« 「新・中央競馬予想戦記」 2018-07-07 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2018-07-14 »

「新・中央競馬予想戦記」 2018-07-08

福島09R 彦星賞(3上500万下 芝短 1点)
  ◎ ④セイウンリリシイ
  ○ ⑨タケショウベスト
  ▲ ②ナリノメジャー

福島10R 天の川賞(3上1000万下 D中 ①点)
  ◎ ①ワイルドカード
  ○ ⑫テルペリオン
  ▲ ③ゴールドブラッド

福島11R 七夕賞(3上GⅢ 芝中)
  ◎ ③マイネルフロスト
  ○ ⑥サーブルオール
  ▲ ①プラチナムバレット
 本命は、昨年の2着馬③。
 渋い馬場があまり得意ではない馬だが、馬場相性自体は悪くないし、
 昨年よりもかなりいい枠を引いたので、今年も勝ち負けと見る。
 対抗には、昇級初戦を無難にこなした⑥。
 安定感はあるし、距離相性も良さげなので、
 今回も安定した力を発揮してくれるのでは、と見る。
 ⑥と互角評価の⑩は、今回は枠順があまり良くないのと、
 ハンデキャッパーがあまり力を認めてないので、今回は次点止まり。
 代わって3番手には、ゆったりした間隔で使われている①。
 乗り替わりが気になるが、勝負強さはありそうなので、今回も一発に期待だ。

福島12R 織姫賞(3上500万下 D中 ①点)
  ◎ ①マリームーン
  ○ ③フクサンローズ
  ▲ ⑩クリノヴィクトリア

中京09R 清州特別(3上500万下 芝短 1点)
  ◎ ⑫プリュス
  ○ ⑨キャッチミーアップ
  ▲ ①トウカイオルデン

中京10R 有松特別(3上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ③キラービューティ
  ○ ①インディチャンプ
  ▲ ⑥エメラルスター

中京11R プロキオンS(3上GⅢ D短)
  ◎ ②ドリームキラリ
  ○ ⑧ドライヴナイト
  ▲ ①サクセスエナジー
 本命は、鞍上大幅強化で勝負駆け気配の②。
 前走もOPで勝ってるし、近走内容も充実。
 中京コースさえこなせば今回も当然勝負だろう。
 対抗には、休み明けを1つ叩いた⑧。
 中京実績もあるし、既にD1400mで6勝を挙げている。
 地の利が活きれば逆転も充分と見る。
 3番手には、地方重賞を連勝してきた①。
 中央での実績の乏しさと、地方で勝った分斤量を増やされているのが
 マイナスポイントだが、勝つ術を身につけてきたのは大きな財産と見る。

函館10R 立待岬特別(3上500万下 芝短 1点)
  ◎ ⑥タイキラトナンジュ
  ○ ⑮マイネルアムニス
  ▲ ⑤ポップシンガー

函館11R マリーンS(3上OP D中)
  ◎ ⑦ヒデノインペリアル スピード勝負強い
  ○ ⑥ヨシオ         前走評価して
  ▲ ⑫ハイランドピーク   函館実績評価
  △ ⑩ユラノト        鞍上相性買って

函館12R かもめ島特別(3上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ⑧アグレアーブル
  ○ ②イストワールファム
  ▲ ⑦レッドレグナント

« 「新・中央競馬予想戦記」 2018-07-07 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2018-07-14 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2018-07-08:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2018-07-07 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2018-07-14 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ