« 「新・中央競馬予想戦記」 2018-11-24 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2018年第11開催を振り返って »

「新・中央競馬予想戦記」 2018-11-25

11/17の結果
 3勝(ユートピアS、東京スポーツ杯2歳S、比叡S) 7敗
  回収率 206.7%
11/18の結果
 1勝(福島民友C) 2分(秋明菊賞、西陣S) 7敗
  回収率 111.9%
  年間回収率 89.1%
  通算回収率 73.5%
東スポ杯はねぇ…、馬連とかだったら軽く万馬券とかだったんだけど…。
そこ欲張っちゃダメ、といつも言うわけですが、
年末近いですから、年間回収率とか見据えると、ねぇ…。
ただ、2歳戦がとにかく好調なので、
まだチャンスがあると信じてやるしかないわけですが…。

東京07R ベゴニア賞(2歳500万下 芝短 1点)
  ◎ ②ココフィーユ
  ○ ⑦リバーシブルレーン
  ▲ ①ルガールカルム
  △ ③アントリューズ

東京08R オリエンタル賞(3上1000万下 芝中 ①点)
  ◎ ⑫ゴールドギア
  ○ ⑦スマートルビー
  ▲ ⑭クラークキー
  △ ⑩サトノキングダム

東京09R シャングリラ賞(3上1000万下 D短 ①点)
  ◎ ⑥アメリカンファクト
  ○ ⑯アーバンイェーガー
  ▲ ②ハルクンノテソーロ
  △ ⑫バスカヴィル

東京10R ウェルカムS(3上1600万下 芝中 1点)
  ◎ ④レッドローゼス
  ○ ③イストワールファム
  ▲ ⑩エンヴァール

東京11R ジャパンC(3上GⅠ 芝長)
  ◎ ①アーモンドアイ
  ○ ⑪スワーヴリチャード
  ▲ ⑥[外]サンダリングブルー
  △ ⑨シュヴァルグラン
 GⅠを一番勝ってるのが3歳牝馬だっていうのが、そもそも問題。
 昔は一流外国馬と戦うっていう立ち位置がしっかりしたレースだったのに、
 今やただの箔付けのレースみたいになってるのがなぁ…。
 本命は、その数だけなら一番GⅠを勝っている①.
 初の対古馬戦となるが、鞍上は優秀だし、東京コースも実績充分。
 持ち時計も優秀なので、一気に古馬一蹴もありそう。
 対抗には、前走は休み明けということもあり惨敗だった⑪.
 ひと叩きした上積みが今回は見込めそうだし、東京コースも問題なし。
 鞍上も、そろそろ一発ありそう。
 3番手には、外国馬⑥を推してみる。
 左回りは問題ないし、近走内容も良さげなので、勢いに注目してみたい。
 あとは、前年勝馬の⑨が距離相性の良さからピックアップできそうだが…。

京都09R 白菊賞(2歳500万下 芝短 1点)
  ◎ ②ランブリングアレー
  ○ ⑦ラヴズオンリーユー
  ▲ ⑤メトロポール

京都10R 渡月橋S(3上1600万下 芝短 ①点)
  ◎ ②アマルフィコースト
  ○ ③ハナズレジェンド
  ▲ ⑭ネオスターダム
  △ ⑧デスティニーソング

京都11R オータムリーフS(3上OP D短)
  ◎ ⑩コパノキッキング  安定感買って
  ○ ③ベック         相手なりに走る
  ▲ ④スマートアヴァロン 京都向く
  △ ⑮テーオーヘリオス  OPなら

京都12R 京阪杯(3上GⅢ 芝短)
  ◎ ⑬ベステンダンク
  ○ ③ダノンスマッシュ
  ▲ ④アレスバローズ
 本命候補は2頭いたのだが、明暗クッキリである。
 印も打たなかった⑩は、今回昇級戦。
 OP未経験の馬は馬券圏内に入ったことが無いので、今回は見送り。
 本命の⑬は、距離経験こそ無いが、京都相性は良さそうだし、
 前走の内容も良い。ここ2走の内容も良いので、勢いもありそう。
 対抗には、北海道シリーズで古馬と戦えることを証明してるので、
 休み明けということ以外は不安はない。リフレッシュ効果があれば逆転も。
 3番手の④は、京都相性の悪さは気になるが、
 持ち時計は優秀なので、スピード勝負では劣るまい。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2018-11-24 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2018年第11開催を振り返って »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2018-11-25:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2018-11-24 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2018年第11開催を振り返って »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ