、
 臨戦過程があまり良くないので、今回は抑え程度で。
 ただ、人気が無さそうので一発に期待したい気持ちもある。
 代わって対抗には、トライアルを勝った①。
 ⑦とは直対も無いので、勝負付け自体は済んでないのが強みだが、
 初の左回りがどうなのかが未知数。こなせば逆転も充分。
 残った3番手には、前走⑦の2着だった⑩。
 全姉ホエールキャプチャに似て堅実だが、この馬も左回りは初めて。
 まぁ、無難に回ってくるとは思うが…。

東京12R 立川特別(4上1000万下 D短 ①点)
  ◎ ④ノーモアゲーム
  ○ ⑦キタサンガンバ
  ▲ ⑭ブロードアリュール

京都09R 橘S(3歳OP 芝短)
  ◎ ⑥アルモニカ
  ○ ②マドモアゼル
  ▲ ⑤ゴールドクイーン

京都10R 上賀茂S(4上1600万下 D中 ①点)
  ◎ ⑬ミキノトランペット
  ○ ⑤クリノリトミシュル
  ▲ ①ゼンノワスレガタミ

京都11R 鞍馬S(4上OP 芝短)
  ◎ ⑩セカンドテーブル(前走評価して)
  ○ ⑨コウエイタケル(相手なりに走る)
  ▲ ⑮ライトフェアリー(勢い感じる)

新潟10R 三条特別(4上500万下 芝短 ①点)
  ◎ ⑧クインズサン
  ○ ⑪サトノオニキス
  ▲ ③トルネードアレイ

新潟11R 新潟大賞典(4上GⅢ 芝中)
  ◎ ⑩トリオンフ
  ○ ①スズカデヴィアス
  ▲ ⑤トーセンマタコイヤ
 ポイント的には本命⑦対抗⑤なのだが、
 OP未経験の⑦はこのレースではほぼノーチャンスなのでバッサリ。
 また、⑤もハンデキャッパーにあまり評価されてないので抑え程度に。
 ただ、⑤は連対率自体は高いので、2着候補としては有力か。
 代わって本命には、3連勝で重賞制覇までして大阪杯に挑んで玉砕した⑩。
 テン乗りの松田騎手や、初の左回りなど不安要素は多いが、
 安定感はあるので、前走を度外視すれば有力候補だろう。
 対抗には、小倉大賞典で⑩の3着だった①。
 安定感に欠けるが、左回り実績はあるので、斤量差を考えれば逆転も充分。

新潟12R 八海山特別(4上1000万下 D短 1点)
  ◎ ⑧スーパーモリオン
  ○ ⑩ヴォーガ
  ▲ ⑮テキスタイルアート
  △ ⑭スズカプリズム

「新・中央競馬予想戦記」 2018-05-05

4/28の結果
 6勝(秩父特別,春光S,青葉賞,矢車賞,邁進特別,春日山特別) 3敗
  回収率 159.4%
4/29の結果
 3勝(スイートピーS,五泉特別,谷川岳S) 1分(鷹ヶ峰特別) 7敗
  回収率 73.6%
  年間回収率 70.8%
  通算回収率 72.0%
OP以上で3勝したおかげで、年間70%を見事回復。
ココは当然通過点ではあるが、いつも結局この辺りがボーダーになるので、
さらっと通過してさらに上を目指していきたい。
5/5、5/6の買い方は以下の通り。
 東京:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 京都:条件戦=複勝 OP以上=ワイド
 新潟:条件戦=単勝 OP以上=馬連

東京09R 立夏S(4上1600万下 D短 ①点)
  ◎ ④シュナウザー
  ○ ⑩エニグマ
  ▲ ⑤イーグルフェザー

東京10R メトロポリタンS(4上OP 芝長)
  ◎ ⑩ホウオウドリーム(東京相性買って)
  ○ ③アドマイヤロブソン(安定感買って)
  ▲ ②ハートレー(鞍上にも期待)

東京11R プリンシパルS(3歳OP 芝中)
  ◎ ⑥コズミックフォース
  ○ ③インスピレーション
  ▲ ④サトノシリウス

京都09R 鴨川特別(4上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ④レッドカイザー
  ○ ⑨エーティーサンダー
  ▲ ③ハギノアレス

京都10R パールS(4上1600万下 芝中 2点)
  ◎ ⑤テーオービクトリー
  ○ ③サンティール
  ▲ ⑥アンドリエッテ

京都11R 京都新聞杯(3歳GⅡ 芝中)
  ◎ ⑩レイエスプランドル
  ○ ⑧アドマイヤアルバ
  ▲ ⑫ユーキャンスマイル
  △ ⑮シャルドネゴールド

新潟10R わらび賞(3歳500万下 D中 1点)
  ◎ ⑦アポロテネシー
  ○ ⑥サンティーニ
  ▲ ⑨マイネルアンファン
  △ ②カレンガリアード

新潟11R 駿風S(4上1600万下 芝短 1点)
  ◎ ⑧スペチアーレ
  ○ ⑩ダイメイプリンセス
  ▲ ⑥ヨンカー

新潟12R 二王子特別(4上500万下 芝中 1点)
  ◎ ⑪グレンマクナス
  ○ ⑦フォンス
  ▲ ⑥ペガーズ

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ